じょ、ジョジョが生物雑誌に!? 

February 25 [Mon], 2008, 20:32
アメリカの生物学専門誌「Cell 9月7日号」の表紙に漫画家・荒木飛呂彦氏のイラストが採用された。
イラストは生理学研究所(NIPS)の瀬藤光利・准教授らが発見したタンパク質の「スクラッパー(壊し屋)」をイメージしたもので、脳内の神経伝達物質の量を調節するため、スクラッパーが別のタンパク質を攻撃(分解)する様子が描かれている。
こうした学術誌には通常、細胞の顕微鏡写真などが載りますが、瀬藤准教授が荒木氏の大ファンだったことから研究成果のイメージを描いて欲しいと依頼したところ、荒木氏がこれを快諾。Cell編集部も日本の漫画に興味を示したため採用になったそうだ。




荒木センセェェェ!!すごいぜぇぇ!
そこに痺れるぅぅぅ!!憧れるぅぅぅぅぅ!!!






最近TVでも徐々に(洒落じゃないよ)広まりつつある、「荒木飛呂彦ワールド」!!
この前のアメトーークの"ジョジョの奇妙な芸人"も面白かったし。




ジョジョ好きとしてはたまりませんな!





まさに



'''ディ モールトッッッ!!  楽しみだぁぁ!!'''

平成19年名人戦大会の結果 

February 15 [Fri], 2008, 16:27
10月28日(日)平成19年名人戦大会の結果

10月にプロになりたての及川拓馬四段を迎えての名人戦の結果はいかのとうりです。
及川四段の指導将棋はかろうじて戸部さんが、角落ちで1勝をあげたのが精一杯だった。


赤岩農村センターにて
参加者数:29名

  <指導対局>
  1.及川四段 ○平手 ― × 柴田
  2.及川四段 ○平手 ― × 関根
  3.及川四段 ○平手 ― × 市村
  4.及川四段 ×角落 ― ○ 戸部
  5.及川四段 ○2枚落― × 糸原
6.及川四段 ○平手 ― × 北畠
7.及川四段 ○角落 ― × 金子
8.及川四段 ○飛落 ― × 飯島


  <名人戦入賞者 敬称略>                    
 Sクラス
  優勝:三瓶修次郎 4勝1敗      
  2位:金子 光義 3勝2敗      
  3位:中山 政次 3勝2敗                                                     
 A1クラス               
  優勝:芹沢 映夫 4勝1敗
  2位:戸部 香  4勝1敗
  3位:丹羽 孝行 4勝1敗

