久保山の土肥

May 06 [Fri], 2016, 22:32
ダイエット期間の間食は何があってもNGです。おやつで食べるものが、もしポテチなどではなかったとしても、摂取すれば太るという事実を頭に入れておいてください。

極端に我慢するのもいけませんが、一日三回の食事をきちんと食べて、あとは食欲をコントロールできるように体質を変えたいですね。
私は子供の誕生後、重くなった体を出産前の状態にもどすために、ダイエットと平行するかたちで生まれて初めて筋肉を鍛えました。100%母乳で子育てをしていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。


おかげで、半年ぐらいでほぼ前の体型に戻すことができたという結果になりました。



ダイエットには有酸素運動が効果的だと聞きますが、有酸素と無酸素の違いといいますか、区別ができません。

一般的に言われるのは、息が上がるが汗をかくほどではないというのが判断するようです。



でも、汗をかく状況は環境によっても変わりますよね。もっとはっきりとした違いがわかるとダイエットがしやすくなると思います。



年齢を重ねるにつれて、体を動かす機会も減り、基礎代謝が下がっていく気がします。

そのせいか、時間をかけてダイエットをしても、思うように体重が軽くなりません。やっぱり、体質を変えるところがスタートです。

そのためには、まず、体を温かくするために、生姜湯から取り掛かっていきたいと思います。寒い冬にはもってこいの飲料ですし、これがあれば代謝アップ間違いなしでしょう。
ついご飯の前にお菓子を食べてしまうことが多くてどうしようと思っている方はよろしければスムージーの置き換えダイエットをしてみてはいかがでしょうか。


スムージーを作るのに必要なのは自分の好きな食材をミキサーにかけることでも作れますし、通信販売などで専用の商品を購入するのもいいでしょう。

スムージーをおやつや主食に置き換えて飲むことで効率的に痩せることができるんです。スムージーを噛んで飲むともっと効果が出ますよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Eita
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enspaahmtrigoe/index1_0.rdf