【DEEP KICK】関西最強を決めるトーナメント開幕!メインの皇兵は一回戦を突破 / 2010年04月06日(火)
 昨年旗揚げしたDEEP☆KICKが、2010年は4月4日(日)から始動。3回目の開催となる今大会の目玉は、「60kg級関西最強決定トーナメント」。1回戦として6試合が行われた。

 まず第9試合で判定続きだった大会の流れを変えたのが、竜宣(NJKF・誠至会)。唯一、総合から参戦した中村優作(総合格闘技スタジオSTYLE)がガードを下げてパンチを放ってくるのに合わせて、2Rにバックブローで2度のダウンを奪った。

 2度目のダウンで、カウント9までにファイティングポーズを取れなかった中村はKO負け。

 続く第10試合は1Rに林恭平(ATUKIMUAYTHAIGYM)がダウンを奪ったものの足立慶輔(頂上会テアゲネス)が盛り返して一進一退となり、本戦はドローに。

 延長Rも互角の勝負で判定は分かれたが、左ミドル、左ストレート、ボディなどをヒットさせた林が辛勝した。

 第11試合では階勇弥(NJKF・健心塾)が序盤こそ中村匡孝(TeamFreeStyle)のパンチにペースを掴めずにいたものの、尻上がりにヒットを増やした右ローで3Rに3つのダウンを奪い、KO勝利を収めた。

 第12試合には名古屋から参戦の石橋真幸(名古屋JKF)が奥足へのローを集中させて主導権を握り、石井宏和(京賀塾)から3Rにヒザ蹴りと右フックでダウンも奪取。関西勢の中で一人、気を吐いた。

 セミは上中下、前蹴りと蹴りを打ち分ける楠本紘平(M-FACTORY)に対し、MO刃KI(=もとき/NJKF・二刃会)がパンチを返していく。接戦となったものの、最後まで圧力をかけ続けた楠本が判定勝利。

 メイン、KING皇兵(SFK)は力強い左右フックにバックキックやバックブローなどの変則的な動きを織り交ぜていく。

 中務幸信(=なかつか・ゆきのぶ/MA多田ジム山口道場))はジャブロー、前蹴りで突破口を探るが、皇兵は蹴りを掴んでパンチ。2Rには右ミドルもクリーンヒットし、勝利をものにした。

「関西からK-1に送り出せる選手を」という大目標のもとで活動を続けるDEEP KICK。出場選手のほとんどは普段、ヒジ・ヒザありのキックボクシング、ムエタイルールに慣れ親しんでいるため掴みの場面が多く見られ、今後に課題を残したものの、佐伯繁・DEEP代表は「選手たちだけのせいじゃない。ルール面も含めて改善を考えなくては」とコメント。

 今大会で勝った6選手にシードの2選手を加えた8選手によって、8月8日の次回大会で準々決勝が争われる。トーナメントの行方は、K-1ルールへの順応がカギを握ってくるかもしれない。


DEEP事務局
「DEEP☆KICK」
2010年4月4日(日)テクスピア大阪
開場13:30 開始15:00
※オープニングファイト開始14:00

<全試合結果>

▼メインイベント(第14試合) 60kg級関西最強決定トーナメント1回戦 3分3R
○KING皇兵(SFK)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-28
●中務幸信(MA多田ジム山口道場)
※皇兵がトーナメント2回戦に進出

▼セミファイナル(第13試合) 60kg級関西最強決定トーナメント1回戦 3分3R
○楠本紘平(M-FACTORY)
判定2-0 ※30-30、30-29、30-29
●MO刃KI(NJKF・二刃会)
※楠本がトーナメント2回戦に進出

▼第12試合 60kg級関西最強決定トーナメント1回戦 3分3R
○石橋真幸(名古屋JKF)
判定3-0 ※三者とも30-25
●石井宏和(京賀塾)
※石橋がトーナメント2回戦に進出

▼第11試合 60kg級関西最強決定トーナメント1回戦 3分3R
○階 勇弥(NJKF・健心塾)
KO 3R1分35秒 ※いずれも右ローによる3ダウン
●中村匡孝(TeamFreeStyle)
※階がトーナメント2回戦に進出

▼第10試合 60kg級関西最強決定トーナメント1回戦 3分3R
○林 恭平(ATUKIMUAYTHAIGYM)
延長判定2-1 ※10-9、9-10、10-9
●足立慶輔(頂上会テアゲネス)
※本戦は29(林)-28、28-28、28-28の1-0
※林がトーナメント2回戦に進出

