就職活動における最高峰マニュアル

February 13 [Fri], 2009, 21:34
今日は、恐らく現在就職活動している全ての人にとって
最高峰の就活突破マニュアルをご紹介出来ることを嬉しく思います。


【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法



私が今まで見てきた、どのマニュアルよりも素晴らしい
内容であることは間違いありません。

何が素晴らしいかと言いますと、

まずは最初の段階で就職活動業界の全体像を、
本音の部分を全部暴露してくれています。


あなたは今までやってきた就職活動において
何か違和感を感じたことはありませんでしたか?


無料の企業セミナーや、リクナビをはじめとする就活サイトって、
なんで無料で使えるのでしょう?

実はここに就職活動における、学生の非常に危険な罠が転がっているわけです。

まさに、これを知ったうえで就職活動をするのか、そうでないのかで
天と地ほどの差になってしまうのです。


また、このマニュアルの最も良い点は
超大手のメーカーや、商社に内定した就活生の生の声が聞ける音声特典がついていることです。

誰もがうらやむような企業に就職している人と言うのは
他の人と何が違うのか?
これを聞けば納得するはずです。


とうぜんですが、
基本的なエントリーシートの書き方のコツから
難関のグループディスカッション、集団面接、


そして最も受験生が不得意とする1対1での面接を
突破するために必要な要素も、完璧に書かれています。


就職活動マニュアルの最高峰に位置することは間違いありません。


受験生がこれを知ってしまうことは、かなりの反則ですが、
就職活動において、他人よりも一歩進んだ対策と、業界の裏側を知っておきたいという人は
ぜひとも手に入れておいて絶対に損は無いと思います。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法


エントリーシートの極意

December 27 [Sat], 2008, 0:34
エントリーシートを書く上で最も重要なことはなにかわかりますか?
それは、志望動機がどうかということです。
自己分析をきちんと行っているのかどうかということと、志望している業界についてどれだけ詳しく調べているのかということも非常に重要です。
しかし、実際に社会に出て働けば、学生時代の経験などはほとんど関係ありません。
みんな1からのスタートなのです。その中で会社にとって必要な人物というのは、当然その会社にとって必要な仕事が出来る人物です。
エントリーシートの送り方や、添え状など、細かいことはたくさんありますが、絶対に志望動機だけにはちゃんと熱意をもって書きましょう。人事というのはいとも簡単に受験者の嘘を見抜きますよ。
また、エントリーシートだけでなく、面接の際にもこのエントリーシートに書いた内容(資格や特技、趣味、学生時代に頑張ったことなど)からいろいろと聞かれるので、こここに書いた無いようは絶対に自分でメモしておいて忘れないようにしましょう。

エントリーシートの見本

December 23 [Tue], 2008, 23:04
エントリーシートの見本についてはその業界によってやるべき対象と言うのが異なるため、一概にいえないものですが、一つ言うならば、エントリーシートに正解はない!ということです。
なぜなら、エントリーシートに書く内容というのは最初の自己分析と、業界研究がどれだけできているのかに全てがかかっていると言えます。
自己分析の基本は、ブレインダンプとマインドマップの作成です。
ブレインダンプでは、自分の長所から短所、自己PRとしてアピール出来ると思われるキーワードをどんどん紙に書いていって、とにかく全ての情報を出します。
当然、時には信頼出来る友人や、家族の方にでもあなたのブレインダンプを手伝ってもらいましょう。
また、全ての情報を出しつくしたら、マインドマップに情報をまとめていきます。
そして、そのなかから業界ごとに絞ってどんなことをエントリーシートに書くのかを決定するのです。
業界研究は、会社説明会で言っているような内容はほとんど無視してもいいでしょう。それよりもその会社で働いている人の生の声を聞かせてもらえるように最大限努力しなければなりません。
そして、業界研究と自己分析の両方が終われば、いよいよエントリーシートを書いていくといのが正しい方法です。
その頃には、もうエントリーシートの見本などなくても、すいすいと書いていけるでしょう。

エントリーシートの書き方

December 09 [Tue], 2008, 19:15
就職活動のはじめのほうに必要なことは、まずエントリーシートの書き方をマスターする必要があります。
誰しもがエントリーシートを書く段階でつまづくと思うのですが、まず重要なことは自己分析をきちんとする必要があります。これを怠って、いきなり企業のエントリーシートを書こうと思うと無理が生じるんですね。
この自己分析をきちんとしておくと、あとあとものすごく楽になりますよ。
そういうことをきちんとしておくことで、エントリーシートのキャッチコピーなんかも非常に簡単にかくことができるようになるんですね。
何をするにしても、準備は重要ですね。
私ははやい段階からエントリーシートの準備はしてきていたから、今内定をとりまくれて笑っていられるわけなんですね。