高本とけい

April 27 [Wed], 2016, 14:05
メリットの多い蟹通販ですが、気を付けなければならない部分もあります。それは、まずは蟹の価格、新鮮かどうか、どのくらいの量が届くのか、最後に、送料を気にすることです。

意外と見落として損をすることが多いのです。


蟹を新鮮なまま送るのは大変だというのもあって、うっかり見落とすと凄い額の送料を請求されて驚くこともあります。

十分気を付けて見なければなりません。なるべく送料無料の業者を選ぶべきなのは言うまでもありません。

ですが、送料無料にも例外があります。



沖縄県などの離島にお住まいの場合、別途送料が掛かることがあるのです。
かにの通販はおいしいことばかりではないようです。


例として、安いからといって買いすぎてしまい、始末に困ったというのです。リアル店舗で買えば、買いつけのときは夢中でも、会計の時に現実を知って、量を減らそうと思うのが当たり前です。一方、通販では、店舗より安い値段で大きなかにが買えるので、あり得ないほどの量を買ってしまって、近所中に分けても、まだ余るほどの量だったということは皆さんも聞いたことがあるでしょう。



せっかくのおいしいかにです。

おいしく食べきれるよう考えましょう。かにを通販で買うとき、安さだけで選んではいけません。カタログやサイトの写真だけが頼りなので、品質が保証されたものばかりといえないのが現状です。まずは、業者の信頼性を調べることが激安通販を利用する際の最重要課題です。

初めてのかに通販ならば良心的な業者を探すのは大変なので、先に買った方に評判を聞くなどしてよかったと思える買い物にしていきましょう。蟹通販が一般的なものになった現在では、実店舗のグレードに劣らない蟹を購入できます。しかし、注文は簡単ですが、その前段階が大変です。
蟹通販の業者は昔と比べて大幅に数が増えていますから、慎重に選ばないと、美味しい蟹が味わえないということにもなりかねません。どこで買ってもいいというものではありません。新鮮な蟹を買うには、WEB通販に限った話ではありませんが、「産地直送」の業者を選ぶことが大事です。


どの業者から買うかで、味わいは大きく違うものになるのですから。産地直送の蟹が美味しい地域として、日本一の知名度を誇っているのは、北海道をおいて他にありません。北海道といえば海の幸のメッカ。
多くの種類の蟹が獲れます。


種類によっては北海道よりも別の地域が有名ですが、総合評価でなら、北海道に勝る土地はないと私は思っています。



しかし、そうは言っても、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースが少なくないので、ちょっとびっくりします。


蟹のシーズンは冬というイメージがありますが、蟹って特定の時期にしか獲れないことになっています。
省令で定められる解禁日に従って漁をしなければなりません。


無秩序な乱獲を防ぐためにも、越前ガニは毎年11月6日、紅ズワイガニは毎年9月1日など、解禁日が定められ、その日になるまでは蟹漁をしないことが定められています。

蟹の旬を逃さないためには、毎年の解禁日がいつか認識しておくことを意識してください。日本人の大好きな「蟹」。
新鮮でジューシーな脚の肉が絶品ですが、私は同じくらい蟹ミソも好きなのです。

蟹ミソの旨さを味わい尽くせる蟹にも色々ありますが、一番はなんといっても毛ガニでしょう。毛ガニのミソは甘くクリーミーな味わいで知られ、新鮮な蟹なら蟹らしい濃厚な味わいを堪能できます。



蟹ミソにほぐした身肉をからめて食べるのもまた美味しいです。お酒のアテにはもってこいの逸品です。かにの食べ放題というと、味がどうかという点で色々な方が色々な意見をお持ちのようです。

産地からの距離や、市場の充実度によって差が出てくるでしょうが、多くの話を総合すると、専門店で食べ放題を行っている場合、おおむねかにがおいしいという評判です。また、専門店でないお店で、かにの食べ放題を行うところもありますが専門店の味を越えることはないというのが常識です。

専門店では食べ放題でもいいかにを出しているところが多いので、ぜひご近所のお店を探してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:翼
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eorsmenhopkorw/index1_0.rdf