▼第9試合 60kg級関西最強決定トーナメント1回戦 3分3R
○竜宣(NJKF・誠至会)
KO 2R1分16秒 ※バックブロー
●中村優作(総合格闘技スタジオSTYLE)
※竜宣がトーナメント2回戦に進出

▼第8試合 55kg契約 3分3R
○京谷祐希(TeamFreeStyle)
判定3-0 ※29-27、30-26、30-25
●皇治(NJKF二刃会)

▼第7試合 55kg契約 3分3R
○翔之(M-BLOW)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
●高橋拓也(NJKF拳之会)

▼第6試合 55kg契約 3分3R
○田中一輝(月心会)
判定3-0 ※30-27、30-26、30-27
●中川幸樹(魁塾)

▼第5試合 58kg契約 3分3R
○山口裕人(MA多田ジム山口道場)
判定3-0 ※三者とも30-25
●松浦廣平(理心塾)

▼第4試合 69kg契約 3分3R
○足利也真登(紫志堂)
判定2-0 ※30-29、30-30、30-29
●翔(誠空会)

▼第3試合 54kg契約
○MANA(SFK)
判定3-0 ※三者とも30-27
●エミNFC(ナゴヤファイトクラブ)

▼第2試合 ヘビ−級契約 3分3R
○デ−ビス・アラン・ノーマン(M-FACTORY)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
●ゴリ・セノオ(月心会)

▼第1試合 50kg契約 2分3R
○日下部奈々(OHISHIGYM)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
●百花(T-BNATION) 4月6日15時15分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000004-gbr-fight
 
   
Posted at 23:41/ この記事のURL
テレ東新番組、関連するつぶやきを集めてBOT化 / 2010年04月06日(火)
 テレビ東京が4月5日にスタートする新番組「情熱の系譜」(月曜日午後10時54分〜11時)が、関連するつぶやきを視聴者から募集し、人気の高い投稿を番組公式のTwitter用BOTのつぶやきとして活用する。

 「あなたがこれまでに勇気をもらったフレーズは何ですか?」といったテーマに対するつぶやきをサイトで募集。サイトはTwitterとAPI連携(OAuth認証)しており、投稿すると公式サイトやユーザーのTwitterアカウントにつぶやきが流れる。

 番組サイトでは、共感したつぶやきに投票することができ、多くの投票があった投稿はBOTのつぶやきとして採用。BOTは5月中旬から番組の公式アカウント「@jounetsu_keifu」で運用し、同アカウントあてにつぶやくと、採用されたつぶやきがリプライされる。

 同番組では、タレントや書道家、生物学者など各方面で活躍する著名人“現代の偉人”と、彼らに影響を与えた“過去の偉人”を紹介する。「過去から未来につながる『情熱の系譜』を伝える」という。地上波放送と同時にYouTubeと番組サイトで公開する取り組みも実施する。 4月6日11時48分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000020-zdn_n-sci
 
   
Posted at 23:05/ この記事のURL
アスース、Athlon Neo搭載で5万2800円のモバイルノート発売 / 2010年04月06日(火)
 アスーステック・コンピューターは2010年4月5日、12.1型ワイド液晶を備えるモバイルノート「Eee PC 1201T」を4月8日に発売すると発表した。Eee PCシリーズとして初めてAMD製のCPUを採用したのが特徴だ。予想実売価格は5万2800円前後。

【詳細画像または表】

 ネットブックより大画面で高解像度なディスプレイとフルサイズのキーボードを搭載してA4ノート並みの使い勝手を実現した。ディスプレイは1366×768ドット表示対応の12.1型ワイド。CPUにはAthlon Neo MV-40(1.60GHz)を搭載。グラフィックスにはATI RADEON HD 3200を備え、ネットブックよりも描画性能を高めた。メモリーは2GB、HDDは250GB。OSはWindows 7 Home Premiumとなる。

 バッテリー駆動時間は約5.2時間。サイズは296(W)×208(D)×27.3〜33.3(H)mm、重さは約1.46kg。カラーバリエーションは、クリスタルブラック、ボルドーレッド、シルバーの3色。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)

【4月6日4時1分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000000-nkbp_tren-mobi
 
