オッターハウンドで瑠衣(るい)

June 20 [Mon], 2016, 2:44
妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。

実際に厚生労働省が正式に妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。
摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿、汗とともに体外に排出され、人体に留まって蓄積するという事はありません。


ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。実際には、そういう理由では無く、葉酸を過剰に摂取すると副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。



サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、指示された用法を守って摂取するようにしてください。
ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。
早く赤ちゃんを望む周囲の期待や時間的制約による焦りが不妊治療に通ううちに高じてくるというパターンもあって、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。


周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが不妊治療には大いに助けになると思います。



私が知る限り、妊活の際に一番、特に、注意が要るものと言えば、やはり普段の食生活(必要に迫られて、改善を余儀なくされることもあるでしょう)だと思います。普段から妊活を頑張っている方は、大げさかもしれませんが、本日にでも妊娠の可能性があるという理由です。ですから、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんがげんきに成長できるように備えておきましょう。
特に摂取を意識して欲しい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。
忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前から赤ちゃんを授かっているのです。いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。葉酸の摂取期間についてお話しします。

皆様ご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。
葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大変重要な期間という事ですので、オナカに赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。
ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合にはポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)があります。
葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。

加熱調理が避けられない場合には長時間の加熱は避けて、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。もし面倒だな、と感じる方は葉酸のサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)を活用するのが手間がかからず良いと思います。

胎児がげんきに成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、というところではサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体にとっても欠かせない栄養素なんですよね。
こうした点から、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。

皆様は、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性が行なうものだと考える方も居ますよね。


ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。
それが葉酸の摂取です。
流産や不妊におけるリスク要因は母体にあるばかりでなく、意外にも男性側の問題だというケースもあります。中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。妊活中の話ですが、産み分けについてまま友から教えて貰い、本で詳細をしりました。


一人目に男の子を産んでいたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。
本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。

その後、無事に妊娠し、性別が判明する時までは少し心配もしましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。



妹が出来た、と家族で喜んでいます。

葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればよいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも良いと思います。


しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益ないろんな働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で身体を健康的に保つことをおススメします。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進指せ、血液を作る力を強めるという働きがあります。


それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠しやすい状態を創り出すため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。

葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。

妊婦が摂取する事で胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素のひとつであると知られています。普段の食事で摂取出来るならばいいのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事で葉酸を補給するのも困難な場合もあるでしょう。


無理な食事は体調を悪化指せてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリ等の栄養補助食品を利用することで適切な量の葉酸を補給することが出来ます。

葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが適切な摂取方法だと言えます。


では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後30分以内の摂取が理想的です。なぜなら食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きを十分にいかすことが出来るでしょう。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。自治体から助成金が支給されますが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくケースが多いです。
40歳以上でママになっている人もいるのだし、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。かくいう自分もアラフォーですし、常に急かされているような気がして、落ち込むことが多くなりました。

一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取がもとめられる葉酸ですが、普段の生活を送っていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくることもありますよね。
こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのがサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)なんです。
普段の食生活(必要に迫られて、改善を余儀なくされることもあるでしょう)を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も安心できますよね。



妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのは日常の食生活(必要に迫られて、改善を余儀なくされることもあるでしょう)の中で摂取出来るのが良いと思います。

葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。


その中でも含有量が多いものは、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。

また、他にも納豆や枝豆などの大豆製品(納豆がダメなんて人も少なくないですね。



最近ではニオイを抑えた納豆も人気です)、ホタテなどの貝類も該当します。

このように葉酸をたくさん含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは大変だという方は、無理をせず是非、サプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)を利用してみてください。



サプリには、葉酸を初め女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、食事では摂りきれない栄養素を手軽に済ませられますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yu
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eognbtytheebih/index1_0.rdf