長期投資の銘柄選びの手順

October 21 [Thu], 2010, 16:54
スクリーニング
証券会社が提供してくれるスクリーニングという機能を使います。スクリーニングとは、検索条件を入力するとその検索条件にあった企業を選んでくれる検索システムです。
スクリーニングを使って業績に比べて割安な株を探します。
一般的なスクリーニングの条件(割安株を探す際)は、

* PER15倍以下
* PBR1倍以下
* 株主資本比率40%以上
* 配当利回り2%以上

といったところでしょうか。ただ、この水準が全体ではありません。株式投資の雑誌にもスクリーニングの条件などはよく掲載されているのでそちら参考にしたほうが確実だと思います。表示される銘柄が多いようなら、条件を厳しくしてもう1度検索しなおしてください。株マップ.COMなら無料で簡易スクリーニングが使えるので、どんなものなのか試すことができます。
 IR情報
企業数を絞ることができたなら、お目当ての企業のホームページに行きIR情報を徹底的にチェックします。まず見るところは、現預金が豊富にあるかどうかです。現金があれば、赤字になっても赤字額を吸収でき十分業績を回復することが可能だからです。流動資産が負債額(買掛、未払、借入など)を上回ることが理想です。次に見るのは、売上と利益が毎年伸びているかを確認します。詳しくは貸借対照表(B/S)を分析する、損益計算書(P/L)を分析するを参考にしてみてください。そして、最後に株価チャートを確認しましょう。ここで株価が緩やかでも右方下がりに落ちていたら、その株に投資するのは考え直しましょう。投資するのは、あくまでも株価に変動がないものか、右方上がりの銘柄にしましょう。