ジャーマン・ショートヘアード・ポインターで松尾一彦

August 31 [Wed], 2016, 15:53
ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)にも様々ありますが、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)を下げる効果があると言われているツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)もしっかりと存在しているのです。それでは、血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)を下げるツボというのは一体何処にあるんでしょうか。まず、手の甲の親指の付け根付近に存在している「陽けい」と呼ばれているツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)です。この部分を、あまり強く押しすぎないように、気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)良いと思うぐらいの力で10回程押して刺激するのです。胃や腸の働きが活発化して、糖の代謝が良くなる為に、血糖をコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)する機能がUPします。手のツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)なら、気付いた時にいつでも刺激できるため手軽で簡単だと言われています。血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)を下げるツボは、耳にもありますね。耳の上半分の内側の窪み、その丁度真ん中部分に存在している「神門」と呼ばれているツボです。この箇所を、細い棒で10回程度、ちょっと強めに刺激するんです。精神を安定させる効果がありますので、血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)を上げるストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)の軽減や、ストレスが原因の過食を抑える効果のあるので、ダイエットにも有効だと思います。また、耳にはほかにも、耳の穴の頬寄りの入り口部分に存在している「内分泌」と呼ばれているツボもありますね。ここを刺激してあげる事で、ホルモンバランス(何といっても、生活習慣を改善することが正常に整えることに繋がるでしょう)が整えられ、インシュリン(細胞膜に存在しているインスリン受容体と結合することで、ブドウ糖が細胞内へと取り込まれるでしょう)の分泌も正常になると考えられるのです。耳のツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を狙い撃ちで刺激することが困難なようの場合なら、耳全体をマッサージ(厚生労働省の定義では、「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」なんだそうです)しても効果が期待出来ます。ツボを刺激しながらも劇的に血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)が下がる訳ではありませんが、いつでも簡単に行えますので、日常の生活に組み込んでみて下さいね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enwntr8nu9osno/index1_0.rdf