たったの 

February 19 [Sun], 2017, 0:07
もったのはたったの二日だけだった。
楽しいことはなぜこんなにも早く忘れるのだろう。
もう昼頃にはイライラと不安な気持ちに押しつぶされてしまいそうだった。


昨日の夜、旦那と布団に入った。
布団に入ったとたん、「あ、準備しなきゃ」そう言って違う部屋に行き少しごそごそやっていた。
普段仕事の準備とかしていない。
そもそも準備するものがない。


一ヶ月前に結婚記念日だった。
でも祝わなかった。
仕事忙しいだの風邪ひいただの
違う日にするだの


二年前から言っていた。何度か言っていた。
結婚記念日は花束ほしいなと。旦那はわかったよ。といつも言っていた。


もしかして結婚記念日?花束準備してるの…?今日休みだったから用意したの…?




旦那はしばらくして布団に戻ってきた。
無言で
本当に珍しく仕事で準備するものがあったらしい。


なんでこんなしょうもない期待してしまったのか…
なんで自分はこんなに馬鹿なのか…


「お前が黄色が好きだから、黄色にした」
そうぶっきら棒に言って、色んな花が入ってる黄色の花束を渡してくる想像までしてしまった


馬鹿すぎて涙がでてきた。
その涙すら馬鹿馬鹿しかった
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:enidgl
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる