【 更新情報 】

スポンサード リンク

ニキビがひどくなったら皮膚科へgo

 ニキビやニキビ痕の症状が特にひどい方は、早めにニキビの専門クリニックで相談して、きちんとした、ニキビ治療をしましょう。

 ではニキビの専門クリニックではどんなニキビの治療を受けることができるのでしょう。

 専門クリニック独自に開発されたニキビやニキビ痕用のスキンケア用品である洗顔料や保湿剤等を購入することもあります。敏感肌の女性にとってはありがたいサービスです。

 また専門クリニックにはシミ・そばかす・くすみを取る美白剤や、ニキビやニキビ痕の治療薬として使われる高濃度ビタミンCなどを使った薬をだしてくれるところも…。
 ビタミンCには、ニキビやニキビ痕に対して皮脂分泌の抑制による予防効果があり、ニキビの炎症によって出
来る活性酸素を中和させて、ニキビの炎症を抑える効果もあるといいます。
 
 ケミカルピーリングなどの科学的な治療法もニキビやニキビ痕には効果的といわれています。
 このケミカルピーリングはフルーツ酸の働きで、角栓の除去やアクネ桿菌の殺菌し、ニキビやニキビ痕をきれいにしてくれるといいます。

ニキビ痕はきれいになる?

 ニキビは医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)と呼ばれます。
 尋常性座瘡、いわゆるニキビは条件が揃えば、年齢に関係なく発症します。

 「20歳過ぎたら吹き出物」というわけではなく、10代でも40代でもニキビは出来るのです。
 大人になってもニキビに悩む方はとても多く、それと同じぐらいにニキビ痕を治したい、と思う人も多いといいます。

 ニキビ痕は2大きく分別すると、2種類あります。
 ニキビ痕が陥没して肌表面がデコボコしている状態が、まず1つ目です。
 ニキビ痕はアクネスカーとも呼ばれ、赤ニキビ以降の段階で形成される事がほとんどといいます。

ニキビケアの基本は洗顔から

 毎日、気になるニキビをきれいにするにはどうしたらよいでしょう?

 ニキビをきれいにしたいからと洗顔を頑張ってやってみても、ニキビが良くならない…、という経験をした人は私のほかにも大勢いると思います。

 洗顔を一生懸命やってもニキビが改善しないのは、その洗顔方法が間違っているかもしれませんし、もしかしたら洗顔フォームが肌に合っていないのかもしれません。
 いろいろ試してみて、自分の肌に合うものを探さなくてはいけないようです。
 
 最近はニキビケア用の洗顔トライアルセットなども手頃な価格で販売されているので、まずはお試しから初めてみようと思っています。

 

思春期だからしょうがない?

 一般的にニキビが出はじめるは思春期以降。
 中学生くらいになると急にニキビが出てくるようになります。
 私も中学になったころから、急にでき始めちゃって…。
 男子はもちろん、女子にも出はじめます。

 なぜ思春期にニキビができはじめるのでしょう?
 思春期ニキビの原因のひとつに、男女問わず、男性ホルモンが増加することにあるといいます。
 男性ホルモンは皮脂の分泌を活発化させる働きがあるといわれ、このため過剰に皮脂ができ、ニキビの原因となるようです。

 毛穴に皮脂がたまるとニキビになります。
 思春期以降になると皮脂腺も発達し、皮脂の分泌がどんどん活発になりますが、毛穴の発達がそれについていけない状態になるので、余分な皮脂を排出することができなくなり、ニキビとなります。
 

ニキビ対策は食生活の改善から??

 私のようにニキビで悩んでいる人もいれば、全くニキビが出ない人もいます。違いはなんでしょう?
 ニキビの原因となるのはアクネ桿菌という菌といいます。
 このアクネ桿菌というのは常駐菌で、誰にもある菌といいます。
 でもニキビが出来ない人がいます。
 なぜでしょう???
 ニキビになりやすい人は、皮脂の分泌量が多い人といいます。
 なんとなく顔全体が油っぽい人。そういう体質の人はニキビになりやすいといいます。

 では、皮脂が多い体質を改善するには生どうしたらいいのでしょう?
 簡単にいえば生活習慣に気をつけるのが一番です。
 たとえば規則正しい生活をするとか、食事に気をつけるなどでも体質は変化していきます。
 野菜中心の食事に切り替え、脂っこい食事を控えてみるといいとか。

 でも、やっぱり私は揚げ物が好きヾ(@⌒▽⌒@)ノ!