母の愛人もあり、闘う井戸端会議

January 23 [Wed], 2013, 18:15
赤く色づいて艶艶に光っているその実につい手をのばし口にした人が「酢っぱっ!」かじった人が「渋っ。。」と思わず顔をしかめてしまうような、そんな実になりたい。
もし母にお嫁さんという立場の人がいたらきっとうまくいってなかったと思うのです。期限切れのうどんを贈られて殺気を感じるお嫁さんは少なくないと思うのです。
今度来るときは冬か、春か、それはまだわかりませんが、また必ず行きたいと思っています。唇を通して私の中へ流れ入った甘い記憶を下に。
私が選んだのか、先生が選ばれたのかもしれません。出ると決まってからうちでは特訓でした。読み方の。当時父の兄が持っていたテープレコーダーを借りてきて練習しました。
子供の私は信じていました。鎖の強固さを。安心しきってこいでいました。こぎながら、ただ遠くへ飛んでみせることだけに夢中になっていました。
きょうは出かける予定はありませんでした。予定もなく。 今ほぼ沈みました。また焦げたー。せっかく厚切りのおいしいパンを買ったのにぃ!
そして、下着をつけない理由とというのが理由というのが、「一度つけたら情熱がなくなる気がするから」お姉さま さすがです。
在宅副業
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:erapun5s
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/erapun5s/index1_0.rdf