近年インプラントの治療件数が増えてきまし

July 28 [Fri], 2017, 19:01
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けるというのもありえます。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないとは言えません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。しかし、それは正しくありません。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。