さらにさらにDVD 

2005年04月12日(火) 3時38分
「アメリ」
「オール・アバウト・マイ・マザー」
「Shall We ダンス?」
「アイ・ロボット」

ここのところ借りたDVDまとめ書き2 

2005年04月06日(水) 3時43分
まえから気にはなっていた「ファインディング・ニモ」
きれーいいい!!!やー、もぐりたいもぐりたい〜。そして結構笑えた。エンドロールでニモパパが木梨憲武でびっくりしつつ、納得。いいお父さんの声だなあ。となりのトトロの糸井さんもよかったけど、木梨のお父さんもアジがあってよい。
なんとなく「アイ・ロボット」
結末が読めそうと思ったけど、面白かった。
映像もきれいだったので、ニモもアイ・ロボットともやっぱり映画館で見た方が良かったなあ。

ここのところ借りたDVDまとめ書き1 

2005年04月06日(水) 3時18分
レンタル半額やら一本100円やら、訳の分からないキャンペーンに踊らされて無駄にレンタル。
でも、あいかわらず「ラブ・アクチュアリー」が借りられない〜。

隣の人に勧められて(?)「saw」
最近見た中では一番面白かった…でも、痛い〜痛いよ〜。よくこんな痛い映像作ったもんだ。どこの批評家かは忘れたけれど、脳内拷問とはよく言った。一人で見なくてよかった…。フォーンブースがあっというまに霞んだ。
雑誌批評で気になった「女はみんな生きている」
パリの町並みの懐かしさも良かったけれど(なーんて語れるほど滞在してないけど)、見終わった後の爽快感は良かった。特にノエミがどんどん覚醒していって、逆に状況をコントロールしていく下りは、痛快。また、デジタル撮影の為か、映像がやたらと鮮明で、最初はフランスロケのカサスを見てるかのような気分だった。
ネットサーフィン中の批評から…「タクシードライバー」
最初は面白かったんだけど…時代が時代だからなのか。デニーロがただのヤバい人にしか見えなかった。
店頭で気になっていた「世界で一番不運で幸せな私」
タイトル・ジャケットの解説から、じらし系アマアマ王道ラブストーリーかと思いきや、微妙にハズした、切なめ恋愛もの。映像もファンタジックなシーンがムリなくとけ込んでいてきれい。エンディングがよかった。「女はみんな〜」といい、フランス映画面白い!

本日のDVD 

2005年03月25日(金) 3時15分
…ジェリー熱もどこへやら。あっというまにコリン・ファースが浮上してきたものの、お目当てのラブ・アクチュアリーはすべて貸し出し中だったので、他いろいろと計4つレンタル。
昨日は火曜日半額サービスが廃止になってて悲しかったが、今日は会員半額でー初日で気合いも入っちゃったか大量レンタル(わたくし的に)。
とりあえづ、前から気になっていた「フォーン・ブース(監督:ジョエル・シューマーカー/演:コリン・ファレル)」
うーん。結末は見えるし、インパクトも今イチ。楽しめたと言えば楽しめたけど、後になっても思い出せるかどうか怪しい。メイキングの方が面白かった。
「ビューティフル(演:ミニー・ドライバー)」
話しは読めても、やっぱりホロリとさせられる。ミスの登場シーンに、みんな各地区ゆかりの衣装を着て「I’m every woman」を歌ってるのはかわいかった。のに。ミニーの見せ所は恐かった…。それにしても姉さん、でかい〜…いろいろと。
前から気になっていた「「アトランティス(監:リュック・ベッソン)」
おおおおお、美しい〜。天地を逆さまにして構成する画面も、エリック・セラの軽快で神秘的な音楽と相まって、独特の雰囲気が出ててよかった。
プチ・ブリティッシュブームのノリで、
「トレインスポッティング(監:ダニー・ボイル/演:ユアン・マクレガー)」
うわー、久しぶりに見た。こんな話しだった?よーな気もするが…結末を今イチ覚えてなかったので、ぼけてたピントが、やっとあった感じもする。
割と面白かったけど、新しく、メジャーになってゆくたびに、つまんなくなっている気がしますが?…「28days」(だっけ?)も一応見てみようかしら。確認の為に。

本日のDVD 

2005年03月15日(火) 3時08分
真珠の耳飾りの少女(girl with parl earing)
コリン・ファース目当てにレンタル。官能的で切ないところは良かったんだけど、途中コリンがただのストーカーに見える箇所あり。エンディングがとても大人。

ベッカムに恋して(bend it like Beckam)
ジョンサン・リース・マイヤーズ目当てでレンタル。
意外と面白かった。ジョナサン、普通の役できるんだー、と思いきや、やはりエンディングでちらっとエキセントリちっくな気配が。

