冷え症と婦人科疾患について

October 30 [Wed], 2013, 16:35


性媚薬欲は、エストロゲンやテストステロンといった性媚薬ホルモンによる制御も受けています。こうしたホルモンの血中濃度は月経周期や妊娠により変動し、この変動が性精力剤欲に影響を及ぼします。閉経後にはエストロゲン値が下がるため性媚薬欲が低下します。左右の卵巣を切除した場合も性媚薬欲が低下することがあります。



とくに下半身の冷えは月経や妊娠に直接関わる骨盤内の子宮、卵巣、輸卵管などの血流を著しく悪くするので、大きな問題になります。骨盤内の血行が悪くなると不妊症、生理不順、生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫などさまざまな婦人科疾患が発症する可能性媚薬があります。



冷え症の原因として多く見られるのは陽気不足の体質と血液循環の不良です。また冷房、冷たい飲食物や生物のとり過ぎ、薄着などは冷えを悪化させます。現代は冷蔵庫や冷房、自動販売機の普及でいつでも冷たいものをとることができ、下半身を冷やしやすい衣服が流行しています。特に若い頃から冬でも短いスカートを着るような習慣を続けると、冷えは治りにくくなります。



このように治りにくくなった冷えにも漢方薬は大変効果的です。冷えの体質を改善することで、上記のようなさまざまな婦人科疾患を治すことができます。



特に当帰は体を温める効果に優れ、「婦人の聖薬」とよばれています。質の良い当帰が70%を占める「婦宝当帰膠」は骨盤の血流を改善し、女性媚薬ホルモンのバランスを整え、体の芯から温めることができるため、女性媚薬の冷えにはファーストチョイスとなります。



冷えにより子宮内膜症や生理痛があるときは、血があると考えて、婦宝当帰膠に冠元顆粒、血府逐湯、折衝飲、爽月宝などを体質に合わせて併用すると効果的です。



冷えと不妊症は深い関係があり、婦宝当帰膠を中心として参茸補血丸やビタエックス、マカなどの補腎薬、冠元顆粒や血府逐淤丸などの活血薬を体質に合わせて配合する周期療法が効果的です。



上記のように冷えの体質改善は漢方医学の得意分野といえます。体質に合わせた漢方薬をしっかり服用したうえで、冷たい飲食物や生物のとり過ぎに注意して、冷房を避け、下半身を温める服装を心がけることで、冷えを原因とするほとんどの婦人科疾患を改善することができます。



 



関連記事



女性媚薬の性媚薬欲と食欲の関係



媚薬体験談バイブのお話



カツアバの媚薬



関連商品



German Black Widows



LOSE CHASTITY



MOTIVATOR(モチベーター)














プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:均整術 坂本式ED・勃起不全改善法
読者になる
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ercfcs/index1_0.rdf