   
Posted at 21:55/ この記事のURL
亀井大臣またまた変化球 預金保険料率引き下げで懐柔? / 2010年04月06日(火)
 政府の郵政改革は、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額(1人あたり1000万円)を2000万円に、かんぽ生命の保障限度額(同1300万円)を2500万円に引き上げることでひとまず決着したが、民間金融機関の反発は根強い。

 こうした中、亀井静香金融・郵政担当相は、金融危機に備え銀行などが負担している預金保険料の引き下げに言及した。銀行を懐柔する思惑があるが、銀行界は「引き下げで負担が減るのはゆうちょ銀も同じ。取引にはならない」(地銀幹部)と冷めた目で見ている。

■「民間とゆうちょ銀の負担が同じように減るだけ」

 亀井担当相は2010年4月2日の会見で「(預金保険料の)負担がきついなら、(料率の)引き下げを検討するのはやぶさかではない」と述べた。郵貯の限度額引き上げで、銀行や信用組合・信用金庫の預金が流出するとの懸念に答えたもの。保険料の負担を軽くすることで、郵政改革に理解を得る狙いがある。

 金融機関の預金保険制度は、金融機関が破綻した時に、預金1000万円までと、その利息を保護する制度。預金保険機構が全国約600の金融機関から毎年度、預金残高の一定割合を保険料として集め、積み立てた「責任準備金」が預金保護の原資となる。保険料率は0.084%で、金融不安が高まった96年度に従来の7倍に引き上げられて以降は、同率を維持している。09年度の保険料総額は6411億円だ。

 民間金融機関にとっても、保険料が引き下げられれば収益改善につながるため、反対はしにくい。ただ、預金保険料を支払うのは、ゆうちょ銀も同じで、地銀などからは「民間とゆうちょ銀の負担が同じように減るだけで、限度額引き上げを受け入れる材料にはならない」との声が出ている。

■保険料率の引き下げは既定路線?

 そもそも、保険料率の引き下げが遡上に上るのは既定路線。90年代後半以降に金融機関の破綻が続くと、責任準備金の取り崩しが進み、02年度には準備金に4兆円の欠損が生じた。しかし、金融不安が一服して10年度には欠損が解消される見通し。それを機に預金保険機構は、保険料率についても将来の引き下げが可能か検討を始める機運が出ていた。このため、「料率引き下げで、民間金融機関に恩を売ることにはならない」(大手行幹部)としらけたムードも漂っている。

 亀井担当相は2月にも、信金・信組についてはペイオフ(預金の払戻保証額を元本1000万円とその利息とする措置)の上限を上げて郵貯への預金流入を防ぐ考えを提案した。中小金融機関を取り込んで郵貯限度額引き上げの流れを定着させる考えだったが、「地銀なども同様にペイオフ上限が引き上げられれば、小規模金融機関からの預金流出が加速する」と信金・信組が反発、撤回した経緯がある。

 郵政改革を巡る閣内のしこりが残る中、亀井担当相から投げられた癖玉にどう反応するか。民間金融機関は慎重に検討している。


■4月6日11時32分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000000-jct-soci
 
   
Posted at 21:22/ この記事のURL
山武のインド現地法人、営業開始:ムンバイを拠点にFAやPA事業 / 2010年04月06日(火)
 アズビル(azbil)グループの山武(本社:東京都千代田)はマハラシュトラ州ムンバイに現地法人のアズビル・インドを設立し、1日から営業を開始した。

 山武は重点市場である中国、東南アジアをはじめ、海外事業の高い成長を目指しており、インドの高成長を支えるエネルギー・素材・自動車などのプロセス・オートメーション(PA)市場やファクトリー・オートメーション(FA)市場にライフ・サイクル・ソリューションを提供するとともに、今後成長が見込まれる業務用ビル・オートメーション市場へ展開するため、100%出資の現地法人を設立した。これにより、日系顧客へのサービス強化、および品質と顧客課題解決力をベースに現地顧客の開拓を行うことが可能となる。

 アズビル・インドの当初資本金は3,400万ルピー(約6,500万円)。社員8人でスタートし、社長にはゴパルクリシュナ・ M・ カンナ氏が就任した。なお、2008年6月にニューデリー郊外に開設したインド駐在員事務所は、今回の現地法人設立を機に閉鎖した。 (10年4月1日、山武の発表から)

04/05/2010 4月6日8時0分配信 インド新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000000-indonews-int
 
