アトピーにいいタンポポの根

2006年06月25日(日) 15時11分
タンポポの根はアトピーにいいと言われています。

慢性の肝臓病に効くタンポポの根は、よく知られているところです。

消炎作用がシクシクした胃潰瘍のいたみを止め、余分なものを体外から出す力が強いのです。

そのため、水ぶくれ、むくみが消えて、体が軽くなります。

このほか、肝機能の向上、排便促進、利尿作用が相まって、体毒を排出し、浄血機能が高まることはよく知られています。

そのため、アトピーにいいと言われているのです。

タンポポの根は肝臓の護衛官とも言われ、肝炎、黄疸が治まり、胆汁の分泌を盛んにする肝臓の味方です。

★タンポポコーヒーはタンポポの根からできています。お求めはこちら。

アトピー性皮膚炎の改善には雑穀

2006年03月01日(水) 0時12分
アトピー性皮膚炎の改善には雑穀がよいといわれています。粟(あわ)、黍(きび)、稗(ひえ)、はと麦・・

まず、短期間で育ち、長期間保存しても虫が付きにくいので救荒作物として重宝されていた粟(あわ)。米と同様に奈良時代から正規の租税として扱われるほど価値を認められている雑穀です。

たんぱく質、ビタミンB群、食物繊維、カルシウム、鉄が豊富でアトピー性皮膚炎の改善、疲労回復、糖尿病治療に効果的といわれています。

次に、現代人に不足がちのミネラルである「亜鉛」が豊富な黍(きび)は、味覚を正常に保つ働きをします。

良質のたんぱく質、良質の脂質、カルシウム、鉄、ビタミンが豊富で、肝臓や胃の働きを強化、感染症予防、アトピー性皮膚炎の改善、動脈硬化・高血圧予防に効果的といわれています。

さらに稗(ひえ)は、漢方では体温を下げる効果があるといわれているのが稗です。

たんぱく質、炭水化物、脂質、鉄、食物繊維が豊富で止血作用、アトピー性皮膚炎の改善、動脈硬化予防、疲労回復に効果的。

ジュズダマの変種である、はと麦もあります。

ジュズダマがうるち種であるのに対し、はと麦はもち種でたんぱく質が豊富です。

アミノ酸のバランスがよく新陳代謝を活発にする役割があるほか、ビタミンB1、鉄、カルシウム、食物繊維がたっぷりで胃腸の強化、腎機能の促進、アトピー性皮膚炎の改善、イボの除去、利尿作用、下痢止、高血圧予防に効果的といわれています。

昔からの日本の伝統的な食事は、アトピー性皮膚炎の改善はもとより、いたってヘルシーなのですね。

お求めはこちら。

シャワーで改善できる

2005年12月14日(水) 22時26分
聖マリアンナ医科大東横病院の中川武正・副院長によると、汗はアトピー性皮膚炎を悪化させる大きな要因なので、休憩時間を利用して体の表面を洗い流すのは、大人でもいいだろう、と推奨する。

05年11月19日付けの朝日新聞によると、厚生労働省研究班の調査で、小学生が昼休みに数分のシャワーを続けて、症状が大幅に改善したと日本小児アレルギー学会で発表された、とされる。


こんな簡単なことだったことが、望月博之・群馬大学講師により発表された。

体育などで汗やほこりが皮膚について刺激でかゆみが増して、引っかくことも悪化の原因の一つとみられるから、素人の目から見ても確かに。

ただ「あまり神経質になってごしごし洗おうとすると、皮膚のバリア機能を損なって逆効果になる」と中川武正・副院長は付け加える。

シャワーで汗やほこりを落とす程度にして、あまりごしごしと洗わないこと。

洗う際には、エンヨーの介護セットがお薦めと楽エン本舗は推薦します。

患者カードなど対策強化

2005年09月06日(火) 23時23分
厚生労働省がアレルギー治療対策を強化することになった。

適切な救急医療が受けられる病歴などを記入して常に身に付ける、喘息(ぜんそく)患者カード。

これで情報共有、地域ネットワーク作りなど診療体制の整備に乗り出すというもの。

アレルギー疾患は国民の3人に1人といわれる。

この状況を改善するため、国は来年度06年度からの5年計画で初のアレルギー総合対策に取り組む。

気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギー疾患を持つ人は、国民の30%以上。

中でも深刻なのはぜんそくで、03年には3,701人が死亡し、アレルギー関連死の99%を占めたとされる。

都道府県に最低1カ所は基幹病院を決めて、ネットワーク化して、対応するというから、大いに期待したい。

アトピーにはエンヨーは★楽エン本舗★でお求めできます。

アレルギーには食物日誌

2005年09月02日(金) 23時07分
エンヨー製品はこちらをクリック

子供によく見られる食物アレルギーは、卵や乳酸品を食べると、じんましんや呼吸困難を引き起こすというもの。

親としてみれば、我が子がこうした症状になれば、どうしたらよいのか。

また医療現場でも混乱が生じているという。

アレルギーかどうかわからないうちに、食品を控えさせる事例が報告されているとも。

妊娠後期や乳酸期の母親が除去食を勧められるケースも多いが、子供への予防効果はないという。

そのため日本小児アレルギー学会が診療指針をこのほどまとめた。

アレルギーはアトピー性皮膚炎を誘発するといわれるため、親が勝手に判断して食品を控えることはやめたほうがいいという。

大事なのは、まず親が毎日何を食べて、どのような症状が何時間後に出たのか食物日誌をつけること。

その上で専門家である医師が問診で推定する。

あわせて血液などによる検査を行う。

これによって原因と推定された食品を含まない食事にする。

症状の改善を確認して、この食品を微量に含んだ食事、負荷試験をして特定する。

親は独りよがりな判断をせず、まず専門家に相談するは大切ということ。

食物アレルギーは、年齢を重ねるごとに体内に耐性ができて食べられるようになる子が多い。

そのため、アレルギーと判断されても、12〜18ヵ月ごとに、チェックすることがいいそうだ。

確かに0歳児で食物アレルギーの原因は半分以上が卵、だが1歳児ではその割合が3分の1ほどに減り、2〜3歳児では4分の1以下になっている。

食物アレルギーの子供の割合でも、乳児が10%、3歳児が4〜5%、学童児が2〜3%というから、耐性ができて卵や乳製品が食べることが出来るようになっている。

エンヨー製品はこちらのホームページで
http://www.rakuyen.com/

アトピーに新治療

2005年09月01日(木) 19時34分
急性アレルギー反応は、身体に異物が入ると、すぐに皮膚が赤くなったり、かゆくなったりする。

この反応は肥満細胞や白血球の一種のT細胞などから引き起こす。

東京医科歯科大学の烏山一教授(免疫アレルギー学)のグループが、このほどマウスを使った実験で、遺伝子操作でこれらの細胞を取り除くと・・慢性アレルギー反応による皮膚の炎症が1週間以上続くという。

遺伝子操作で慢性アレルギー反応の引き金役の好塩基球も働くなると・・反応は起きなくなった。

白血球が多数皮膚に入っても、好塩基球が全くなければ反応が起きないことで、好塩基球は免疫で大事な役割を果たすことが明らかなった。

アトピーの新治療に期待がかかる。

エンヨー製品はこちらをクリック