アルビノタイガーオスカーで望月

August 21 [Sun], 2016, 17:24
改めて言うまでもなく、介護関係の代表職である医師と介護士ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。


大きく言うと、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したりそのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。

対する介護士の仕事は、医師の指導に則って、診療の補助をして、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。


ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったこともすべて介護士の仕事となっております。緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、目が回るほどゴタゴタする夜を過ごすこともあります。
介護士は喫煙者が少ない気がしますが、その印象は間違っておらず、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。介護士は病気の患者と接しますから、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識している人が多い状況だと見て取れます。



介護士資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、なんといってもブランクがあったとしても心配はいらず、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。その理由は、介護士は専門職という位置づけであることと人手不足であるということが大きくかかわっていると言えます。転職先も雇用形態も特に希望しなければ条件に合えば50代だったとしても、復職が可能です。

介護士として働いて、もう数年になります。
それで、気がついたことと言えば、介護士は喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。
タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方はまあ、お察しの通りです。


ちなみに酒豪が多いです。



あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、対人関係の問題や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。



一般的に介護士の多くが女性なので、人間関係のもめごとが多い職場も実は多いのです。

他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも間違いではありません。
どうやら介護士の世界においては、人間関係の難しさが際立っているといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。

俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。
それは協調性の高さの表われでもありますが、あれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。職場がそんな人間関係ばかりだとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。
そもそも介護士といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、介護や介護など、様々な場面で求められています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。
幸い、ネット上を少し見てみると求人サイト、それも介護士専門のものがかなりの数があるのです。なので、会員登録して上手く活用しながらぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。少し前までは、介護士は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、近頃では徐々に男性介護士も増加しています。
実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性介護士の存在は有難がられることも多いです。



年収については、女性の場合と一緒ですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。

介護施設で介護士として勤務している人の中には勤務する時間が不規則な上に労働環境の大変さによって他の仕事に移る人も結構いるということですが、実をいうと、介護士の資格を持っているとその他の仕事でも有利な方向に働くことが多いでしょう。

例を挙げると、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、男性から人気が高い介護士が、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。

具体的に調べてみると、介護士の結婚年齢は早婚と晩婚が極端に分かれていると言えますね。

晩婚になる理由を挙げるとすれば、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。病棟勤務に就いている介護士の勤務形態ですが、2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤をこなしていくことになります。


夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると現場から医師や介護士も減ってしまいますし、そうやって人がいなくなった夜中に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。
介護士の収入については、労働者全般と比べると、少なくとも平均年収においてははっきりと、介護士の方が額は大きいのです。

介護に関わる職場において需要はいつでもある訳ですから、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という大きなメリットがあるといえます。
収入が良いのは事実ですが、その一方で、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、介護士を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復した患者さんが退院していき、その上、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。それと、患者さんの家族や関係者の人にとても喜んでもらえた時など、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。

夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、仕事からやりがいを得られない場合は、辞めてしまおうと考えるだろうと思います。
離職率が高い職業として介護士が有名ですが、結果的に転職率が高いと言えます。

こうした流れを受けて、介護士専用の転職サイトが増えています。

このような転職サイトを活用すれば、手間なく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の介護士にぜひ利用してもらいたいです。



どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを一緒に活用することをお勧めします。基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは働いている職場で各自違うようです。3交代勤務の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日出勤や平日休みも普通です。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。


昼夜を問わず介護施設で働き患者の状態を見る必要のある介護士は絶対に夜勤が必要になる職業です。



具体的な時間帯ですが、その介護施設が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。

2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。


対する3交代勤務の夜勤では夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。応募する介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。

新卒や既卒で介護士としての就職先がなかなか見つからないという方は、年齢が原因になっている可能性があります。求人において年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、介護施設が裏で採用の年齢を決められていることも、珍しくないのです。具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。
24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、介護士があります。

外来の介護士ならば夜勤がないこともあるようなのですが、一般的には病棟の方が必要な介護士も多いので、まだ勤務年数が短いうちはシフト勤務は避けて通れないと思います。


私の話になりますが、妻が介護士で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって悩みました。


多くの介護士が持つ悩みといったら、休日や出勤日が不規則な事だと思います。休日や休みの時間に簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるという悩みをよく聞きます。


他にも、介護士が不足している職場においては、簡単に休みが取れないという問題もあります。


規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な介護施設の求人を探してみるなど、転職を考えるのが良いでしょう。
一口に介護士と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的高給のイメージがあります。


場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、大変な面もありますが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均的に高水準を維持できることが見て取れます。

安定性といえば、介護士という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。これらの高給や安定性を重視するならば介護士は他にないくらい優秀な職業だと言えます。

ほとんどの介護施設では、介護士長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護部長の仕事をサポートしたり、介護士たちを指導する等、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。
課長職につく人物の収入が中小企業と大企業では全く違うのと同様に、勤めている介護施設の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。



そのほかにも、公立介護施設と民間介護施設ではまた違いますし、介護施設がある地域が年収に影響していることもあります。具体的には、最も収入の良い公立介護施設に勤めた時の年収は、おおよそ750万円前後だと推測できます。



例外もあるかもしれませんが、介護士として働いていると、やはり辞職を考えることも何度もあるでしょう。 仕事そのものの失敗のみならず時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。

そうはいっても、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることももちろんあります。



先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりといろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。介護士とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使という呼称があるほど、大体の場合には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。
けれども、介護士の現状はというと、収入としては決して少なくはありませんが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている介護士も少なくないのです。良い面だけを見るのではなく、現実問題として介護士の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。
介護士の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、結果として、求人が大変多いわけです。


今、働いている仕事場ではどう考えても給料が労働に見合わなかったり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、介護士が転職を希望するようになったわけは多様です。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。
介護士を志したのはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、介護施設を訪問し、そこでの介護士さんの働きぶりを見て感銘を受けたのがきっかけとなりました。


将来、仕事を選ぶとき、こんな風に働きたいと思ったことをきっかけに看護学校に行くことを決め、現在は介護士として勤務する毎日です。
いやなこともありますが、充実した日々を過ごしています。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、介護士は夜勤を交代制でつとめることになります。もちろん休みはとることができますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が大変多いようです。

特に子供ができると24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合は夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。
ですが、近頃は子供に手がかからなくなったため職場に戻ってきたりする人も少しずつ増え始めています。あまり知られていませんが、介護士で公務員になる方法があります。それは介護施設の中でも国公立の介護施設に勤めることなんです。

そもそも、介護士は専門的な知識や経験が求められ、安定した業種で勉強する人も多いのですが、さらに加えて、公務員の待遇もあればさらに安定した職業になると言えます。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのはなによりも嬉しいメリットですよね。

多くの介護士は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によってどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。
ここで気を付けたいことは、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて給料が少なくなってしまう事がほとんどです。例え年収が下がったとしても、今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。
介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、気になるのはその配属先ですが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるところもある一方、人員配置を担当する人の考え方一つで決められてしまうこともあるでしょう。介護施設側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、導き出された結果としての配属であるはずです。
ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯一
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eohrecgdokwoko/index1_0.rdf