心筋梗塞の胸痛

September 27 [Fri], 2013, 1:14
心臓を動かす筋肉である心筋に酸素を運ぶ血管がつまり、心筋が回復不可能なまでに破壊されてしまったのが、心筋梗塞です。急性心筋梗塞の発症は、男性では50代後半がピークで、女性では60代前半がピークとなります。男女比は、約3.5:1と、男性のほうが圧倒的に多数です。

心筋梗塞の症状でもっとも特徴的なのは、胸の痛み(胸痛)です。
*ただし、一部に胸痛がまったくみられない心筋梗塞もあります。これは特に70歳以上の高齢者にその傾向があり、「無症候性心筋梗塞」、あるいは「無痛性心筋梗塞」と呼ばれます。

心筋梗塞の胸痛の特徴
胸を締め付けられるような痛み、あるいは胸に火ばしや焼きごてを当てられたような激しい痛み、と表現されることがあります。狭心症と比べて激しく、長く、耐え難い痛みであることが多いようです。痛みというよりも、背中から前胸部に向かって何かが走ったような・・・押しつぶされるような苦しみ、と訴える方もいらっしゃいます。
狭心症と大きく異なることは、ワキガ 臭いを消す方法狭心症の場合は、ニトログリセリンで痛みがおさまるのに対して、心筋梗塞の場合は、ニトログリセリンの効果がないということです。また、労作狭心症との違いとしては、心筋梗塞の場合は、何か運動がきっかけで発作が起こるということではなく、また安静にしていても胸痛がおさまらないということです。
そのほか、持続時間が、狭心症の場合は数分〜長くても15分程度であるのに対し、心筋梗塞は短くて10分以上、たいていの場合、1〜2時間、さらには翌日まで持ち越されることさえあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ようた6fik
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eqlid01m/index1_0.rdf