ギフチョウでオヒョイ

December 26 [Tue], 2017, 5:24
一般によく聞くキャッシングで不払いをしたら差し押さえされてしまうというのは本当にあることなのでしょうか。
私自身も過去にキャッシングをしたことがあり、滞納を何度かした経験がありますが、差し押さえされたことは一度たりともありませんでした。



滞納を繰り返したら差し押さえになるのかもしれません。当然ですが、誰でも無条件でキャッシングでお金を借りられるわけではありません。
まず、審査にパスしなければなりませんが、何らかの問題があると落ちてしまうケースも珍しくありません。一般的に、よく言われる審査落ちの原因としては、希望する借入金額が高すぎて返済能力を超えていることや、過去に、ローンやクレジットカードの支払いが滞ったことなどが原因になることが多いです。中でも、滞納した記録は情報機関に5年から10年は残ると言われているので、こうした経験がある場合はある程度の期間はキャッシングやローンが組めなくなると思っておいた方が良いでしょう。高額商品を購入する際の現金の足しにするためなど、限定したキャッシングの使い方をしている人を多く見かけます。
あまり知られてはいませんが、賢く使うことで、キャッシングは生活費の節約につなげることができます。銀行ATMで手数料を払ってお金を引き出すよりも、すぐに返済する予定でキャッシングを借りれば、手数料がほとんどかからないのでお得になります。

普段から使っている銀行の口座にも現金を振り込んでもらえるので、すごく便利です。


一般的に、キャッシングは日割り計算で利子が付きます。

ですから、できるだけ早く完済すれば、利子がわずかで済むので、上手に利用することで、それなりの金額が節約できるでしょう。



キャッシング手続きをしようとする際に気をつけたほうがいいのが金利といえるでしょう。
キャッシングの金利は一般的に高いので大きな借り入れをしてしまった際には毎月の金利も大きな額になり、返済が容易でなくなってしまいます。
キャッシングの手続きをしようとする際には金利をよく把握して借りることがベターです。

消費者金融で現金を調達するときはもちろん、審査を通ってからになりますが、各社それぞれ基準を持っていてまちまちです。

つまり、他と比べて考えてみた場合それほど厳しい審査を行わずに貸してくれる会社もあるようです。

なので、万が一、自分の信用情報に気がかりがあっても希望は捨てずに少しでも借りやすい会社を探してみてください。キャッシングで借りたお金を返した後、手持ちのカードはどうするのがベストなのでしょうか。



中には、カードがあるとすぐに借り入れてしまうということで、契約を解消しようとしている方もいると思います。



どのように解約するのかというと、ご自分で業者にその旨を連絡し、物理的にカードを使えなくすれば終わります。解約のタイミングは任意ですが、契約を解消すると、再びキャッシングする場合は新規契約と同じ手順をとらなければなりません。いざという時に備えて契約を続けるか、安易に借り入れないために解約するか。どちらが都合が良いのか、ご自身の性格や環境を踏まえて選択しましょう。
キャッシングを審査を受けないで利用したい、なるだけ少ない審査の業者で借り入れをしておきたいといった悩みを抱えておられる方も多くいると思います。


銀行のようなところでは、基本的に審査が厳しくなっていますが、消費者金融の場合は比較的甘い審査でキャッシングができることがあります。



プロミスから融資してもらうには、ネット、電話、店頭窓口、ATMの4つの仕様から届け出ることが出来ます。三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行に自分の銀行口座を持っていれば、受付作業が完了してから、10秒前後でお金がもらえるサービスを使うことができるでしょう。女性専用ダイヤルや30日間は利息がつかない特典があるものもプロミスからお金を借りるときの魅力です。消費者金融が悪いというわけではありませんが、キャッシングをするのは万策尽きたときにお金を工面する、最終的な方法だと思います。あまり軽い理由で利用して、あとで本当に必要になったときに使えなかったら困りますよね。

自覚の持ちようかもしれませんが、借金がなかった頃に比べると生活が楽になるとは思えません。むしろ逆で、あとで必死の思いで返したという話も聞きます。利用するときは、慎重すぎるくらいで良いのです。目的や今後の返済をきちんと考えた上でどうしても足りない分だけを借り入れすれば、延滞やループに陥ることもないでしょう。



ときどきカードローンについて相談をいただくのですが、信用でお金を借りているにもかかわらず、「借金」イコール「良くない」みたいな考え方は、ちょっとおかしいように感じます。
滞納と借金のイメージを完全に同一視しているのではないでしょうか。



若年男性や再就職が多い人(特に女性)は賃金水準が低い傾向がありますが、その中で正当な理由があって借りるのですから、むしろ自助努力の一環だと思うのです。

借り入れを奨励しているわけではありませんが、借金苦と借金は別物だと周囲も認知すべきです。
また、業者側のほうでも借りやすい環境を作ったり、良いサービスを提供することが大事だと思います。

それは、今後はこのような人たちが社会のボリュームゾーンになると思うからです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kanade
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる