間島和伸が芦田

March 04 [Fri], 2016, 2:42
浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、2人で調査することが多いようです。ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、浮気が確実かどうか、調査員が1人で調査をすることがよくあります。浮気が現実であると判明したら、再度相談をして浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。
日頃、相手の生活している様子を気をつけてみておくことは他人に頼まなくてもできますが、言い逃れのできないような浮気の証拠を入手するためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。
実際に探偵に頼むことでなにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。けれども、浮気の証拠を自分だけで収集しようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう事もなきにしもあらずです。なぜでしょう。答えは簡単で、あなたの顔を覚えているからです。
不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談することをオススメします。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかまず考えてから相談するといいでしょう。また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵事務所とか、興信所に行って相談するのがいいです。女性の場合、近所に住む奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、近所の噂のタネになりたくない時は、どんなことがあっても止めましょう。
法律の中では、婚姻関係にある人が自分から夫婦ではない異性と性的に親密になることを不倫といいます。つまり、法律的にいうと、性関係になければ、食事や遊びに行ったとしても、不倫じゃないということです。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。
不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は少なくなります。また、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠が必要です。
配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど色々な事を考えて裁判所が慰謝料を決めます。
浮気調査でなにより大事なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。不倫行為が確実ではない場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、次は不倫相手を調査となります。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、あるいは張り込んだり等、不倫相手の正体を確認するのです。
ご自身での浮気調査がオススメできない理由は冷静でいることが難しくなってしまうおそれがあります。強い心を持っている人でも、裏切られたことをいざ実感してしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が発生することも多いのです。無事に解決するためにも、何よりも、証拠を入手するために、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。
実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、多くの場合は3〜4日間です。しかしこれはあくまでも平均の期間です。普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあるのです。一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日がもう分かっているなら、調査期間は1日で済むこともあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エイタ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる