トウモロコシに水をやるために

August 14 [Thu], 2014, 16:06
中国の声が縦横に『新聞」の報道によると、河南の干ばつが緩和し、同じ食糧主産地の吉林省の干ばつは始まったばかり。7月下旬に入るため、気温が高いと、雨が少ない、吉林省が50年間で最も深刻な干ばつ。全国の重要な商品食糧基地として、現在多くの食糧主産県吉林省大干ばつに深刻で、その中の長嶺、農安、公主岭など10の食糧主産大県降水量創1951年以来、最少、一部甚だしきに至っては無収穫地塊。

吉林省西部の双遼市、さらには連続20日以上は現れない有効降水。現地の200万ムーのトウモロコシ、干害を受け面積は150万ムー、その深刻な干害を受け面積70万ムー。吉林双遼服先に鎮農民张喜峰を与えている自分の責任と田灌水、これは当日の第2回水をかける。

記者:あなたは何墒よ?ブルガリ指輪


张喜峰:このは7ムーの土地。

記者:今の状況を収めることができ、終わったら何?

张喜峰:こんなにも5割か、5、6割。全部で4垧、2垧にかけ、2垧は井戸。それは捨て、収穫時も、今のポンプに修理しないてまたどのようですか?

服に先に鎮総耕地面積は一万二千ヘクタール、その総面積の3分の1の土地は基本的に無収穫、他の平低地や放牧地にも3〜7割を受け取ることができ。

松原市の干ばつも深刻で、50日間連続で十分な雨が降らなかった、長嶺県平川鎮ガマ清村の大作トウモロコシ畑に、葉が枯れ、打ち筋、枯死の状況が随所に見られる。トウモロコシに水をやるために、多くの村民の夜に、24時間体制に潅水。ブルガリリング

村人肖立威:私に植えた40垧地、四、五墒にかけて、この2天井工夫がない人が、同時に開催も一日を待っているくらいにまた、列の十日、など十数日完にですね、24時間、夜もかける。

現在、長嶺県政府保証する制度を実行して干ばつの責任、畑管理力。同時に協調水利、電力、石油などの関連部門は、保証村民昼夜灌漑して、最大の努力を尽くして干ばつの食糧。

長嶺県農業局副局長孙コ丰:県緊急支給干ばつの資金に200万元、農民ダース1眼井に補って、1000元。指定のガソリンスタンドに1斤安い2毛五銭、電気の使用を確保しようとする電力供給できて、かけ1ムーはムー。

有効な対応を干ばつ、吉林省100門高射砲、200枚ロケット弾準備が十分で、滯在しか積乱雲の強い気象条件の下で、すべての時機を最大限に空中雨水資源開発。

調査によると、農業部は今日午後開催会議ビデオ、干ばつなどに対して会商吉林農業の影響。中国の声は引き続きあなたがもたらす報道記者。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:enggwill
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/enggwill/index1_0.rdf