複数の情報源を持とう

April 14 [Sat], 2012, 22:43
複数の情報源を持とう
社会学者のウォルボートとボストマンは噂が流れる量=「重要さ」×「曖昧さ」で求めることができるとしています。
知りたい人が多いのに、曖昧なことが多い・・・というときに噂やデマが広がりやすくなってしまうということです。
そのようなときに複数の情報源を持っていることはとても大切です。
同じ事柄であってもテレビ局や新聞社により伝え方は様々ですし、テレビ、新聞、雑誌、インターネットなどの情報媒体も特徴がまるで違いますので、
どの情報を重要視するかが変わってくるのです。
ですから、私たちは一つの情報源に縛られることなく、様々な情報に触れ、情報の偏りを減らすことが大切なのです。
「あわてないこと」、「正しく対処すること」が災害時には常識です。
伝言ゲームをしていくうちに、最初の情報が脚色されたり、省かれたりと、正確な情報でなくなってしまうことも少なくありません。
常に「最初の情報」を確かめていくクセをつけるようにしましょう。
食品の放射能汚染にたいする情報も曖昧な点が多々あったため、噂やデマが広まってしまったといえます。
曖昧な情報がなくなれば、噂やデマは減っていくことでしょう。
国が正しい情報を伝え、放射能検査を徹底することによって曖昧な情報を減らすことによって、噂やデマも少なくなっていくのではないでしょうか。
オイシックス 野菜 取寄せ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:理央34
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ep217mukyc/index1_0.rdf