安武がミキティ

September 12 [Mon], 2016, 18:01
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。
他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。
入れ歯にくらべ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなるはずです。
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
義歯を劣化指せず長持ち指せるのは、どうしても自分次第のところがあるでしょう。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
加えて、自分の歯の神経ではなくなるはずですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなるはずです。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、持ちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあるでしょう。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければならないでしょう。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してちょうだい。
このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければならないでしょう。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあるでしょう。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コウダイ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enittve40rehht/index1_0.rdf