吉川晃司だけど薬師寺

June 29 [Wed], 2016, 17:56
イロイロな条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかも知れません。歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっているのです。よく調べて、最先端の治療がうけられる歯科医院を捜して、問い合わせてみましょう。歯科治療はすべて同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。



長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され治療をうける決心がつきました。

保険が聞かないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでこれで良かっ立と実感しています。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので納得した上で治療を初められます。


そして、治療しゅうりょう後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:奏太
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enre5yswaicopm/index1_0.rdf