   
Posted at 20:49/ この記事のURL
グーグル、債券トレーダーを募集 潤沢な資金を投資運用へ、将来的に金融業へ進出も / 2010年04月06日(火)
 インターネット検索大手の米グーグルが、新しく外国債券トレーダー職を募集していることが先月明らかになった。同社サイトで告知されており、米紙ニューヨーク・タイムズなどが報道するなど同社の動向に注目が集まっている。

 グーグルは創業してから今年で12年と企業としてはまもないが、時価総額はトヨタを上回る規模にまで急成長を遂げ、世界的にも大企業の仲間入りを果たしている。しかも無借金経営で営業利益率は35%以上と、財務的にも超が付くほどの優良会社だ。

 これまでグーグルは投資家から集めた資金や、事業で得た売上は研究開発などに投入してきた。しかしそれでも使い切れず、現金に換金可能な資産は、1兆3000億円にまで膨れ上がっている。今回の募集は、社内に眠っている潤沢な資産を効率的に運用していくためのものと見られている。

 募集要項によれば、外国債、米国債や住宅ローン債券などを組み合わせて運用できるトレーダーを求めており、「5年以上の実務経験」や「企業投資と会計に精通していること」、さらには「ユーモアのセンスがあること」が応募資格となっている。

 米メディアによると、グーグルは、かつて創業者のセルゲイ・ブリン氏がヘッジファンド設立も考えたこともあったが、法的に困難が生じることからエリック・シュミットCEOが止めた過去があったようだ。しかし「金融」と「情報」はもともと関連性が高く、同社には世界中の金融データ、マーケット情報など運用に必要な情報を収集できる能力と施設が揃っているだけに、今後金融・投資サービスに本格的に進出してくる可能性も考えられる。

【4月4日14時40分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000001-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 20:17/ この記事のURL
LOVE、TOKYO FMのお昼の顔に。六本木より生放送スタート / 2010年04月06日(火)
シンガーソングライター・LOVEがパーソナリティを務めるラジオ番組『LOVE CONNECTION』がTOKYO FM六本木ミッドタウンスタジオでスタートした。

LOVEの番組中の写真

番組のコンセプトは“自分アップデート”。新しいムーブメントの兆しや発見のある話題、良質な音楽など、日々の暮らしの引き出しを豊かにしてくれる様々な情報が紹介される。

初日の4月1日は、6月9日(水)に発売されるLOVEのニュー・シングル『STAY』を初めてオンエア。また、番組後半ではビートルズなどもカバーした名曲『ロング・トール・サリー』をアコースティック・ギターで生披露した。サテライトスタジオ前はLOVEの歌声に引き寄せられたサラリーマンやOLが詰めかけ、大盛況となった。『LOVE CONNECTION』は、月曜〜金曜の11:30〜13:00、TOKYO FMにて生放送中。

LOVEは、マンスリーライブ『LOVE・YA・DAY』を4月25日(日)にJ-POP CAFE SHIBUYAにて開催する。チケット発売中。

【4月6日13時3分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000003-pia-ent
 
   
Posted at 19:45/ この記事のURL
「ヒビコレちゃん」をよろしくおねがいします / 2010年04月06日(火)
 4月1日より「日々是遊戯」担当のアイコンキャラクターとして「ヒビコレちゃん」が新たにデビューいたしました。ITmediaのアイコンキャラクターとしては、ITmedia News連載「ねとらぼ」担当のITちゃん、同じくITmedia News「せかにゅ」担当のitちゃん(こちらはイットちゃんと読みます)に続いて、3人目のアイコンキャラクターとなります。

【拡大画像やエイプリルフール記事の紹介】

 ゲーム好きでドジっこなヒビコレちゃんですが、ITちゃん、itちゃんともども今後ともぜひ可愛がってあげてくださいね。なお「実は“男の娘”らしい」といった噂も飛び交っているようですが、そちらについては現在編集部にて事実確認を急いでいるところです。

 「ヒビコレちゃん」誕生までの経緯についてちょっとお話ししますと、初出はITmedia Gamez編集長がTwitterでつぶやいた「ヒビコレちゃん作ったら仲間に入れてもらえるかなー」というツイートでした。その後、昨年末にねとらぼ番外編記事として「いっとちゃんと読んでくれ」が掲載された際、筆者が冗談半分(半分は本気)で「ヒビコレちゃんはいつ書いてくれますか?」と投げかけてみたところ、ITmedia News記者・岡田有花さんがこれに反応。「来年はヒビコレちゃんデビューなのか!?」と乗り気になっていただき、今回の実現につながったというわけです。いやあ、とりあえず言ってみるもんだなぁ……(しみじみ)。

