クロイトトンボでエクスデス

July 09 [Sat], 2016, 13:11
介護士がかぶる帽子というのは、介護士になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。

料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。ですが、ここ数年の間に少しずつ介護士の制服も変化してきており、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。

髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは物悲しく思えますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。一般に高給取りだとされている介護士ですが、その給料は大介護施設や個人介護施設など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。そして、気になる退職金は、地方公共団体などにより開設された公立介護施設、または国立介護施設であるなら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、納得のいく額が支払われることになるでしょう。一方、個人経営の介護施設になると、個々の介護施設によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。

勤め先が公立介護施設の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は介護施設次第ということです。
介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子持ちの介護士からすると大きな不安要素となり得ます。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を実施している保育所を利用したり、介護施設に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。

それでも、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。



ですから、パートとして働くことにシフトするという介護士もかなりの割合で存在しています。介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、どこに配属されるかは大変気になりますが、100パーセント希望通りにしてくれるところもある一方、人員配置を担当する人の考え方一つで左右される場合もあるかもしれません。配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、導き出された結果としての配属であるはずです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。

介護士の資格というものの最も強みとなる点はというと、何てったって、働いていない期間が長くあったとしても、また介護士に戻れるという点です。
なぜそのようなことが可能かというと、介護士の職業が専門職であるからという理由と人が足りていないことが根拠として挙げられます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ時と場合によりたとえ50代でも介護士として再就職が出来るのです。


少子化や高齢化のために、介護施設などの介護の現場で働く人々がもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。そういった理由で今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、いまだに介護士不足が叫ばれているのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが原因として挙げられます。

少々手間もあるのですが、利点が多い介護士の能力評価については、近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。
個人ごとの能力を測ることを目的に、指標をはじめから作っていったところもあります。



そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、一年に一度だけということもあります。

自分の能力評価を受け続けることで、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。

また、高いモチベーションを保てます。
常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。



それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。


みなさんご存知のように、介護士の休日については職場によって違うのです。

とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトを組んで働きますので、休日勤務や平日休みになることが普通です。大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと休日を好きに設定できるというメリットがあるので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。


常日頃、介護士とて奮闘していて、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。

そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。

ちなみに、それほど激務でもない診療科としては、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。
しかしながら、介護機関の種類や、症状がどれくらの患者さんを受け入れる介護施設なのかにより、仕事の内容は全く変わってきます。
今どきの交代制勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、介護士の仕事がありますよね。勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、介護士経験が浅い間はほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。
妻が介護士としてシフトに入っていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって困った事を覚えています。実は、介護士にはちゃんとした階級が存在するのです。

階級のトップからいえば、職場によっても違うのですが、大抵は総介護士長や看護部長と呼ばれている人たちです。

どのようにして階級を上げるのかというと、長い間同じ介護施設に勤めて実績を残しておき、一目置かれ、認められるような存在になることが重要です。


もちろん、階級が上がればその分、高い収入を見込めます。



他業界の労働者と介護士を収入の面で比較してみると、平均年収という点ではなんなく介護士が上回りました。
慢性的に人手が不足している介護分野では需要はいつでもある訳ですから、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの専門職らしい長所もあるのでした。ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、介護士を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。


昔から介護士さんになるのが夢でした。ですが、家庭の事情があって結局OLになりました。
ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。無資格でも看護関係の仕事に就くということも考えましたが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、介護の現場で看護助手としての仕事をしながら資格も取れるそうなのです。
夢だった介護士の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。
初めて介護士の就職先を探してみても見つからず、上手くいかない場合は、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。
求人において年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、事情によっては介護施設側が独自に採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。

中でも、30歳以上で未経験の場合、難しくなります。

ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる介護士の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、わざわざ改めて、介護施設まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。そしてまた、患者さんのご家族にとても喜んでもらえた時など、大変に感動したりします。



よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、退職したいと願い、悩んでしまうと思うのです。

交代制で働く介護士の、勤務終了前の大事な仕事として、多くの介護施設では、申し送りを行っています。



その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、看護の業務に必要な諸々について直接、顔を合わせて報告説明する決まりです患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも大事なことになります。

私の知人は介護士として介護施設で働いていたのですが、ある病気の治療のために介護士を辞めました。

でも、体調が良くなったら、すぐに現場に戻り、介護施設で介護士としての仕事を続けているのです。空白期間が出来ても、役に立つ資格があったら比較的復帰が楽になりますよね。


普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、忙しさのあまりに介護士の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。

ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


そういう介護士の仕事を続けていると、それなりに介護についても学んできて、詳しくもなりますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、そのうち、自身の身体や健康のことなども異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。

それだけではないにしろ、介護士を志望するモチベーションの一つとして外せない理由の一つに「給料が高い」ということがあります。例えば、一年目の給料で見てみても同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、収入が高めだといえるはずです。しかし、給料を多くもらうということは、その分、研鑽に励み、患者さんに返していかなければなりません。


介護士というと介護施設に勤めているイメージがありますが、介護士の求人がある勤務先に保育園もあるのです。保育園に勤めるということで、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は適任の職場だと言えます。

仕事の内容は、園児の体調管理と共に、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする責任のある仕事だと言えます。



出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。



そんな風に、戻ってこられるかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。


例を挙げるなら、結婚や転居、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。
こうした形で復職する介護士は、確実に増えています。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻ってきて、働く人も増加中です。社会に出たばかりの新卒介護士や、転職によって新しく働きだした介護士に、残業したことによって支払われるべき給金が未払いになることがあります。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、雇用された人の経験やスキルは関係なくはっきりと労基法に違反しているのです。

残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、せっかく働いたのならその時間分、働いた人に支給されるべきでしょう。介護士にとってやはり辞職を考えることも何度もあるでしょう。 仕事そのものの失敗のみならず時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。しかしながら、嬉しく感じることや、介護士として働き続けたいという風に思う日も多いです。

元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。ハードさで知られる介護士の仕事です。



そのため、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。



勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。
基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと疲労はたまる一方であり、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、身体に無理をさせているのかも、と実感してしまうことはあります。
近年、相次ぐ介護施設の統廃合によって医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。


夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患にも応じなければならないので、たくさんの介護士がとても大変な思いをしているという現実があります。


男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている介護士も多くいるということは納得できる話でしょう。介護士試験合格に向けて学ぶ場所として大学あるいは専門学校があり、介護士を目指す場合、どちらかに入ることとなります。まず、大学はどういったところかというと、最先端の介護について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。
そして、専門学校の場合は、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。一口に介護士といっても、その職場は多種多様で、総合介護施設から地域の診療所まで、規模が随分違います。また、介護施設や保育園も介護士の職場と言えるでしょう。



一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、その点は介護士にも同じことが言えます。総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では収入に差が出てしまいます。こういった事を考えても、一口に介護士といっても、平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。

知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語に「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。食事のために休憩するということを働いている他の人にわかってもらう目的で現場でよく使われています。ちなみにエッセンとは何かといいますと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。
介護の現場においては、介護先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、そんな時代の名残ですが、とにかく便利に多用されているようです。介護の現場に携わる仕事とあって、介護士はなかなかリラックスできる暇などなく、これが続くとどうしても強いストレスを経験することになります。

なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、精神的なきつさも感じることになります。


ストレスを和らげ、自らをケアする手段を探し出せるかどうかというのは、介護士というハードな仕事を続けていくためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒヨリ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enuitcltacoaef/index1_0.rdf