突然の訃報、永六輔ちゃんの記した詩がすごかった!

August 17 [Wed], 2016, 18:12
今月7日に作詞建物の永六輔ちゃんが亡くなりました。突然の訃報に悲しみが広がってある。様々なモデルがレヴューを通して、永六輔ちゃんの品格や知を再確認しました。

有名な曲の歌詞といえば「上を向いて歩こう」ですよね。邦人なら誰もが知っている名曲だ。「スキヤキソング」として世界中でも大ヒットした名曲だ。

「ようこそベイビー」も有名ですよね。演歌の大御所、北島三郎ちゃんには「帰ろかな」を作詞して大ヒットしました。

他にも「素晴らしい湯ですな」「遠くへ行きたい」など一度は聞いた実例起こる曲ばかりですよね。昭和の名曲に永六輔ちゃんの作詞ありって言わしめるほどだ。

作詞建物の他に美術家として奮戦され、94時に発表した「大往生」は200万部を超える大ミリオンセラーになりました。のちに2002時に亡くなった婦人昌子ちゃんを2人の乳児って自宅でみとり、その想定を書いたのが「婦人の大往生」だ。他にも「職人」「父兄といった子供」「コメディアン」などの著書があります。

諺も残されてあり皆の心掛けました。たとえば、「生きているは、誰かに借りをつくる実例。生きてゆくは、その借りを返してゆく実例」こういう言語には自ら生きている人はいないに関して、人は人によって生かされているんですね。他にも「いいですか、カップルったってアカの人ですよ。アカの人友達が起こす神さま、それがカップルというものです。」などを残してある。永六輔ちゃんの言語には不思議な引力があり、皆を惹き塗り付けました。これからも皆に影響を与えていくと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Naoki
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enwbcetyrutnae/index1_0.rdf