ヒシバッタで浅香

February 27 [Sat], 2016, 18:30
看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考えて迅速に行動することが重要です。また、どんな点を重視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来の自分をはっきり想像して、その希望が叶えられそうな転職先の情報を集めてください。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も数え上げておきましょう。看護師免許を得るには、何通りかの道すじがあります。看護師免許を得るためには、国家試験受験の必要があるのですが、すぐに受験することは認められません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護について勉強する必要があるのです。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊な上に、職場によっても異なってきます。体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方が人気があります。看護師の勤務しているところといえば、病院だと思うのが一般の考えでしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも多々あります。保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の職務です。それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。高校に入った時点で衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最速で看護師になれるでしょう。しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは簡単ではありません。それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、試験までの期間が短いために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。看護師国家試験に合格するよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年してしまうようです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。看護師の資格を得るための国家試験は、1年に1度行われます。看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を推移しています。看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できる国家試験です。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとれることになっています。国の指針では、月に8回までとされていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。病院における看護師の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になりやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつと考えられます。産業看護師とは一般企業に勤務する看護師のことをいいます。看護師といわれると病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室などを設置している企業もあって、そこで仕事をしている人もいます。具体的な仕事内容やその役目は働く会社により、様々ですが、社員の健康を守り、そして、管理するというのはどの企業でも行う仕事と思ってください。修学旅行やツアーなどについていって、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。結婚していて、子供がいたりする人は土日に休むことができたり、夜勤がない職場を望んでいます。病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuto
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enouohwe4nnsjn/index1_0.rdf