ボルミンで城戸

June 12 [Sun], 2016, 18:53
最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、介護施設に勤務する介護士があります。外来の介護士ならば夜勤がないこともあるようなのですが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、介護士経験が浅い間は必然的にシフト勤務になると思います。
妻の話ですが、介護士としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに困った事を覚えています。介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、必要とされる度合いがとても高いですし、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も介護施設に24時間いることになり、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、人員を交代させながら業務につくことになります。

他の交代制のお仕事と同様、多少強引にでも時間の調整をしなければ充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。
介護士の人間関係は、構築が難しいなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、介護士の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。



というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。そんな職場の人間関係がわかってくるとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを納得しておくと良いかもしれません。受験資格を得て、合格後、介護士として働くための教育を受けられる機関として介護系の大学または専門学校を選択する必要があります。大学の特色は何かというと最先端の介護について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。



その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。その他、学費に関しても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。貴重な人材である介護士が必要とされている場はクリニックや介護施設の他にも存在します。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士は必要とされています。このグループホームにいるのは、基本的に認知症の方ばかりなので、気を付けて接する必要があります。介護方面に興味のある介護士は勤務先にグループホームを選択することも視野に入れてみてください。

数年間、専門機関で学んで資格を取得する介護士は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。


自身の結婚、出産あるいは転居など一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、転職する人の中には、介護士としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。でないと、肝心の転職自体、できない恐れがあります。

今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、小規模な介護施設では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など前向きな志望動機があれば良いでしょう。介護施設では普通、介護士が注射や採血を行います。注射や採血を好む人は稀でしょうが、実際に打たれるとしたら痛みが少ないようにお願いしたいですよね。


とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、上手な人もいれば、上手でない介護士にあたる事も珍しいことでありません。


上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。
シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で心身に悪影響が及ぶような場合、日勤のみが可能な職場もあります。忘れてはいけないのが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働く介護士と比べて給料が少なくなってしまう事が多いようです。
今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。


意外に思うかもしれませんが、介護施設外の介護士の仕事場として実は、保育園があります。職場が保育園となると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方はおススメの職場だと言えますね。保育園での具体的な仕事の内容は、介護施設とは異なり園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする責任のある仕事だと言えます。気になる介護士資格の難易度ですが、どのくらいだと思いますか?資格を取得するための介護士国家試験の合格率は、毎年90%前後のようです。実際の試験の内容も、それまでの学校生活でちゃんと学習していた人であれば難なく合格できるものですから、特別に高難度な資格ではありません。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、介護士をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。

ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。



なお、介護士という職についていると、それなりに介護についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、そのうち、自身の身体や健康のことなども状態を自覚したりできるようになります。


介護士長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長の仕事をサポートしたり、介護士たちを指導する等、一般の会社組織においては課長職に近いものです。
いわゆる課長職でも、その年収は勤める企業の規模で全く違ってくるように、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。
そのほかの影響として、公立介護施設と民間介護施設、地域の格差等が影響しています。

ちなみに、最高額の年収と思われる公立介護施設に勤めるケースでは、およそ750万円程度だと想定されます。ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。



夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、もし容態が急に変わったら大事になりますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も担当看護士が任されます。


また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、少々混乱してしまいそうなくらいに次々と仕事が飛び込んできたりもします。病棟勤務の介護士として働いている者ですが、気付いたことは、介護士はどうやら喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、介護士の喫煙率も多少減ってはいるようです。

でも、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。


そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。同じ介護施設に長く勤務していると出世していきます。



階級として、婦長などは誰でも知っている役職ですが、他にも役職があるのです。
一口に介護士といっても、学生やパート介護士が増加しているため、正介護士であれば上の役職であることは理解できると思います。
一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。

日夜、介護士として厳しい仕事を続けていると、つらいこと、大変なこともあります。



そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。全体的に見て、比較的忙しくない病棟として知られているのは、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。とはいえ、どんな介護施設なのか、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事の内容は全く変わってきます。

転職の際には、介護士であっても当然、履歴書が要りますが、その際、注意点があります。
何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望動機をいかに書くかです。
志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、成長に繋がるといったことや、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、意欲溢れる動機がベターでしょう。様々な病気を患い心細い患者にとっては頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。



覚える必要のある仕事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、実は常に緊張状態という事もあるのです。なので、結果的に心を病んでしまうような介護士も少なくないそうです。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。

高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、この何年か特にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。ということは、介護士に関してもどれだけいても足りないという程、実際には、人手不足が深刻です。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、求人募集がとても多いということでもあり、介護士は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるというメリットも確かにある訳です。



病棟勤務に就いている介護士の勤務形態ですが、文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により誰もが夜勤を経験します。なくてはならない夜勤業務ですが、医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、そうやって人がいなくなった夜中に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、職場での人間関係の難しさや不規則な勤務形態です。
一般的に介護士の多くが女性なので、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも実は多いのです。


また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。


転職し、もっと環境の良い職場で働くのも良いと思います。国外で介護的な支援を求めている人々に、介護の立場から支援したいという考えを持った介護士の方が増えています。

実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、困難を抱える人を救うことの出来る介護士という人材が要求されています。
当たり前の事ですが、海外では医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語が必要になります。もし、海外で介護士として活躍しようと思うのならば、英語を身に付ける事を優先しましょう。


業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、介護士の仕事はかなり厳しいものですから、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。

二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。
ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと疲労はたまる一方であり、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、心身への負担をしみじみと実感してしまうことはあります。同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。


時給がどのくらいなのかというとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが大体の相場らしいです。
時間いくらのパート勤務にしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、専門職である人命に関わる介護士であり、かなりの激務をこなしていることを思うと、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。介護士として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。普通やることもたくさんあるのですが決められた労働時間以外の業務もあったりして残業を強いられることがままあります。しかし、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。



直前まで愚痴を言っていても打って変わって笑顔になるのです。



時々、介護士は女優みたいだなと思うことがあります。結婚相手として人気が高いと思われる介護士ですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については両極端だという事が分かりました。

結婚が遅くなる人に多い理由は、出会いが無かったり、出世を第一にすることで結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。



大方の場合、大変だと思われる介護士ですが、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。例えば二交代制の介護施設勤務だと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。


労働時間が長いということも世間的に、介護士として働くことがハードだと思われやすい理由になっていると思います。
免許が必要な専門職である介護士は求人が途切れるようなことはありません。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、少し念入りに求職活動を試みれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近頃ではインターネット上に介護士を対象とした転職、求人を扱うサイトなども豊富にあるようですので、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。初めての介護施設で新人の介護士として働こうとする時に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、ほぼ希望を通してくれる場合もあり、また、人材を管理する人の胸三寸で決定されることもあり得ます。介護施設側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、検討された結果であることがほとんどでしょう。

ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。介護士の存在は法律上、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。


介護士の介護行為というものは実は認められていないのですが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。
そうはいっても、患者さんの状態によって、切迫した状態では、場数を踏んでいる介護士であれば、若干の介護的行為は行っていいのではないかと思っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウセイ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/epn5p7iahhrots/index1_0.rdf