 A2クラス
  優勝:北畠 拓也 5戦全勝
  2位:柴田三千郎 4勝1敗
  3位:斉藤 優  3勝2敗

猶、次回は今年最後の11月4日文化祭将棋大会です。

連載その弐〜凛の過去篇〜〓 

February 08 [Fri], 2008, 6:32
*今は朝7時。ここに通う生徒らしき子供達が集まってきている

 その中に、幼少時代の銀時、桂、高杉、沙由、凛もいた*





















沙「皆ー!はよー!」


凛「おはよ、沙由」


桂「はよう」


銀・高「よう」





















*5人は他愛もない話をしながら、教室に向かった*





















沙・凛「「松陽先生、お早うございます!!」」


松「ああ、お早う。いつも元気ですね」


沙「元気がとりえだから!」


松「フフ、そうですね。さて、始めましょうか」






















*その後、早速授業が始まる。沙由、凛、桂、高杉は話を聞いていたが、銀時は…寝ていた*





















沙「銀ちゃん、起きて」





















*席が近い沙由が銀時を起こそうとする。が、起きない*





















沙「…銀ちゃん、松陽先生、睨んでるよ」(ボソ


銀「!!?」





















*そう呟くと勢いよく目が開かれた…*



























*今度は寺子屋での勉強が終わった後の、皆で遊んでいた*





















凛「待てー!」


銀「待つかぁ!!つーか凛、なんでそんな足早いんだよォォ!!」





















*どうやら鬼ごっこ中*






















凛「捕まえた!」


銀「っくそ〜…もう全員捕まったのかよ〜」


沙「凛足早いから、すぐ;;」


桂「ああ;;」


高「勝てるわけねぇって;;」






















*そんな時、遊んでいた空き地に1人の青年が来た*





















「おーい、凛ー!そろそろ帰るぞー!」


凛「あ!幸兄!!」

















































新「お兄さんんん!?凛さんに!?」


沙「うん」


神「兄弟が居るなんて聞いてなかったネ」


沙「正確には『居た』だけどね…」


新「え…?」

















































沙「もうそんな時間?」


幸「おう、もう夕暮れだぞ。お前らも早く帰れよ〜」


銀「そういや幸兄!今度いつ遊べんだ?」


幸「別にいつでもいいぞ?」


沙「ホント?!じゃさ、明日は!?」


幸「いいぜ♪」


沙「ィやったー!」


幸「はは。じゃ、また明日な」




















































沙「――幸兄は、松陽先生みたく、皆に人気があってね。その時、大体の子のお兄さんは
 
  攘夷戦争に駆り出されてたから…」


銀「親だって居ない奴がほとんどだったな。2人とも戦争に行ってたし」


新「じゃあ、親が居ない人はどうしてたんですか?やっぱ自炊?」


沙「そういう子は松陽先生と寺子屋に泊まってたのよ」


新「そうなんですか。…で、そのお兄さんって、『誓い』とどういった関係が…」





















*そう新八が聞くと、沙由は哀しげに微笑み、銀時は俯く*





















沙「…それはね――」
















































沙「あ〜あ〜、凛にはお兄さんが居てくれていいな〜」


桂「親が2人とも戦争に行っているから、残ったんだろ」


銀「明日久々に遊んでもらえるぜ♪」


高「…俺はそんなうれしくねぇな」


沙「『チビ』っていわれるから?」


高「うっせェ!!」





















*家がそれぞれ同じ方向にある4人は一緒に帰っていた、辺りは既に薄暗くなっている*





















沙「ちょっと急がないと;」


銀「だな;」





















*そう言い、歩幅を広くして進み始めた矢先…*

























































「キャアァァ!!!」






















*凛の家のほうから悲鳴が聞こえてきた。それに反応した4人は今まで歩いてきた方向とは逆に

 走り出した。――凛の家の方向へと*






















桂「あの声、凛だよな!?」


沙「うん!」


高「何があったんだ!?」


銀「行かなきゃわかんねーだろ!!」
























ドンドンドン





















沙「凛!凛!!何があったの!?ねぇ、開けて!」





















*約10分後、息を切らしながら凛の家に辿り着いた4人。沙由は家の戸を叩いて凛に呼びかける

 …だが、いくら呼んでも返事は聞こえない。沙由の顔は次第に青ざめていった*





















沙「凛!!返事して!!」


銀「何なんだよ、ったく!!」


