えりにゃんと中岡

May 07 [Sat], 2016, 2:34
不妊の根本的な原因は、排卵障害や着床障害といった女性側要因と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性由来のものとが考えられるでしょう。



更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、両親共に受診して検査をうけることが必要です。

冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。



冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、摂取した栄養が上手く活用できなくなって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ちるといった報告があります。
こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
血行不順を緩和して代謝機能を底上げするだけでなく、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。


不妊がつづく状態を打破するために、ご飯を見直すことも有効だと考えられます。精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、乱れた食習慣を続けていては受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、期待できませんよね。妊娠しやすさのためには夫妻そろって規則的で栄養バランスに配慮したご飯を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。


上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行きはじめました。
できれば夫婦そろって病院で診て貰いたかったものの、言えば不機嫌になり沿うだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、それでも妊娠に至らず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私の場合はそれが良かったのでしょう。全部飲み切らないうちに、下の子ができました。


費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。


妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸になります。葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、適切な摂取が必要です。なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしてる方は特に注意が必要です。
なぜならサプリは普段のご飯から得られる葉酸よりも、はるかに高く配合されています。



ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。
葉酸の過剰摂取によって、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがある沿うです。他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。細胞分裂がおこなわれる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普段のご飯にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお薦めです。

妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはりご飯の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。



葉酸はイロイロな食材にふくまれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多くふくまれています。

あるいは納豆や枝豆、ホタテも沿うです。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが大変だという方は、無理をせず是非、サプリメントを利用してみて下さい。サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。
サプリを活用すれば、毎日のご飯での摂取の負担なく、葉酸を済ませられますね。皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温やご飯の管理など、ほとんどの活動は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。

でも男性側が実践できる妊活もあるのです。

それは、普段のご飯の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。流産や不妊におけるリスク要因は女性にあるとは限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。


原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。


葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を作るというはたらきがあります。

そのため、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。たとえば、葉酸です。妊活中の時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に載ってい立と、友達が教えてくれました。葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から重要なはたらきをする栄養素だという事が分かりました。

ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時は葉酸サプリにサポートしてもらうのも良い、とも書いてありました。安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、ゲンキな赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。葉酸の摂取によって胎児の先天的な神経管障害が発症しにくくなることが判明しました。このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が勧告しているのです。
たとえば補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。
また種類によってはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。葉酸がもつはたらきは、妊娠の母体と胎児の健やか成長にはたらきかけるため、厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。



それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、体内に蓄積するということはありません。

しかし、葉酸の過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性がある沿うです。
サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示された規定量を必ず守るようにして下さい。
葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。


葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が良いとされています。

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後30分以内の摂取が理想的です。



なぜなら普段のご飯から摂れる栄養素のはたらきによって、葉酸が最も効率的にはたらきますから、十分な効果が期待できます。それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるためしょうか?空腹時の摂取は葉酸のはたらきが鈍くなるばかりか、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、空腹時での摂取はおススメしません。


妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、日々の生活に追われていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが良くあると思います。

そんな不安を解消してくれるのがサプリによる葉酸の補給です。

容易な摂取が可能ですから、仮にご飯での摂取が不十分だとしても大丈夫なんになります。



不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。また、周囲の期待感や気遣い、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療(排卵誘発剤を使用することもあります)に通ううちに重積してくることも少なくなく、相当悩んでいる人もいるのです。


周囲も本人もおおらかな気もちをもつことが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。
妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛の摂取を心がけて下さい。
なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性側も、亜鉛を摂取する事で、妊娠に高い効果があることが分かっています。

精子の量を増やし、質の高い精子の生成を助けてくれるのです。


亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。



ぜひご夫婦で亜鉛摂取を実践してみましょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/epy3usl3enkogs/index1_0.rdf