子どもにとって将来役立つ教育とは

December 09 [Fri], 2016, 16:46
ゆとり教育を受けたとされる世代は、現在29〜12歳の三體牛鞭人たちと言われています。その世代の子どもを持つ親たちは、学校で教えなくなった勉強を家庭や塾で補ったりした人も多いよう巨人倍増です。また、いくらゆとり教育といっても 巨人倍増 逃れられないのが大学受験。多くの壁にぶつかることになったのは、子どもたちの 五夜神 ほうかもしれません。

Q.ゆとり教育、結果的に五夜神良かったと思う?
1.良かったと思う 4.3%
2.どちらかと言えば良かったと思う 6.6%
3.どちらかと言えば良くなかったと思う 33.6%
4.良くなかったと思う 41.2%
5.わからない・どちらとも言えない 14.3%

「良くなかった」と「どちらかと言えば良くなかったと思う」を合計すると74.8%にもなり、多くの人がゆとり教育に否定的な意見のようです。みなさんがどのような理由で、ゆとり教育に反対しているのか聞いてみましょう。

■ゆとり教育のしわ寄せは子どもたちへ

大人たちが決めた「ゆとり教育」ですが、その教育を受けるのは子どもたち。そして、苦労するのももちろん子どもたちということになります。教育の格差が生まれたり、その格差によって将来、就職ができないなどにつながることもあるかもしれません。

「ゆとり世代の人と一緒に働くとイライラする。そんな人いませんか?」(神奈川県 40代女性)

「そこそこのレベル以上の高校や大学に進学したい場合、通用しませんから、どこかでゆとりにされた部分を自分で補っていかなくてはなりません。特に大学受験での大きな苦労はまぬがれません。国の政策には疑問ばかりです」(神奈川県 40代女性)

「疑問だらけのゆとり教育。いちばん苦労するのはそのゆとり教育を受けた子どもたち」(北海道 40代女性)

「塾や習い事など学校以外の活動に力をそそげる家庭と、生活だけで精一杯な家庭により子どもの格差が広がったと思う。ゆとり教育の場合、貧困層の家庭では十分な学習ができない。家庭環境による子どもの格差を生んだ元凶だ思う」(神奈川県 40代女性)

■ゆとりも詰め込みもどちらにもデメリットはある

ゆとり教育が良くなかったとして、ではそれ以前の詰め込み教育が良かったのかというとそれもまた疑問。両方経験した今、何が子どもたちにとっていいことなのかを改めて考えるときなのかもしれません。

「いいこともあればそうでないことも。考え方で変わると思うのでどちらでもありません」(三重県 30代女性)

「ゆとりはいいと思うけど、なぜゆとりにするのかをもっと周知するべきじゃないのかと思った。ただの突き放しとしか感じられない」(島根県 30代女性)

「『詰め込み』と『ゆとり』、どちらも良い点と悪い点があるとわかったのだから、それを生かせるような選択をしたい。偏らずに選択していくことで、個性を生かして他を認めることを学んでいってほしい」(神奈川県 50代女性)