オギノ式で妊娠できる?

June 17 [Fri], 2016, 14:21
不妊治療(高額な費用がかかることも多く、女性の体に負担がかかることも少なくありません)で検査結果に特に大きな問題を見る事が出来ない場合、まず、一番初めに行うのが、オギノ式になりますね。精子や卵子(これまでは生涯でつくられる?が決まっていると考えられていましたが、近年では違う研究結果も出ているそうです)に明らかに問題がある場合、別の手段を講じなければならないのですが、そういったことがない場合には、とりあえず自然妊娠を試みるのが普通です。オギノ式とは、排卵前から女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の体温(脇の下や舌下、耳、直腸などで測定します)が上昇すると言ったリズムを利用し、基礎体温(継続して測ることで体の状態がわかるでしょう)をきっちり計った上で排卵日を割り出し、その排卵日にあわせて性交を行うというものになります。もちろん、これで成功する人もいるのは事実のようですが、なかなか成功しない人も多いのが現実です。不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)に訪れる女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の多くは、キッチリ基礎体温を計らずとも、あるていどはそういう事を実践してきている人が多いのです。結婚(最近は婚期が遅くなっている傾向にあります。昔は女性は24歳を過ぎると・・・なんていいましたよね。)したのが年齢の高い場合をのぞいては、結婚(豪華に式をあげたいという女性も多いですね。ウェディングプランナーという職業も人気です)直あとから不妊治療(冷え性の改善が良いとされますが、男性が熱すぎるお風呂に入るのは良くないようです)に訪れることはまずません。大抵は、結婚(最近は婚期が遅くなっている傾向にあります。昔は女性は24歳を過ぎると・・・なんていいましたよね。)後、数年間。最低でも一年間、こどもに恵まれない人が診察をうけるのが普通ですから、基礎体温(舌の下で測るのが一般的ですよね)を量ってオギノ式をとりいれたとしても、なかなか妊娠にはいたらない人が多いですね。また、オギノ式は病院側から性交の日付を指定され、それまでの期間は性交を控えるよう指導されますから、夫側が納得しないこともしばしば問題だと言えるのではないでしょうか。一般的に、オギノ式での治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は1回というわけではなくて、半年から一年程度続ける事もあるため、段々と夫の理解が得られなくなると悩む女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)も多いものです。いずれにせよ、本格的に不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)の第一歩と軽く考えたほうがいいかもしれません
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リョウタ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eolrafnobhwtei/index1_0.rdf