クイント・ベース1st-08

September 18 [Tue], 2012, 18:27
クイントベース開発記。
前回は指板の接着作業でした。
今回はネックのグリップ握り部分の加工などです。
まず、ヘッドの表面と指板との段差を曲面にします。
加工前はこんな感じで、加工後はこうなりました。
曲面のなだらかさRの大きさはクイントギターよりも大きくしてあります。
次に、ボディと接合する部分をキッカリ仕上げて、グリップ部分の成形に進みます。
四角断面だった部分をカンナで削って、半丸断面にするのです。
使うカンナは南京カンナというワリと特殊なモ。
木クズがチュルチュルチュルチュルチュルチュルチュルチュルと出てきます。
しかし、このタイミングでは完全に仕上げず、目指す寸法の152ミリ手前くらいで止めておきます。
ネックはココまで加工したら一旦止めてボディの加工に進み、その間ネックは放置して、木材の狂い反りネジレの様子を見たいのでした。
木材は、大きく加工接着するサイドビジネスと狂いが出ることがあるので理想的には、時間を掛けて加工する方がイイのです。
先ほど接合する部分は仕上げてと書きましたが、その部分の寸法が決まれば、ボディのネックを差し込む穴の加工に安心して進めます。
ということで、ネック編は一区切りして、次回からボディ加工です。
この連載の過去記事の目次は、ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eq295e80cq
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eq295e80cq/index1_0.rdf