カージナルテトラがジキン

February 24 [Wed], 2016, 9:36
最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、異業種に比べると高給です。だから、というわけではないかもしれませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけというようなことがあるようです。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最も理想的であろうと感じます。昔から、看護師は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な仕事ですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると安定して高給だということが目立ちます。また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。高給が約束された安定した業種としては看護師はメリットの多い職業だと言えます。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。それに、やはり患者さんの家族の方から感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、大変に感動したりします。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、やりがいを覚えなくなったら、多分看護師はもう辞めたい、などと考えるだろうと思います。夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、体調を崩してしまうならば、日勤のみが可能な職場もあります。ここで気を付けたいことは、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く看護師よりも給料が少なくなってしまう事が少なくありません。今の収入を減らしてでも、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。一口に看護師と言っても、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置もまた違います。ローテーション研修は、看護師にとって自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、視野を広げて、多くの知識を身に付けることが出来ます。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、看護師としてのやる気も湧いてきます。総じて大変だと思われる看護師ですが、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。例えば二交代制の病院勤務だと、途中で休憩を挟みはしますが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。こういった長時間労働の現実も看護師がキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を探してみても見つからず、上手くいかない場合は、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。求人広告や求人サイトには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、実際には病院側が何歳以下だけを採用すると設定しているケースがあるのです。例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では難しくなります。国家資格を有した正看になるためには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが条件です。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、専門学校に入学するための予備校に通う人も増えています。正看護師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信で学べる学校も幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。看護師としての働き方はいろいろあります。正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。その時給ですが昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。単にパートの時給としてみるとなかなかの数字なのでしょうが、医療機関で働く専門職ですし、かなりの激務をこなしていることを思うと、どうしても安く感じてしまいます。一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と関わることが多いので、印象の良いヘアスタイルにも注意しておきましょう。看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大切です。また、病院によっては、看護師の髪形に対するルールが違うことを理解しておきましょう。看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。引っ越し、結婚、出産という類の一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある病院に勤務したい、大病院で最先端の治療に接したい、というように向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、働く看護師は外見に気を付けておく事を忘れてはいけません。女性のケースでは、派手な化粧はなるだけ控えておいて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのがおススメです。スッピンとはまた違って、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が変わることは間違いないでしょう。病院で病棟勤務に就いている看護師なら文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりみんなが夜勤を務めます。なくてはならない夜勤業務ですが、職員が大きく減ってしまい、そうやって人がいなくなった夜中に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、日勤のそれを上回ることになります。看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、注意するに越したことはありません。同様に、薬にも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、注意するべきでしょう。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、その一方で困難もまた様々なのです。なかなかきつい仕事であることは確かですし、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、その上に、医療現場という緊張感もまた並大抵ではなく、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、難点を補って余りある意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。患者という立場から見ると頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。多くの覚える事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、実は常に緊張状態という事もあるのです。そのため、うつ病を患う看護師も今では珍しくありません。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。看護師になるための手段として、広く知られているとは思いますが、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。学習内容にそう変わりはありませんが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、給料の面で専門卒より優遇されるということです。その一方で、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、カリキュラムとして実習がメインであるので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。転職の際には、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、気を付けるべきことが存在します。何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をいかに書くかです。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、技術や知識を学べるといった理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、時間通りに帰れないということはよくあるのです。それでも、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。さっきまで愚痴っていた人がぱっと笑顔を作れるのですから時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。病院で看護師として働く場合、毎日の勤務時間がばらばらであり、キツい仕事だということも原因となり、まったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、案外、看護師資格はそれ以外の職場にとっても有利な方向に働くことが多いでしょう。具体例として、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。会社によって給料が変わるもので、その点は看護師にも同じことが言えます。大きな総合病院と町医者を比較すれば、収入に差が出てしまいます。ですので、一般的な看護師の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどれ程のものなのでしょう。調べてみると、看護師国家試験の合格率は90%前後となっています。実際の試験の内容も、学校でちゃんと学習していた人であればそんなに難しい試験ではありませんので、そこまで看護師の資格取得は難しいものでもないようです。看護師の不足は十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。その原因として代表的なものは、仕事に追われる看護師の厳しい労働環境があります。看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため看護師にかかる負担が増え、勤務時間も長時間になって、休みも簡単には取れません。また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に看護師を退職する人も珍しくありません。色々な働き方ができる看護師なのですが、大半の看護師は病院で働いています。ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。こうして、病院に限らず看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングにその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。今日のところ、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。とは言っても、日本語で出題される看護師の国家試験にもしも、3年以内に看護師になれなければ帰国しなければならないと決まっています。就労中に日本語を学び、また、あわせて、国家試験対策をしなければならず、とても大変だというのが現状です。ここのところ、ますます看護師は不足気味です。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、看護師の職を選択していない人も多いのです。看護師不足が起こる原因は結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。女性の割合が多い仕事なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。あまり一般的ではないかもしれませんが、看護師が働く現場として保育園がある事をご存知ですか?実際に保育園で働くとなると、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、適任の職場だと言えます。病院とは違って、保育園での看護師の仕事は看護師として子どもたちの健康をケアしながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする働きがいのある仕事です。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、近年においては一段と医療的な処置を必要とする人々が増えてます。ですから当然、医療機関で働く看護師も現場では切実に求められているのに、今のところ、どこでも人手は足りていません。ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、それによって求人も多くなりますから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の良い面もあるのです。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。また、病棟勤務と違い、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、特に大病院や、人気の診療科などがあると多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。どんなスキルが必要になるか、ということもどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は大多数が女性でした。ですが、ここ最近の傾向としてどこでも看護師の名称が使われ、男性が働くことも多くなってきました。現場で求められる看護師の能力を考えた場合、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/erap7a1om2mt5e/index1_0.rdf