水田がコカマキリ

August 15 [Mon], 2016, 12:39
自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ちょっと前に妻の浮気が判明したので、男の方を相手どって裁判を起こしたいと言っているのです。気持ちは分かりますが裁判となると裁判費用などがかかるのではないでしょうか。不倫の動かぬ証拠をおさえて浮気の慰謝料を要求した上、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと提案してみました。夫の浮気が心配で探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、しばしば見かけたりします。ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、真似くらいはできそうな気がしますが、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、初心者には到底無理です。相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、調査は専門家に依頼するべきだと思います。興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜかもう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。そもそも前の浮気時の対応が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、次はないということを実感させるような厳しい措置が必要なのではないでしょうか。探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。こう考えたあなた、双方には明らかな相違点があることにお気づきでしょうか。便利屋でしたら無届けでも開業できますが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って開業届や誓約書等を出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。こうした手続きを踏んで、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。肝心の決済(支払い)方法は、古手の中堅以上のところでしたらローンを利用した分割払いやクレジットカードが可能という会社もあるようです。すぐにでも浮気調査をしてほしいのに一括で払うのは難しいというときは、このような精算方法に対応している業者を探して依頼するのも良いかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ニシナ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eptr5cetnihmrc/index1_0.rdf