 ――などと長々書いてきましたが、そろそろ信じる人が出てきそうなのでネタばらし。実は上記ニュースは、ITちゃん応援サイト「ITちゃんの部屋」に掲載されたエイプリルフールネタなのでした。

 元記事では「ヒビコレちゃん、デビュー!!」と題し、日々是遊戯担当アイコンキャラ「ヒビコレちゃん」をもっともらしく紹介。「ツンデレitちゃんにいじめられそうです。がんばれ、ヒビコレちゃん!」とエールも送ってくれています。一瞬、エイプリルフールであることを忘れて「えっ、いつのまに!?」と本気で驚いてしまったのはここだけの話。管理人のタチバナさん、本当にありがとうございました!

※いまさらエイプリルフールネタですが、当日うっかり乗っかることができなかったので、ここで感謝の意味も込めて紹介させていただきました。素敵な夢をありがとうございます!

【4月6日11時55分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000021-zdn_g-game
 
   
Posted at 19:14/ この記事のURL
両王者絶対有利も、番狂わせを起こすのならマイアか?=UFC112見どころ / 2010年04月06日(火)
 ミドルイースト初進出。総合格闘技UFC112「Invincible」が10日(土・現地時間、日本では11日夜10:05よりWOWOWで放映))、アラブ首長国連邦アブダビのヤス島、フェラーリワールドで開催され、世界ミドル級選手権アンデウソン・シウバ×デミアン・マイア、世界ライト級選手権試合BJ・ペン×フランク・エドガー戦と二つのワールドタイトルマッチが行なわれる。

 UFCタイトル戦線は王者の独走状態。3月27日のウェルター級戦ではGSPが、挑戦者ダン・ハーディに何もさせず完全防衛を果たし、さらにその印象を強くしている。そんなウェルター級王者に負けず、ミドル級王者アンデウソン&ライト級王者BJともに、世界戦では圧倒的な強さを見せてきた。

 アンデウソンは2006年10月の王座奪取以来、ネイト・マーコート、リッチ・フランクリン、ダン・ヘンダーソン、パトリック・コーテ、ターレス・レイチと5度の防衛を果たし、この間、ライトヘビー級で2勝するなど、実にUFC参戦以来10連勝とパーフェクト・レコードを残している。

 一方のBJは、昨年2月のウェルター級王座挑戦こそ失敗に終わったが、ライト級では過酷な生き残り合戦を勝ち抜いてきた最強のチャレンジャーを相手に、ラウンドを落とすことすらなく完全防衛を果たしてきた。

 ジョー・スティーブンソン、ショーン・シャーク、ケニー・フロリアン、そしてディエゴ・サンチェスを相手に、一度たりとも攻め込まれることがないなど、天才ぶりを如何なく発揮している。

 そんな両者に挑戦するマイア、エドガーの両者。マイアはMMA通算12勝1敗、UFCでは6勝1敗。エドガーも同じくUFC6勝1敗、通算12勝1敗という戦績の持ち主だ。最近の日本人のUFC挑戦を見ても、二人の持つ6勝1敗という数字がどれだけ優秀なのかは理解してもらえるだろう。

 それでも、この二つの世界戦は王者が圧倒的有利という声が高い。これだけの好成績を残す二人のチャレンジャーを迎えながら、そんな声が多数挙がること自体が、アンデウソンとBJの強さを如実に表している。

 エドガーは地元のカレッジで指導を行なうレスリングをベースに、ヒカルド・アルメイダの下でトレーニングをするようになった柔術、さらにボクシングを合わせた、いわゆる典型的な北米型MMAファイターだ。

 寝技に持ち込めば、自らフィニッシュする力を持っているが、ガードを強いられる場面では迷うことなくスタンドに戻ることを選択する。殴って倒し、倒されれば起き上がるという動きを、試合時間をフルに続けることが可能なスタミナを有している。

 すべての局面で穴のないMMAファイター、それがエドガーなら、マイアは今では珍しくなった一芸に秀でたファイターといえるだろう。マイアの一芸とは、もちろん柔術だ。ブラジルの名門アリアンシから、その後の分裂劇を経験した彼には、ホメロ・カバウカンチとファービオ・グージェウというアリアンシ柔術、つまりはホーウス&ヒクソン・グレイシーの流れを組む正当・柔術家の血が流れている。

