猪瀬とコオリガモ

December 23 [Wed], 2015, 10:28
転職理由は書類選考や面接の中で大変重要なことです。相手に納得してもらう理由でないと評価が下がります。ところが、転職する理由を聞かれても上手に言えない方も多いはずだと思います。多くの人が、履歴書を記入する時や面接を受ける時などに、この転職理由のために苦労します。
どういった転職理由が適当かというと、第一に、どうしても転職しようと思った理由を考えてみてください。考えた通りに話す必要はないので、深く考えずに、紙に書きましょう。そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように表現の仕方を変えてみてください。転職することに至った経緯が長くなると言い訳がましい印象を持たれてしまうので、長くなりすぎないようにしましょう。
長時間労働が原因で辞めた時は「生産性の高い仕事が希望」、やりがいのない仕事と思っている場合は「環境を変えることで自分を成長させたい」といいかえれば受ける感じは悪くはないでしょう。否定的な転職理由も言いかえれば、ポジティブに感じるようにすることもできます。履歴書の書き方は、理想は150文字から200文字程度です。
今の職に就いている間に、転職活動を始めて、転職先が決まってから辞職するのが理想です。退職してからの方が時間の自由がききますし、時間をおかないで働くことができますが、転職先がすぐに見つからないこともあります。無職の期間が半年以上になると、就職する先が決まりづらくなりますから、退職後のことを考えないで今の仕事を辞職しないようにしましょう。
人材紹介会社を使って満足する転職が出来た人も多く見られます。転職活動を一人きりで進めるのは、へこむことも多いものです。うまく行かない事が続くと、どう行動するのか正しいのかが分からなくなることもあります。その点、人材紹介会社では、自分の状況に応じた応募先を教えてくれたり、自分だけでは思いつかなかったようなアドバイスをもらえるでしょう。
面接を行う際、身だしなみには注意すべきことを忘れずにいましょう。清潔感のある装いで面接にチャレンジするということが大事です。緊張であがってしまうとは思いますが、念を入れて練習しておき、面接の準備をしておいてください。面接で問われることはほとんど決まっていますから、予め答えを準備しておくことが大切です。
転職しようとする際に、求められる資格は、専門職の他は、そんなに多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やはり、国家資格が強いといえます。また、建築や土木系では「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を有していないと業務ができないという仕事が多くあるので、狙い目と言えるかもしれません。
異なる業種に職を変えるのは難しいという印象が強いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結果から言いますと、異業種に職を変えるのは簡単ではありません。同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。しかしながら、絶対に無理というわけではないため、努力の仕方によっては異業種に転職できるかもしれません。
転職しようとする場合により有利になれる資格として、社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。これまで積み重ねてきた経験を生かした転職を考えている方にもおすすめしたい資格です。社会保険労務士という資格があれば、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格があれば財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。
通常、転職する時、有利とされている資格の一つに中小企業診断士という資格があります。中小企業診断士の資格をとることで、経営知識が豊富であることを証明できるため、会社にとって自分は貴重は戦力であると認識させることが可能です。法律に詳しい行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mitsuki
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eotoroddsyualh/index1_0.rdf