山崎の満(みつる)

September 22 [Thu], 2016, 9:48
ここ数年、金の市場価値が高騰していると聞いたので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。金を売ったら、その金額や状況によりますが、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、最たるものが金でしょう。今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。全世界で普遍的な価値を有していることも、金が投資対象として魅力的である一因です。そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手放す際には、ネットなどで金相場を把握することをオススメします。不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。他の種類の営業電話はよく受けますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、話だけでも聞いてみることにしました。いわく、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、今は使っていないものがあったら高い値段で買い取ってくれるそうです。確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、利用してみてもいいかなと思いました。お手持ちの金製品を売却したい方は、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、その場で現金を受け取れますから、初めての人でも安心して利用できます。査定額の理由などをちゃんと説明してくれる店舗も多いですので、その場でよく考え、本当に納得してから手放すことが可能です。初めての方でも安心ですね。消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするということになります。この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却するという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。買取業者が自宅までやって来て、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。しかし、安心してください。訪問購入については平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができるのを覚えておき、いざという時に備えてください。プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったなどの話は昔からよく聞かれます。もちろん、両者は別物です。プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。要らなくなった金のアクセサリー等の売却時には、以下の内容を頭に入れておいてください。同量の金を買取に出す場合でも、持ち込む店舗により、実際に自分が受け取れる金額はそれぞれ異なっていることです。ですから、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、何処に売るのが一番得になるかよく検討して判断する必要があります。よほど大量の取引をしていない限り、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。もちろん、買取業者の方では、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、しっかり利益を計上し、課税されているはずです。しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べることで不安を払拭しておきましょう。金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。心当たりのある方は、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。一例として金の買取の場合を考えてみます。最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、買取となればそれより若干安くはなるものの、多くの人が想像しているよりは十分高い額の臨時収入が期待できます。金の相場が上がっている近頃、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、それをビジネスチャンスと見てか、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。店員の接客の質までも上がる可能性があります。われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。そこのお店で売却すればいい値段になるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で無理やり売却させられてしまったなどのケースはよく耳にするところです。最近増えてきた買取ショップの中には、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、よくよく調べてから利用するといいでしょう。こういう悪質な店に当たってしまったときは、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、多くの方が思い浮かべるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人も一定数いるでしょう。さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。一般の買取ショップと比べると安心感があり、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。金買取を利用してみたいと思っても、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。その時は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、お店から品物用のパックが届きます。そうしたら、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。その到着後、査定の金額と確認の連絡が来て、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。貴金属の便利な換金手段である金買取。その利用において大切なのは、その金製品は現実にどれだけの金額を付けてもらえるのかを正確に知りたいということですよね。目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。計算法を知っておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか注意深く判断してください。昔貰ったけどもう使わない、というネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。それが本当に金製であれば、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。数値が大きいほど、純度の高い金です。「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだという意味です。金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合でその金製品の買取価格も違ってくるということになります。ここ十年くらい、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の広告や看板が街に溢れています。ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、「金 買取」などのワードで検索をかけると、買取ショップの広告がごまんと出てきます。いくらかでも現金になるのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。金の価値が上がっている昨今、実に多くのお店が買取サービスをするケースが増えています。中でも有力なのが、リサイクルショップですね。自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるケースが増えてきています。鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなどと表現します。「18金」などと言われるのはこれですね。18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと変化します。手持ちの金を買取してもらうときに、大切なのは純度だということです。金の買取は、古物の取引になるので、お客さんの身分証の提示が必須になっています。お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも同様です。買取手続を進める前に、免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、免許証などをコピーして同封することで法律の要件を満たすことになります。最近問題になっている事件についてお伝えします。自宅に業者がやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、こちらが申し出に応じなければ、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。後から売却をキャンセルされまいと、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。最近は金買取が流行っているようですね。私も少し前、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。とはいえ、初めてのことで、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、試しにネットで検索してみたのです。そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。店員さんの対応も丁寧だったし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。手数料や「目減り」などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。これらの費用を設定している店で買取してもらうと、これらが差し引かれることで、現実に買取額として受け取れる金額は随分減らされてしまうのです。なんだか損した気分になりますね。特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。買取サービスには昔から色々なものがあります。最近人気なのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額で買取してもらうかを決めればいいのです。普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間や地域の制約を受けることもなく、お店に行く時間がないという方が主に利用しているようです。昔買ったきりでずっとご無沙汰というプラチナや金製の指輪などの装飾品はどなたにもあるかと思われます。そうした品物をお持ちの方は、買取店に持ち込んで買取してもらうことも有力な選択肢ですね。金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも街に溢れていますから、いくらの値段が付くか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印無しでも全て買取してもらえました。やはり行ってよかったです。銀行預金や投資信託などと併せて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、金の形で資産を保全しておく方法です。これなら景気の影響を受けませんからね。まず調べておきたいのは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。初めて金を買うときには、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、信用できそうなお店から買うことが大切です。そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、失敗しないでしょう。金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が原則としてあります。よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られると思った方がいいでしょう。ごくまれに、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。この場合でも、18歳を超えていたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。金の買取を利用するとしても、思い立ってすぐさま買取店に走るのはあまり賢いやり方とはいえません。その理由としては、景気の変化などにより、貴金属は価値がコロコロと変わるためです。なので、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、最適のタイミングで買取を依頼することが重要です。金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においてはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。いきなり家にやってきたかと思うと、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、買取価格も異様に安かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優衣
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enhntadtihhert/index1_0.rdf