 柔術がベースのMMAファイターは数多く存在しているが、マイアの存在感が突出しているのは、その多くが打撃とレスリングを練習したことで柔術色が少なくなっているのに対し、自ら引き込むことをいとわない純血柔術スタイルを継承している点にある。

 いくら全局面で穴のないファイター=エドガーとはいえ、王者BJは打撃、テイクダウンディフェンスや寝技で、穴がないというレベルに留まらず、秀でた力を有している。穴がない者同士の一戦で、秀でた要素を持つBJ。故に王座BJが圧倒的有利といえる。

 対してアンデウソ×マイアだが、いうまでもなく現在のMMAでは打撃戦の強さが大きく勝敗に関係している。この点で、アンデウソンがマイアを大きく上回り、彼が圧倒的に有利という予想が成り立つ。

 過去にアンデウソンが、柔術ベースのファイターと防衛戦を戦ったのは、昨年4月のターレス・レイチ戦。この時は徹底してレイチのテイクダウンを防ぎ、打撃戦でもリスクを避けてジャブを当てるような距離で戦っていた。加えて、寝技でトップを奪っても、グラウンドに留まることなく自らスタンドに戻る徹底ぶりは、ファンの支持こそ集めることはできなかったが、まさに鉄壁の王座防衛術といえた。

 柔術でも黒帯のアンデウソンだが、マイアの強味はテイクダウンでなくて、引き込んでリバーサルからトップを奪うことができる点にある。もちろん、チャンスは決して多くない。それでもはまれば、マイアは一気にタップを奪う力を持っている。

 MMAおいて、ほとんどの局面で圧倒的な有利に立つ王者アンデウソンだが、マイアは一瞬の勝機を手にする絶対的な能力を持っている。チャンピオンが圧倒的に有利な二つの世界戦だが、番狂わせがあるならミドル級といえるだろう。

■UFC112「INVINCIBLE」全対戦カードは下記の通り

<UFC世界ミドル級選手権試合 5分5R>
[王者]アンデウソン・シウバ(ブラジル)
[挑戦者]デミアン・マイア(ブラジル)

<UFC世界ライト級選手権試合 5分5R>
[王者]BJ・ペン(米国)
[挑戦者]フランク・エドガー(米国)

<ウェルター級 5分3R>
ヘンゾ・グレイシー(ブラジル)
マット・ヒューズ(米国)

<ライト級 5分3R>
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル)
テリー・エティン(英国)

<ミドル級 5分3R>
ケンドール・グローブ(米国)
マーク・ムニョス(米国)

<ライトヘビー級 5分3R>
アレクサンダー・グスタフソン(スウェーデン)
フィル・デイビス(米国)

<ライト級 5分3R>
ポール・テイラー(英国)
ジョン・ガンダーソン(カナダ)

<ウェルター級 5分3R>
ニック・オシベチェック(英国)
リック・ストーリー(米国)

<ウェルター級 5分3R>
ブラッド・ブラックバーン(米国)
ダマルケス・ジョンソン(米国)

<ライト級 5分3R>
ポール・ケリー(英国)
マット・ビーチ(米国)

<ヘビー級 5分3R>
ムスタファ・アルトゥルク(英国)
ジョン・マジソン(米国)

[MMAPLANET]

【4月6日15時15分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000014-spnavi-fight
 
   
Posted at 18:44/ この記事のURL
プリンスアイスワールド追加公演決定。ゲストに浅田真央が出演! / 2010年04月06日(火)
5月1日(土)から3日(月・祝)に新横浜スケートセンターで開催されるアイスショー『プリンスアイスワールド2010 横浜公演』の追加公演が決定した。追加公演は4日(火・祝)と5日(水・祝)。ゲストに先日の世界フィギュアで2年ぶりに優勝した浅田真央の出演が決定した。浅田のほかにも荒川静香や本田武史、八木沼純子らが出演する。チケットは4月4日(日)より一般発売開始。

浅田真央以外の出演者の写真

また、1日から3日に開催される本公演には、高橋大輔に加え鈴木明子の出演も新たに決定した。本公演のチケットは現在発売中。

出演者は以下のとおり

<5月1日〜3日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、高橋大輔、鈴木明子
<5月4日・5日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、浅田真央


【4月1日15時16分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 18:14/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!