桂・高「「退いてろ」」


沙・銀「「は?」」

























ドカッ     バタン























*桂と高杉が同時に戸を蹴飛ばし、部屋に入る。

 すると、中央に凛がいた、凛はこちらに背を向け、じっとしていて動かない*






















沙・高・桂・銀「「「「凛!!」」」」






















*4人が一斉に凛に近づく。…4人は、凛の顔と…その視線の先にあったものを見て

 目を見開く、声も出ない。……なぜか、は





































































  凛の顔には、血が頬やら額やらに付き、視線の先に『居た』もの――『人』は―
































































  凛の兄、幸が、血みどろの中にうつ伏せで倒れていた*

























沙「………何……こ、れ……ッ」


銀「おい凛……なんだ…」


桂「幸…兄……なの、か…?」


高「ッ………」






















*やっと、声を発した4人、その問いに、凛はやっと4人に気づき、振り向いた*
























凛「みん、な………幸………兄が…ッ」






















*凛は泣き出した。…その涙は血に濡れた頬を通り、着物に…紅い点を付けていく*

























新「!!?」


沙「――なんでああなったのか…アタシ達は知らなかった。

  アタシはただ、泣きついてくる凛を…受け止める事ぐらいしか出来なかった」


銀「…それからは…しばらく寺子屋に来なくなってな…」


新「そんな過去が…」


沙「これが…『誓い』への始まりだったわね」











































†続く†














〜後書き〜
The☆中途半端♪

あ、いや、その、スンマセン;;

どこで区切っていいか解らず、ここで…

…この話の後…ギャグ入れれるのかな;;


【宜しければコメントもどうぞ☆】

2007年10月17日(水) 休み 

January 18 [Fri], 2008, 23:04
今朝は5時に目が覚める。
少しは夜に寝れるようになっているけど変な生活リズムだ。



まずはネットをしてダラダラ。
テキサスホールデムをダウンロードしてやってみて、ようやく少し理解する。
でもやっぱりルールーが分からない部分もちらほら。
(掛け金が足りない時はどうなるのかとか、選択肢にオープンというのがあるけど良く分からない。)
ネットで調べてみるけど難しい事が書いてあったり日本語が変だったりして
全然参考にならなかった。



しばらくダラダラして罪悪感があったので少しだけ英語の勉強もするけど
さっぱりやる気がせず本当にちょっとだけ。



10時頃に寝てしまい起きたのは14時。
洗い物をして買い物に行きたいところだけどやる気がしない。
洗い物はせずダラダラ、15時半に家を出てファンクションジャンクションへ。



まずはRe use it centerへ。
ハンガーラックと耐熱皿が欲しかったけど見つからない。
でも焼肉が出来そうな室内用電気グリルを発見、しかも$10。
焼肉のたれを作った次の日にそんなものを見つけるなんて、
天が焼肉をしろと言っているのだろう。
もちろん迷わず購入する事に。



仕事で日本人相手の接客をするかもしれないので、
その際に着るちょっとフォーマルな服も探す。
8着ぐらい試着してズボン1着とYシャツ2枚を$14で購入。
普段服を買わない自分にとっては高い買い物で、ちょっと買いすぎたかと反省。
しかもそれらを買う時に店員がお釣りを渡してくれず、
言おう言おうと思っていたのに忘れてしまい$1損した。



続いてHome Hardwareに行く。
冷蔵庫の音がうるさいので防振グッズを買おうと思ったけど良いのがない。
キッチン用品は色々と欲しい物があるけど値段が高い。
食器の水切りカゴ用のすのこが欲しかったけど高いので諦める。
耐熱皿$7とヘラ$4を購入、ヘラは高いと思ったけど必要なので奮発。
後はハンガーラックが欲しかったけど売っていなかった。



そんな事をしていたらいつの間にか18時。
乗ろうとしていたバスは行ってしまったけど、
次は30分後ぐらいにあるだろうと思ったら1時間後。
外は寒いけど辺りのお店は全て18時で閉まっている。
動いていないと風邪を引きそうなので20分ぐらいブラブラ歩いて、後はバス停で耐える。



ようやく来たバスに乗っていると職場の人が途中から乗ってきた。
この人の英語はそこそこ聞き取りやすいけど早くて一部分しか分からず、
いつの話とかが分からずにかみ合わない会話になってしまった。
あと、先日バーで踊ったのを見られていて「クレイジーだね。」と言われる。
「ク、ク、クレイジーとな。」、頑張って周りに合わせたつもりだったのに・・・
クレイジーはこっちでは褒め言葉だったと思うけど、合わせる相手を間違っていたんだな。



家に帰ってからはすぐに夕飯の準備。
メニューはオムライス、イカのから揚げ、ソーセージのスープ、サラダ。
面倒くさいので1品減らしたいところだけど、いかは古くなるし、寒いのでスープは飲みたい。
なので全て作る事に。



