乾だけど難波

May 07 [Sat], 2016, 10:24
乳酸菌をたくさん摂りすぎても特にこれといった副作用はございません。

ただそうは言いますが、身体に良いにしてもヨーグルトなどでたくさん摂り過ぎてしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、ことはありますよね。
体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、常識内の量に保つと安心でしょう。



乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのは誰でも理解できます。ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、せっかく摂取しても胃でなくなって効き目が出ないのではというふうに思っている人もいます。
実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、体の健康維持のためになってくれるのです。よくある乳製品以外でも、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。そうしたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。

これは世間での常識ですか?ここまで30年以上生きて来て、初めてわかった事実です。1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザというものに感染し、高熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状の現われるものがインフルエンザ脳症なのです。インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、治癒した後に後遺症の残ることもあるのです。



ぱっと乳酸菌から考えられるのはカルピスです。小さかったころから、毎日味わっていました。


その理由は乳酸菌が入っているからです。



私に毎朝、お母さんが出してくれました。


そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。



きっと、カルピスを飲み続けていたのでとても身体が丈夫になりました。今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。
ヨーグルトです。


ほんと毎朝摂っています。


食しているうちに、なんか便秘が良い状態になってきました。あんなにも頑固で、大変だった便秘が完治できて、便秘薬を飲むことも なくなっちゃいました。現時点でポッコリしていたお腹も、へっこんできていて続けてよかったと思います便が溜まった事って一生のうちに必ず一度はどんな方でも体験したことがあるものだと思います。私もその一人で、大変な時は一週間便が出ないこともあります。
便秘に効く薬もありますが、私はアレをあまり飲みたくないので、ごく自然に排便を促してくれるオリゴ糖を愛用しています。穏やかに効いてくれるのがいいと思います。



乳酸菌をどう選べばよいかというと、まず、乳酸菌を含む商品を試すことがオススメです。最近では、変な味のし内、乳酸菌ドリンクもあるほか、サプリメントも出回っています。内臓まで届く乳酸菌飲料を初めて口にしてみたとき、翌日、トイレから出られない状態になったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaede
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enhre8o7rgtvcl/index1_0.rdf