探偵は探偵業法に基づいて営業しなくてはならない。

August 01 [Thu], 2013, 1:55
世の中には悩みを探偵社に依頼して解決しようとする人がいます。
探偵社では依頼があれば、調査対象者を内密に調査対象者に気付かれない様に徒歩や車両で張り込みや尾行をし、証拠を掴みます。
他には浮気調査やストーカー対策、DV対策、いじめ対策、盗聴器や盗撮器の発見や取り外しなど行います。
依頼するだけでなく、自分で探偵業を行いたいと考えている方もいるでしょう。
探偵業を行うには、勝手に行ってはいけません。
探偵業法に基づいて都道府県公安委員会に届出をしなくてはいけないのです。
また、探偵業法の中には依頼者に対して料金や調査期間、調査方法などを文書で説明する様にも定められています。
ですから、調査終了後に高額な依頼料金を請求するのは違法なのです。
探偵業法には罰則もあり、無届の場合は6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。
探偵業法がある事で依頼者を高額な調査料金や素人同然の調査方法など悪徳業者から守る事が出来るのです。
依頼者は都道府県公安員会に届出されている業者であるか、日本調査業協会へ加盟しているかどうかを目安に業者を選ぶと良いでしょう。
今から探すならコチラをオススメします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ふくふく
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eoiiyfo789/index1_0.rdf