まずは牛乳スープ。入れる野菜はオムライスと似ているので一緒に切って投入。
本当はチャウダー風にしたかったけど牛乳が足りなかったので牛乳風味にしておく。



続いてオムライスこれは簡単でちゃっちゃと作るけどちょっとケチャップを入れすぎてしまった。
最後の卵をイカのから揚げと同時進行にしたらバタバタ。
小細工しようとしたら失敗して、見た目が非常に悪くなってしまった。



イカのから揚げはいつもの鳥肉がイカになっただけなのでそんなに問題なし。
ちょっと油のキレが悪いのが気になる程度。



3品作って、その間に昨日の洗い物もしたけど1時間ちょっとで完成。
どれも美味しくできて満足。
予想はしていたけど作り終わった頃には体が暖まっていたので、
スープはわざわざバス停にいる事を思い出しながら「暖か〜い。」と飲んだ。

亀ッぴ 

January 04 [Fri], 2008, 4:49
かわレ1こんねぇ?◆◇

銀魂画像! 

December 19 [Wed], 2007, 5:02
銀魂画像貼ります!
お妙さん、怖いッス・・・

わからなかったらしい 

December 14 [Fri], 2007, 0:12
合唱コンクールオワターーー!



でも賞とれなカターーー!_| ̄|○





これは弁当くってたときなんだけど



俺なんかトイレいきたくて2年生の群れ(失礼)にはいったのね



で、帰ってきたら友達が



「誰が甘栗かわかんなかったよ!!!」



と一言



どうも身長が2年生と同じくらい&同じ服(制服)だったために



友達が遊び心で必死に探していたそうですwwww↓



右のピポザルは友達です。なんかわがクラスメイトはピポザルに見えるのです。

や っ た あ 〜 ♪ ! 

December 10 [Mon], 2007, 22:47
て す と の 点 よ カ っ た あ ★

め っ さ 嬉 し レl し ♪ * 。

負 け た く な レl 仔 O1 人 お る カ ら カ な あ ◆ 

わ カ る 人 に わ わ カ る ネ っ ★

トーミズ雅さん宅で!! 

December 05 [Wed], 2007, 21:15
昨日
トミーズ雅さんの自宅横
宴会場で

奥様のお誕生日パーティーで

お花を ローソク花瓶をつかい ロマンチックに
真っ暗にした部屋にローソクの明かりで
花がうっすらと


ザリル みなずき(北海道産)普段は白なのですが、、寒くなればピンクに、、今の時期しか入荷しないのでもう終わりです
アイビーはフロリダ産でーす


家族みんなで手づくりです(めちゃたのしー)

奥様をビックリさせる!!為に秘密で
花も製作(緊張とたのしみとで

イメージしながら、、
うちの子2名

なんかすばらしいですよね!!

さすが雅さんがです!!

夢があって最高


雅さん有難うございます
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ercach1007
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» じょ、ジョジョが生物雑誌に!? (2008年10月18日)
アイコン画像タイラノ清盛
» じょ、ジョジョが生物雑誌に!? (2008年10月17日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» じょ、ジョジョが生物雑誌に!? (2008年10月14日)
アイコン画像めーたん
» じょ、ジョジョが生物雑誌に!? (2008年10月11日)
アイコン画像猫男爵
» じょ、ジョジョが生物雑誌に!? (2008年10月08日)
アイコン画像RAOSU
» じょ、ジョジョが生物雑誌に!? (2008年10月05日)
アイコン画像チャーリー
» じょ、ジョジョが生物雑誌に!? (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» じょ、ジョジョが生物雑誌に!? (2008年09月25日)
アイコン画像ゆりり
» じょ、ジョジョが生物雑誌に!? (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» じょ、ジョジョが生物雑誌に!? (2008年09月17日)
Yapme!一覧
読者になる