キムタクって英語大丈夫なの?
2007.08.22 [Wed] 13:36

キムタクこと木村拓哉さんが全編英語の映画に出演することが決まったそうです!ブラボー!!そして、その映画の主演はなんとジョシュ・ハーネット!ブ・ブラボー!!
っていうか、キムタクって英語喋れるんだ〜。すごいね。
もちろん世界進出を視野にいれている日本の芸能人の皆さんは英語の勉強くらいはしてるでしょうし、完璧に喋られなくともある程度の意思疎通ができるからオファーがあるんだろうしね。

奥さんの工藤静香さんは以前、個人家庭教師をつけて英語を勉強してたそうだからその影響もあるかもしれないね。

いずれにしても、日本から世界に通用するスターが育っていくのはうれしいことですよね♪
この調子で、いっつもキムタクじゃなくて他の若手俳優さんもがんばって世界の壁を越えて欲しいですね~。

−抜粋−
SMAP・木村拓哉(34)が、来年秋にフランスをはじめ全世界で公開予定の映画「I COME WITH THE RAIN」に出演することが21日、明らかになった。01年「パール・ハーバー」に主演したハリウッド俳優のジョシュ・ハートネット(29)が主演。日本、韓国、香港、カナダ、フランスなどから人気俳優が集う話題作。セリフもすべて英語。これで再びカンヌを狙う。
 ハリウッド俳優で、日本でも人気のジョシュ・ハートネットが主演。ほかに韓国のイ・ビョンホン(37)。香港のショーン・ユー(25)、フランスのトラン・ヌー・イェン・ケーら各国を代表するスターが集うワールドワイドな作品「I COME WITH THE RAIN」。木村は、“日本代表”として出演する。
 指揮を執るのは「青いパパイヤの香り」「シクロ」などでベネチアのグランプリなど世界の映画祭で高い評価を得てきたトラン・アン・ユン氏。しかも全編英語で撮影するというインターナショナルな話題作だ。
 トラン監督はドラマ「華麗なる一族」の熱演ぶりなど以前から木村に注目。今年、7月に来日し、木村と対面し「彼には輝くものがある」と感嘆し、木村に出演オファーを出した。木村も以前から監督の作品に強い関心を持っていたそうで、「またまた映画好きな監督に出会いました!自分も負けずに楽しみます」と熱演を誓った。
 木村は、寡黙で人間離れした雰囲気を持つ大富豪の息子・シタオ役。“現代の救世主”という設定。物語は、行方不明となったシタオ(木村)を捜索する私立探偵・クライン(ハートネット)が、追跡の中で連続殺人犯の記憶に悩まされるというサイコスリラー。物語を占う上で重要な役だ。
 撮影はロサンゼルス、香港などで10月中旬まで行われ、木村も今月初旬のフィリピンロケから参加。木村は初の英語作品にも、流ちょうなしゃべりで、監督と話し合いながら演技を練り上げた。各国の俳優を相手に堂々演技を見せた。
 来年秋にフランス、北米など世界で公開の予定で、日本での配給も調整中。カンヌ映画祭正式出品作となる可能性もあり、木村は「2046」に続きカンヌのレッドカーペットを踏むことになりそうだ。
 

ジェラルド・バトラーの新作映画監督決定
2007.08.21 [Tue] 11:16

ジェラルド・バトラーの主演が決まっている『ニューヨーク1997』のリメイク映画『エスケープ・フロム・ニューヨーク』の監督がとうとう決定したらしいです。
ジェラルド・バトラーが前作でも「カッコイイ!」と絶賛された主人公スネーク役を演じるということで、私もすっごく楽しみにしている映画です。
だから、監督にはがんばってもらわなきゃいけません(笑)。

ジェラルド・バトラーの前作「300」での迫力の演技や日本で彼の名を知らしめた「オペラ座の怪人」でのカリスマ性を見れば、彼が主役で成功することは間違いないでしょうがリメイク作なだけに、前作のファン達をも納得させるようないい映画にしてほしいですね。

