709号「江戸城開城」

October 15 [Sat], 2011, 14:15
今が、ますます幸せだと気がツクには709号
江戸城開城
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
豊臣秀慶が、大政奉還した後
大名の中心になったのは
豊臣家よりも、石高で凌いでいた
徳川家でした
徳川家は、15代藩主として
英明と期待されていた徳川慶喜が
就任していて
豊臣家の代わりに
大名、大名議員の中心になっていたのです

また、そんな徳川慶喜を中心とした大名は
西郷隆盛首相がしている露骨な大名苛め
藩の赤字を、藩の当主である大名に
押しつけるやり方に
反発していました
対決姿勢になっていたのです

それで、本当は、禁止されている事ですが
徳川家康が、絶対にしてはいけないと言っていた事ですが
裏から、西郷隆盛首相に敗れた
小栗上野介を、動かして
議員達に働き掛けさせて
西郷隆盛首相の藩の財政健全か法案に
反対の姿勢を示していました
このままでは、大名は、存在しなくなると
焦っていたのです

でも、そんな徳川慶喜の態度は
当然、西郷隆盛首相達の反感を買いました
徳川慶喜が、大名は、議員達の内閣に対して
一切、口を出さないという決まりを破るなら
叩き潰すまでだと言う事で
大きく対決姿勢に成っていたのです

しかも西郷隆盛首相は
各大名の影の働きで、
大名に選ばれた議員の中には
法案に、反対する議員が増えて
否決される恐れが出ると
ある強引な手段を実行しました

何と、西郷隆盛首相は
徳川家の本拠地、江戸に
薩摩の藩士を潜入させて
狼藉を行って
徳川の武士を怒らせて
徳川家の武士が
薩摩藩邸を襲わせるようにしました
徳川家の武士達に
武力を使わせて
政治の戦いから、武力の戦いに
持って行こうとしたのです

その上に、その西郷隆盛首相の策は
見事に成功しました
徳川慶喜は、そんな西郷隆盛首相の策を見抜いて
徳川の家臣団を必死で抑えていましたが
人望のない、徳川慶喜では
家臣を抑える事はできなくて
遂に、薩摩藩邸焼き打ち事件は起きてしまったのです

また、それに待っていましたと
西郷隆盛首相は、敏速に動きました
これは、政権に対する
徳川家の反乱だと言う名目で
日本軍を動かして
一気に、江戸に向かいました
江戸を制圧しようとしたのです

でも、これに対して
驚いたのは、徳川慶喜でした
徳川慶喜は、西郷隆盛首相が
そこまでやるとは思っていなかったのです

だけど、こうなったら
徳川慶喜には、もうどうする事もできませんでした
徳川家と、政府の日本軍では
最初から勝負にならない事は
誰にも分かっていました
武力が、違い過ぎるのです

それで、徳川慶喜は、江戸城に集まっている家臣を
ほっておいて、江戸城を去ると
上野の寛永寺大慈院において謹慎してしまったのです

だけど、それでも、西郷隆盛首相は
徳川慶喜を許そうとはしませんでした
ここで、徳川家を完全に潰して
多くの大名の見せしめにしようとしていたのです

しかし、それに、公然と反対した人物がいました
それが、徳川慶喜から、後を任された勝海舟元首相と
今度、3期を終えて、浪人になっている坂本龍馬元議員でした
二人は、他の多くの議員も引き連れて江戸に入ると
西郷隆盛首相と交渉に望みました
西郷隆盛首相に、徳川家をどうするのか
明確な答えを求めたのです

だけど、西郷隆盛首相は
そんな二人を無視して、日本軍を
江戸に入れて
江戸を制圧しようとしました
その後、勝海舟、坂本龍馬に会ったら
何も言えないと思っていたのです

でも、勝海舟元首相は、江戸の火消しに
江戸の町を焼き払わせるという大胆な策で
さすがの西郷隆盛首相も、日本軍を江戸に入れられませんでした
もし、大阪に次ぐ、第2の都市江戸が焼の原になったら
西郷隆盛首相の責任問題です
大名達に恩を感じている議員達によって
解任されるのは間違いありませんでした
これには、西郷隆盛首相も、参ってしまったのです

それで、駿河の国の駿府城で
西郷隆盛首相と勝海舟が、1対1で会談して
江戸城開城の手筈と徳川宗家の今後などについての交渉を行い
江戸城にいる徳川武士は、全部追い出して
一旦江戸城を解放する事と
徳川慶喜は、最初から、政府に反乱する意志派はなかったので
その罪は、問われずに
大名の地位を放棄して
上院議員になる事で、決着をつけようとしました
一端は、話は、それでまとまろうとしていたのです

だけど、この時に、大久保利通内務大臣によって
大きな横槍が入りました
大久保利通内務大臣は、西郷隆盛首相に強く進言して
徳川家から、江戸城を奪い、相模と武蔵の国を
完全に召し上げる事を提案しました
この二カ国は、完全な国の領土して
上院議員になった、徳川家が
他の家の上院議員のように
国元に大きな影響力を持てないようにすべきだと言ったのです

しかも、大久保利通は、西郷隆盛首相に
江戸城に、京都にいる天皇が入る事を提案しました
天皇を京都から移す事で
京の公家や関白の豊臣家からも
天皇を離す事を提案したのです

それで、西郷隆盛首相は、これを強引に
勝海舟、坂本龍馬に呑ませようとしましたが
徳川家の家臣だった、勝海舟は
それでは、徳川家の面目が立たないと言って
絶対に認めようとしませんでした

しかも、それに、勝海舟と一緒に来ていた
坂本龍馬も同調して
西郷隆盛首相が、強引にそれをしようとしても
自分が、自分の同志の議員と反対して
絶対に、過半数は与えないので
この法案は通さない
西郷隆盛首相の今回の行為を
命がけで糾弾すると脅しました
二人は、死ぬ覚悟だったのです

それで最後には、西郷隆盛首相も折れて
相模と江戸城の周辺という事で
最終的な決着がつきました
江戸城は、無血で開城される事になったのです


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、魂からの本当の幸せを得られるように
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供しています
その上に、読むだけで、不可思議なエネルギーが得られ
読んでいる読者の背景にいる存在が
どんどん救われています
皆さんも、多くの霊達や御霊達を自然に救えているのです
そんなすべての魂を癒す、ある究極のすごいエネルギーも届けているのです
今は、肉体意識なので分からないと思いますが
きっと、あの世に帰ったら分かります
ものすごく感謝されると思います
是非、俺を信じて、どんどん読んで下さい
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズバックナンバー
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/bn.php?mag_id=3


縁の花ポータルサイト
http://ennohanapts.seesaa.net/
(縁の花サイトの窓口です。すべての縁の花のコーナー、ブログ
済度のサイト、縁の花が、支縁させて頂いているサイトを
分かり易く紹介しています)
よろしかったら、一度は、見て下さいね