婚約指輪はかならず必要?

April 29 [Tue], 2014, 18:41
30歳OLです。

来年結婚することになり、いろいろそれに向けて
準備を始めました。

どこまで常識を重んじるか、どこまで自分たちの
好きなように貫くか、程度が難しいことが多いですね^^;

まずは婚約指輪、私も彼氏も、あまり実用的でない
婚約指輪は不要かも‥ と、か考えているのですが、
お互いの両親はそういう心境でもないらしく。

彼氏の両親は、
「指輪もおくらないとなったら結納はどうするんだ?」と。

私の母は、
「女性の晴れ舞台なんだから、婚約指輪は安いものでも
 いただく方がよいのでは?」


うーん、みんないろいろ言うワ…

そもそも結納も、やるのかなーなんて考えてましたが、
結納はやるのが、イマドキでも常識?

よく食事会とか顔合わせ会とか聞くけど、それと
結納は違う?一緒にしてはいけない??


●そもそも結納の意味と現在

調べました^^;

簡単に言うと、結納は縁組の儀式らしいです。

・新郎の家から新婦の家へ、婚礼の用意のための費用や贈り物を贈る
・費用はおおまかに100万円くらい
 (嫁入り道具をこれで準備してね、というお金)
・贈り物は縁起物で、5・7・9品と、奇数で用意する
 (かつおぶし・するめ・こんぶ・すえひろ etc.)
・新婦の側からは、結納返しをする

・場所は昔は新婦の家、今ならホテルとか式場個室
・顔合わせは食事をしながら
・仲人が会を進行するのが正式(今は両家だけ、が普通)

こんな感じみたいです。

今は結納をやる人は3割くらいで、多くは省略して
食事会や顔合わせ会で済ませるのが一般になってきているよう。


で、婚約指輪ですが、基本的にこの結納での贈り物には
含まないのが普通。

婚約指輪は彼氏が給料から貯めたお金でおくり、
結納品・結納金は新郎家から新婦家への贈り物。

ふーん。


ではでは、食事会って?

これはそのまま、簡単な顔合わせ会なので、
「堅苦しい儀式的なことは抜きに・・・」という現代的な
考え方で、結納品も結納金もなしに済ませる。

でもややこしいのは、この食事会のスタンダードとして、
「結納をやらないので記念品くらいは・・・」
というのが定着しちゃってるんだそうです。

そしてその婚約記念品が、男性からは婚約指輪で、
女性からはその金額の半分〜3分の1返し。
例えば靴とか時計とか・・

なんだそりゃ?

結納をやらなけりゃ食事会になるので、
食事会の建て付けとして婚約指輪とそのお返しを
用意しなければならない?


・・・いろいろややこしいので、ここはひとつ、
現実に立ち返って、本当に必要なことは何?

ってので判断することにしました。

結果、
○結納はしない
○食事会はするが、記念品の取り交わしはしない
○婚約指輪は、二人にまかせる

で、彼と話し合い、高価なものでなくてもいい、
という約束で、婚約指輪はいただくことにしました^^


いざ、もらうとなると、乙女心がそれなりに
ざわざわして、嬉しい〜♪

私もちゃんとオンナなのです(^^;;


●婚約指輪をつくるのは、約7割

結婚する人の中で婚約指輪をつくるのは7割らしいです。
結構つくらない人も多いんですね。

私も、どうせなら他のことにお金は使いたい派
なので、高価なものは遠慮したいと思ってましたが、
すごくクオリティ高いのにイマドキのエンゲージリングって
ホント、リーズナブル!

婚約指輪をリーズナブルって言うのもどうかと思いますが、
まあ、ちょっと高価な指輪プレゼントくらいに考えれば、
これはこれで思い出に残っていいのかなーって^^


彼氏にできあがった指輪をはめてもらったときは、
ちょっとウルッときちゃいました♪


こちらでつくりました↓↓↓







お母様から譲り受けるという美しい指輪伝説♪

April 29 [Tue], 2014, 18:40
私のお友達が昨年結婚したとき、指輪どうしたんだろ?

ふとそう思って彼女に聞いてみました。

彼女ももともと、婚約指輪はなくても構わないと
考えていたそうですが、彼氏が用意してくれたのは、
なんと、母親のエンゲージリングのリメイク。

とても高価なものらしく、彼の母が、
「結婚するときは、この指輪をきれいにして
 お嫁さんに差し上げなさい」
と、前々から言われてたものらしい。

なんだか、素敵な話ですよねー

指輪のダイヤの石が、どんどん次の世代へ、お嫁さんへ
引き継がれていく・・・

どうせタンスの肥やしになっているんだったら、
こんな家族リレーの方が、いいですよね^^


私のお友達の、素敵なお話でした^^

婚約指輪の相場

April 29 [Tue], 2014, 18:40
婚約指輪の相場って、いくらくらいなんでしょうー?

そもそも3割のひとは婚約指輪をつくらない、という
お話でしたが、残りの7割の人の平均金額をみると、
約38万円とのことです。

38万円は、高いなぁ。。

ダンナさんになる人がお金持ちならいいけど、
そうでなければ、38万円分の生活資金が
少なくなった状態で新婚生活を始めるわけだから・・・

(ちょっと現実主義過ぎ? ^^;)


以前はよく「給料の三ヶ月分」なんて言ってましたね。
でも三ヶ月分だと、60万とか、100万とか!
うーん、もったいない気が・・・


昔の人は景気が良かったんでしょうね。

あるいは、昔は一生に一度のことだったから
それだけ縁起を担いでお金つぎ込んだけど、
今はバツイチ・バツニも当たり前だから
相場が下がったとか(^^;;