−抜粋−
『300 スリーハンドレッド』のジェラルド・バトラーの主演が決まっているリメイク映画の監督が決まった。作品はニューライン・シネマの『エスケープ・フロム・ニューヨーク』(原題)で、『アンダーワールド』シリーズのレン・ワイズマンがメガホンを取ることが決まった。同作は、1981年のジョン・カーペンター監督映画『ニューヨーク1997』をリメイクするもので、巨大刑務所と化したマンハッタンを舞台に、囚人に拉致された大統領を救い出そうとするSFアクション・スリラーだ。バトラーがオリジナルでカート・ラッセルがふんしたスネーク・プリスキン役を演じる。

 

沢尻エリカの女王様ぶりCM?
2007.08.21 [Tue] 10:46

沢尻エリカの新CM「フランアロマティエ」が今話題だそうですね。なんでも、出演している沢尻エリカちゃんの七変化が楽しめるそうで。
沢尻エリカちゃんの七変化も楽しみですが、フランの新商品もこれまた楽しみ♪
いつも新商品が出るとコンビニにズラーっと並んでてどれにしようか迷っちゃうけど、夏もそろそろ終わりだし、チョコレートもおいしくなる季節かな?

相変わらず女王ぶり前回の沢尻エリカちゃんですが、この女王振りがいつまで続けられるのか・・・。いずれポイされちゃわないか心配ですね。

−抜粋−
“女王様”キャラで人気の女優・沢尻エリカ(21)が21日からオンエアの明治製菓「フラン アロマティエ」の新CMでフェミニン、エレガントなど7つの“ニューエリカ様”を披露している。CMは同商品の香りで次々に“七変化”するというもの。沢尻は「すべてが絵になる」と監督が絶賛する抜群の表現力で予定時間よりも3時間早く撮影を終えた。だが、“エリカ様”も健在。七変化では満足せず「カッコイイ男になって、街を歩きたい」と無理な注文?も出したとか。
 

飯島夏樹さん役を大沢たかおかぁ
2007.08.21 [Tue] 10:30

飯島夏樹さんのウィンドサーフィンを通して家族の絆を描く映画「Life 天国で君に逢えたら」で主人公である飯島夏樹さん役を大沢たかおさんがしますよね。
大沢たかおさんって私大好きなんですけど、映画の仕上がりはどうなんでしょうね?
飯島夏樹さんといえば、テレビの取材で広く知られることとなり、本も出版されてみんながそれぞれの飯島夏樹像を持ってるだろうから、演じる方としてもけっこうプレッシャーがあったんじゃないかな?

昨日はその飯島夏樹さんの41回目の誕生日だったそうで、主演の大沢たかおさんと奥さん役の伊東美咲ちゃんが海岸でサーフィン仲間たちとともに献花したそうです。

っていうか、大沢たかおさん。
ウィンドサーフィン仲間がこんがり日に焼けて真っ黒なのに、彼だけ肌が真っ白なんですけど・・・。
撮影中はそんなでもなかったのかな?

−抜粋−
肝細胞がんのため38歳で亡くなったプロウインドサーファー・飯島夏樹さんと家族のきずなを描いた映画「Life 天国で君に逢えたら」(新城毅彦監督)で、飯島さん夫婦を演じた俳優の大沢たかお(39)と女優・伊東美咲(30)が20日、神奈川・藤沢市の片瀬海岸で飯島さんに献花をささげた。

 前日(19日)は飯島さんの41回目の誕生日で、この日はウインドサーファー仲間約200人が集結。海に出た約50人は、大沢と伊東の合図で、太陽のような人だった飯島さんにちなみ、ひまわりを献花した。伊東は「夏樹さんの誕生日をこうしてお祝いできるのがうれしい」としのんでいた。25日公開。