病院で看護師として働くために資格取得は絶

February 25 [Thu], 2016, 17:01
病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどの程度だと思いますか?看護師国家試験の受験生の合格率ですが、毎年90%前後ですから、決して低くありません。

試験そのものも、学校で勉強しておけば難なく合格できるものですから、特別に看護師の資格取得は難しいものでもないようです。

皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、とりわけ医療職に就く人たちがより多く輩出されなければならなくなるでしょう。

したがって、今日でさえも看護師が不足していることが指摘されているのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。

毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一因だといえます。

転職の際には、看護師であっても当然、履歴書が要りますが、気を付けるべきことが存在します。

注意すべきこと、それは履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望動機をいかに書くかです。

雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、成長に繋がるといったことや、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。

多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、勤めている職場の人間関係の問題や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。

看護師には女性も多いので、人間関係のもめごとが多い職場も多いのです。

また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。

転職し、環境の整った職場へ移るのも選択肢に入れておきましょう。

昔から、看護師は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。

医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など厳しい仕事も多いですが、別の業種の給料と比較してみると安定して高給だということが分かっています。

また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。

これらの高給や安定性を重視するならば魅力のある職業だと言えます。

一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。

とはいえ、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。

多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。

実際に、こうして働いている看護師は多いです。

様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として出戻り就職をする人も少なくありません。

病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。

日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師はかなりの重労働をこなしているといわれています。

少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、看護師の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも納得できる話でしょう。

色々な働き方ができる看護師なのですが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。

しかしながら、病院における看護業務の他にも、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。

つまり看護師であれば、病院ではなくても働ける場所は色々あり、ライフステージに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eo2oemphesc4ip/index1_0.rdf