富澤が寺下

January 13 [Wed], 2016, 18:53
看護師の人間関係は、構築が難しいということも、しばしば言われるようですが、どうやら、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。それは協調性の高さの表われでもありますが、そうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。慣れていないと、そんな環境に少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこのイベントに参加する看護師の方は少なくありません。女性の多い職場であるため男性と出会う機会が少なく、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。街コンの場面でも、看護師は人気があります。とは言え、もし、恋人同士になれたとしても、勤務形態が不規則なせいで、結局は別れてしまうケースが多いそうです。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、考慮され、それを活かせる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。そうなるとつまり、夜勤をぜひ希望したいということなら、まず間違いなく、病棟で働くことになります。そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで多くの仕事がある看護師ですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、きちんと交代する看護師に伝える必要があります。簡単に済んでしまうようなケースも少なくないですが、医療的に重大な処置に関する申し送りは安易な気持ちで申し送りできないものです。看護師の場合は安定していると思われることが多く、ローンの際も、往々にして、簡単に審査に通りがちです。ですが、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合には注意しなければなりません。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正規の職員として雇用されている安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、様々な他職業と比べても、けっこう良い給料をもらうことができます。人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。夜勤を通常より多く入れている人ですとか残業を厭わずに長時間こなす人の給料をみると、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。殆どの看護師に共通する悩みといえば、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりするケースが多いようです。または、昨今の看護師不足の影響から休みを取る暇がないケースもあるでしょう。きちんとした休みを望むのであれば、日勤のみで働ける病院であればそれが可能ですので、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、結局のところ、たとえブランクがあったとしても、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと現場の人手不足の問題が根拠として挙げられます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それに加えて外来勤務においては、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、人気のある診療科や医師のいるところでは多くの患者で待合室がいっぱいになり、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。近頃は、ますます看護師は不足気味です。かつて看護師資格を取得したけれど、看護師として働いていない人も多くいます。では、看護師不足の原因はなんでしょう。それは、結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。女性の方が多数を占めている職場ですから、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。看護師の勤務先は、クリニックや病院の他にも存在します。数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも看護師の働けるところは十分にあります。グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、気を付けて接する必要があります。様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師は職場としてグループホームを選ぶということもいいのではないでしょうか。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、看護師が把握しておくべきことについての諸々をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて伝えることになっています。大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話す努力が必要です。また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うことも大事なことになります。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、業務時間以外にも仕事が多くあり、残業を強いられることがままあります。とはいえ、いかに多忙で、疲労困憊でも、常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもぱっと笑顔を作れるのですから看護師のその様子はまるで女優のようです。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、やはり、転職率も高いことが挙げられます。こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが増えつつあります。こうした看護師専用の転職サイトであれば、もっと簡単に希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを参考にしてみるのが良いでしょう。看護師も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと昇進します。階級として、婦長などは比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。最近では、学生やパートの看護師も増加しているため、国家資格を持った正看護師の立場では役職的には上の立場になるわけです。当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。一口に看護師と言っても、部署が違えば、看護師として必要になる技術やケアなど、看護の方法が違います。ローテーション研修は、看護師にとってひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。また、多くの意見を参考にしながら総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、やる気も湧いてきます。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重くなかなかリラックスできる暇などなく、そのために多くの看護師はストレスに悩まされます。つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、心にも大きな負担がかかるということになります。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を持っているということは大きな利点であり、看護師というハードな仕事を続けていくためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、看護師の仕事がありますよね。外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、経験が浅いとほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。個人的な話ですが、妻も看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに悩みました。能力評価では、自分の看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。これを行なう病院がかなり増えました。看護師の個々の能力を、間違いなく測り、評価できるように、指標をはじめから作っていったところもあります。この評価は、病院により月一のこともあれば、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、看護師としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。看護師の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は看護師の代表的な仕事ではないでしょうか。注射されるのが好き、なんていうタイプは少数派でしょうが、実際に打たれるとしたら出来るだけ痛くないように注射してもらいたいですよね。とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、そう難度の高いものではないということです。看護師の養成を目的とした、専門の教育機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、それなりの額を受け取ることができるようになっています。他方で個人病院の状況を見てみますと、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、一般企業においては課長の役職相応でしょう。課長職の年収とはいえそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、約750万円と見られています。一般的に見ると大変だと思われる看護師ですが、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、合間で休憩はあるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。こういった長時間勤務の実態も一般的に、看護師の勤務というものがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、職場においての有用性、必要性は高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、看護師も24時間、病院に滞在することになります。そこで、どこの病院でも日勤、夜勤とシフトを組んで交代でこなしていきます。こういった勤務形態ですから、上手に生活のメリハリをつけないと結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、ここ数年でどんどんお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。そうなってくると、医師と看護師も大勢が働いているべきなのに、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。でも、人手が足りていないというのなら、それは、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、転職先に困ることはない、というメリットも確かにある訳です。毎日、看護師として頑張っている中、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない病棟として知られているのは、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。ところが、専門性の高さですとか、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、仕事の内容は全く変わってきます。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語に「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?実は、食事休憩をとりますよ、と勤務している他の人に知ってもらうために日常的に使用されています。ちなみにエッセンとは何かといいますと、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、そんな時代の名残ですが、とにかく便利に多用されているようです。看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。看護師の資格を持っていれば、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。しかし、メインの方の職場で副業を禁止、としていることもあります。また、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。医療施設で看護師として働いていた知人は、ある病気の治療のために退職したそうです。しかし、完治させた後は、早めに復職して昔と変わらず看護師として勤務しているのです。空白期間が出来ても、資格があれば復帰も早いと思います。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑛大
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enjrtorthiteoc/index1_0.rdf