立ち呑み日記・女子トーク

August 06 [Mon], 2012, 16:52
スクールバスを待っている、朝8時過ぎ。
ただ今、9歳のムスメが、アメリカンスクールのサマーキャンプという夏期学校に通っているんです。
去年までは、日本の小学校に体験入学させていただいていたんですが、もう二度と行きたくないと、涙ながらに、いよいよ言い出した。
いよいよ、というのは、日仏家族の先輩オカーサンオトーサンのみなみなさまから、そう言い出す日が、学年が上がるうちに必ず来るであろう旨、知恵をもらっていましたからね。
なんとなれば、難しくなってきた授業の日本語が頭上を通り過ぎていくのみで、孤立しているような気分を味わわされる。
そこで、小学校にかわる何かないか調べていたところ、この夏期学校が浮上した、と、いう次第。
生徒は全員、普段は日本の小学校に通っている子どもです。
さてそういうわけで、いかにもアメリカ風に駅前でスクールバスを待っていたわけです。
日かげのベンチに腰をおろしていると、一人の女の子が、なんとなあく近づいてきて、ムスメの横に座りました。
あっちで描いてると男子がートのぞきこむからと、日なたの一団を指さして、開いたなりのートを胸にかかえる女の子。
ドレスに冠をかぶった王妃様の描きかけの絵が、ちらりと見えます。
女の子をと見れば、ムスメと似たような西洋と東洋の混合の顔立ち。
ハーフと、ムスメ。
うん、ハーフと、その女の子。
これだけで、お互い分かり合える部分があるのだろうなあ、と、横でそ知らぬ顔しながら、なんだかしみじみしちゃいましたヨ。
女の子は、イギリス人の父と日本人の母で、この近所の小学校に通っているのだそう。
あたしはね、フランスと日本と、ムスメも説明しています。
ちょっとなんとかしてえと、そこへ、純粋日本人の女の子が二人、まんざらでもない顔で走りこんできました。
男子に追いかけられてるの植木の向こうから、小柄な男の子がぴょこんと顔を出しています。
女子四名はすかさず友達協定を結んで、そろって男の子をからかいだし、ムスメもまた、みんなの口調を真似て、やいのやいの言っています。
これ、エリザベス女王の絵なんだと、男の子が退散したころ、イギリスのハーフの子が、ートを広げて見せました。
そっかエリザベス女王かー、ほんとエリザベス女王だー、と、絵を取り囲んで、純粋日本人の二人は口々に言います。
それをきょとんと聞いていたわがムスメ、エリザベスジョオー、ってなにウッソー知らないのーッ、と、素っ頓狂な声を上げる三人より、オカーサンワタシ再再婚ですがもっとのけぞっちゃいました。
イギリスの女王さま、と、イギリスの子が説明してくれると、あ、レーヌエリザベットと、ムスメは一人ごち、それから、何事もなかったごとく、バスが来るまで女子トークは続きました。
電車に乗るまでがまた暑いんですよねえ前菜は、水茄子の炒め煮、トマトサラ主菜は、焼き餃子、エビチリソース、ブロッコリーとグリーンアスパラの塩茹で
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eooax0sth4
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eooax0sth4/index1_0.rdf