EPSONカラリオいんく。激安、楽天、口コミ、評判、互換、詰め替え、純正、顔料、50、方法、廃、格安、70

IC6CL80@詰め替えインク / 2016年02月21日(日)
IC6CL80詰め替えインクとは

エプソンインクジェットプリンターの消耗品には
IC6CL80という6色パックインクがあります

単品で買うより
お得ですが

更に大容量の6色パックの
IC6CL80Lというものもあります

この純正トナーは
当然メーカーが推進しているのですが

メーカーの利益の源泉といえるのですが
本体よりも大きな収入源でしょう

もちろん本体が売れなければ
この安定したインクという源泉にはたどり着かないのですが

メーカーの子会社


卸店、販売店や量販店にも
この源泉は繋がっています

結果
ユーザーとしては

こんな少量のインクで
数千円するのだ

とか
不満もあるわけで

そこに
詰め替えインクや
互換インクの

メーカーとは関係のない業者が
入り込もうと狙っています

結果
両社の裁判なんかが起こります

IC6CL80詰め替えインク





IC6CL80L詰め替えインクのいいところは
好きな量をいつでも自分本位で使えるところです

逆にインクタンクに液を詰替えるので
多少面倒です

価格は安いです
量販店なんかでよく見かけるのが
純正・リサイクル・詰め替え・互換汎用 プリンタインクならサンワダイレクトにおまかせ!
知名度で言えばこちらの方が安心です


IC6CL80には詰め替えインクのほかに純正や互換もあり



純正インクは
 
やはり価格だけでいえば
詰め替えインクや互換に比べれば割高です

次に
互換インクですが

詰め替えインクと1,2を争うほど価格が安いです


価格だけでいえば
1/5ほどになります

ただ互換インクも
メーカーとは関係のない業者です

不良品の対応や
修理でメーカーが互換インクのことで

問題になることも
リスクとして考慮しておきましょう


リサイクルインクというものあります
こちらは価格はあまりよろしくありません

使用済みのカートリッジインクに
洗浄や破損部品を交換したりして

液を注入して
再生品と販売します

ここから
人件費がかかりそうなので

インクに転嫁されているように思います


関連

インクジェットプリンターとインクの正しい選び方


IC6CL80のインクは純正以外に
選べるインクがあります

しかしメーカーとは関係ない業者なので
最終的には自己責任といえます

このあたりのリスク管理はしておきましょう
メーカーはインクの販売価格は下げるべきでしょうね









 
   
Posted at 19:07 / EPSON|カラリオ|Colorioインクとは / この記事のURL
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!