翔(しょう)とシックリップグラミィ

February 14 [Sun], 2016, 12:28
ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、容態の急な変化もありえますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も担当看護士が任されます。予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、スタッフの数が少ない夜間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、めまぐるしく忙しい日もあるでしょう。不規則な交代勤務や煩雑な仕事など大変な仕事を抱える看護師ですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、その情報を責任もって申し送りをする看護師に引き継がなくてはいけません。簡単な伝言で済むレベルのものもあるとはいえ、病状や処置に関する情報については安易な気持ちで申し送りできないものです。友人は看護師として病院に勤めていたのですが、大病を患ってしまって一度看護師を辞めています。しかし、完治させた後は、早めに復職して医療施設で看護師として今も元気に働いています。数か月間、仕事から離れていても、資格を持っていたら比較的簡単に職に復帰できるんですよね。普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「看護師」と言えば普通の仕事とは違うと思われやすいですが、とはいえ、労働者の権利を訴えるような組織がなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。ストライキを起こすことも看護師は難しいので、経営者サイドが考慮することが最も大切です。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として新しい職場を探す、という人も少なくありません。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで腕を磨きたいという気持ちからくる、ポジティブな考え方の転職ですね。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、看護師に多いトラブルと言えば、職場における対人関係や夜勤で体調を崩すといった問題があります。看護師には女性も多いので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところもよくあります。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、環境の整った職場へ移るのもアリだと思います。基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは働いている職場で違っています。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、先にシフトが組まれていますので、休日勤務や平日休みになることが珍しくありません。別の見方をすれば、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、そういう意味では働きやすいと言えますね。看護師の収入については、労働者全般と比べると、少なくとも平均年収においてははっきりと、看護師の方が額は大きいのです。医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多く常に需要が高い傾向が見られますから、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という役得もあるようです。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。ほんの少し前までは看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、昨今は徐々に男性看護師も増加しています。看護職においては、患者の移動の際や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。女性と年収に関しては同じですが、産休や育休がないので、その分より職業的な高みを目指していけるということです。昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。しかし、事情があって就職を選んで会社員としてしばらく働きました。ですが、看護師の夢を諦めきれませんでした。思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働く事も選択肢の一つでしたが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。すると、看護助手として勤務しながら資格も取れるそうなのです。この方法で看護師の夢を叶えたいです。看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子供がいる看護師にしてみればかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。子供が小学校に入るまでならば24時間保育を実施している保育所を利用したり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。ですから、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も少なからずいます。夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。当然、休みはきちんともらえますけれど、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人はかなり多い、というのが問題となっています。結婚、出産、そして育児がスタートしたら安心して託児ができる施設などがなければそもそも夜勤などはできないものです。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えてもう一度看護師として働くことを希望する人も増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。学校を卒業したばかりの新人ですとか、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がきちんともらえないケースがあります。残業代の未払いは、勤続年数や経験などは関係せず労働に関する法律に、明らかに違反しています。行なった残業は、労働には違いありません。なので、せっかく働いたのならその時間分、給金という形で手に入るのが当然なのです。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。しかしながら、ここ数年の間に看護師のユニフォームも変わりつつあり、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも悲しい気もしますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。看護師は、患者と関わらねばならないため、印象の良いヘアスタイルにも配慮することをおススメします。いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔感を重視した髪形を選ぶことが良いと思います。とはいえ、職場の環境や方針次第では、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを知っておいた方が良いでしょう。准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが条件です。それが試験の受験資格でもあります。しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校があるほど、難関なのです。いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、看護学校が行っている通信教育課程が存在しますから、興味があれば調べてみてください。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。職場では女性が多数で、男性と出会う機会が少なく、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。街コンの場面でも、看護師は人気があります。とは言え、もし、恋人同士になれたとしても、勤務形態が不規則なせいで、結果として、破局、ということもままあるようです。新卒や既卒で看護師としての就職先が上手くいかないという人は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。一般的に、求人には特に年齢制限の記載がなくても、病院が裏で何歳以下だけを採用すると設定しているケースがあるのです。具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。ハードな通常業務だけでなく、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、時間通りに帰れないということはよくあるのです。ですが、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。直前まで愚痴を言っていても打って変わって笑顔になるのです。看護師はさながら女優だなと感じます。卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。まず、大学はどういったところかというと、最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。他方、専門学校に関しては、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。さらに学費に関していえば専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。免許が必要な専門職である看護師は常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、少し念入りに求職活動を試みれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。近年においては、ウェブ上のサービスとして求人サイト、それも看護師専門のものがかなりの数があるのです。なので、上手にそういうものも使って最適の仕事先を見つけてください。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、こうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがわかったのです。看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、大変な仕事ですが、収入に面に注目すれば、他の職業より平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。景気に左右されないのも強みでしょう。このような高給で安定した職場という面では看護師はメリットの多い職業だと言えます。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、転職率も同じように高い傾向があります。こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが増えています。こうした看護師専用の転職サイトであれば、手際よく希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、十分な時間を取れない現役の看護師に最適です。たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。看護師に階級があるのをご存知ですか?トップに位置するのは、各病院の方針によっても異なりますが、普通は看護部長や総看護師長がトップにあたります。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、その病院での勤務を長くするなど、一目置かれ、認められるような存在になることが必要だと言えます。階級が上がれば上がるほど、より多くの給料を受け取れるはずです。病院で病棟勤務に就いている看護師なら2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤勤務に従事することになるはずです。日勤と違って夜勤は医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、また、夜中になって腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は大体いつも、日勤より多くなるようです。大方の場合、看護師として働くことは大変ハードだと認識され、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。病院勤務で、二交代制だった場合、合間で休憩はあるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、看護師として勤務することが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。看護師さんとお医者さん。この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。はっきりした違いは、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防指導を行ったり、適切な薬を出すことが主な業務とされます。対する看護師の仕事は、医師の指導の下、診療時に医師の補助を行って、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。もし転職される場合には、看護師であっても当然、履歴書が要りますが、気を付けなければならないことがあります。何だと思いますか?それは、履歴書に書くことの中でも特に「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、研鑽に励みたいという理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、前向きな印象を受ける内容が適すると思います。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておく事が必須になります。女性のケースでは、派手なお化粧は控えて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番良いでしょう。スッピンとはまた違って、患者に与える印象もガラッと変わると思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuna
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/epieoaemrtvyeb/index1_0.rdf