本日のDVD 

2005年03月09日(水) 0時01分

○オペラ座の怪人(チャールズ・ダンス主演)
オペラ座の怪人に興味を持つ、そもそものキッカケになった海外ドラマ。偶然見たNHK総合の放送にはまったものの、日本のビデオは既に廃盤。それでもしつこく想い続けて、NY旅行中にDVDを手に入れてみたら、ろくろく聞き取れない英語力と乏しい想像力の前にあっけなく撃沈→お蔵入り、になっておりましたが。やー、買っといてよかったよかった。
やっぱり、おもしろいし、映像もお品が良ろしいし、カルロッタは最強だし。
しかし、ラウル(フィリップ)の登場シーンや、お船のシーン(ALW映画版はいつひっくり返るか、ぎこちなさにハラハラするんですが。映画じゃリモコンで動かしてもらえなかったのかしら。チャールズ・ダンスはお船を漕ぐのもお上手)やら、そう言えばクリスティーヌをベッドに寝かしつけるシーンも、ALW映画版で被るシーンがチラチラ見えるのは気のせいか。


○オペラ座の怪人ーパーフェクトガイド付録DVD
購入後、一度通して見たはずだけど、改めて予告編の映像を見てびっくり。
この予告編、話を微妙に変えてるじゃんか…。

ファントム:(オリジナル音声)Come, we must to return./(字幕)「一緒に行こう」
ファントム:(オリジナル音声)those two fools who run my theater will missing you.(字幕)「君は俺が守り抜く」

…え?何のおはなし?何のおはなしの予告編をつくろうとしたの?
私の記憶が間違ってなければ、そのシーンは
「ファントムにおびえたクリスティーヌを、劇場に返す直前」
というシチュエーションですよ?
「ファントムは、無事、クリスティーヌを魔の手から守り抜くことができるのか!?」みたいなお話しになってませんか?
いや、魔の手があなた様の役ですから。

短い予告の中でストーリーを伝える(気があったかどうかは不明だが)ために、台詞まわしがオリジナルと多少変わるのはアリだとしても、話まで変えるのはどうなの。
オフィシャル・サイトに堂々と「予告編」としてWMPファイルが貼ってあるってことは、映画館で流してたってことよね。JAROにはひっかからないのかしら。
まー、こんなチンケなこと気にするのは私ぐらいだろうから、別にいいんだけど。

ふいーん(泣)。 

2005年02月28日(月) 1時46分
通っていた英会話スクールが閉鎖してしまう〜(泣)。

遅刻はする、宿題はやらない放題だったけど、お国柄か、他所のスクールにはないクールな雰囲気が心のオアシスだったのに…。いまさらE○CやNOV○なんか行けないよう〜。

オペラ座の怪人(映画)初見時の感想覚え書き 

2005年02月25日(金) 1時53分
・クリスティーヌ…お前はエサを待つ池の鯉か。
・怪人が男前…てか、そのまま血を吸ってもモンダイなさそうなコスプレですね。(あながち外れてなかった)そして若いなあ〜。貫禄が足りんな〜、貫禄が〜。
・クリスティーヌはやたら露出が多い。チチ・フトモモは大安売り。
・その「間」はムリ!→クリスティーヌの仮面はがし
・外は雪…見てるこっちが寒いです、その格好。…本当に墓参りが目的か?
・なんか濃い怪人だなー、とは思ってたけれど「Point of no return」の衣装になったら、もっと濃くなった……わかった!誰かに似てると思ったら、マスク・オブ・ゾロだ。ラウルが墓地で負けてたら、Zマークが入ってた、とか?
…ロードの称号が夜泣きしてませんか、ロイド・ウェバー様。
(そういえばバンデラス氏はけっこう有力な候補だったそうで)。

結論:「怪人役の俳優は若すぎー」中堅のイギリス人俳優を持ってきた方がイイ!

…だなんて。一週間後に、よもやその怪人にハマるなんて、想像もしてませんでした。
(しかも「怪人役には某スネイプせんせー」とか、分けわからんチョイスをしていました。おお、恥ずかしい。…舞台見てから大分たってるしー。てへ。)

愛すべき映画。 

2005年02月23日(水) 23時53分
もし、地元で「オペラの怪人」が上演されてたら、多分通ってしまうだろうから、
・チケ代が1000円で(レディースでー)、
・毎回違ったアドリブは楽しめないものの、キャストによる当たり外れもなく(エラソーに)、
・生オケではないものの、会場を選べば音響設備もそこそこ具合がよい。
と考えれば、5回通ったぐらいたいしたことないさー…
たとえ、見るたび気になるアラが増えていこうとも。

だって、好きなんだもん。

そうそう。
「恍惚」と「配線切れ気味」の境目を漂うあの表情の原因は、どうも口の開き加減にあるもよう。
上の前歯だけが見える程度の開口だったならまだ品よく見えたと思うんだけど、下の前歯も見えちゃうと、いつ、よだれが垂れてくるかしらと思わずにいられないのだよ、クリスティーヌ。つられて怪人の口も開くしー。

続き:最近見たDVD(そして明日は) 

2005年02月23日(水) 2時46分
ドニー・ダーコ:
ふつーにおもしろかったけど、どっかの映画評(パッケージの裏か)の「カルト的な人気(やらなんやら)」見たいなコメントを読んでから見てしまったので、期待しすぎてたかも。あのウサギの仮面はコワイー。

明日は映画館のレディースデー。
惰性半分で5回目のオペラ座の怪人へ…。
人生何度目かの気●がい強化期間です。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:enu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる