ハシケンが磯谷

February 15 [Mon], 2016, 14:25
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。これはなぜでしょうか。一つには、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。
気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。
近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。注意してください。
年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤネ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/erab5djothotbi/index1_0.rdf