昨日インフルエンザの予防接種受けてきました♪ 

February 21 [Thu], 2008, 5:56
昨日 第一回目のインフルエンザの予防接種受けてきました!!




仕事終わってから即行で帰り、子供達を車に乗せて病院へ



問診表は事前に書いておいたので、体温を測り受付へ



しばらく待っていると、呼ばれ中へ



いつも順番でけんか?が始まるので



今回は
最初は下の女の子、次は2番目の女の子、最後は一番上の男の子の順番にしました。



何とか女の子二人は無事終わり、男の子に…



女の子が打たれてるのを 近くで見てビビッたのか



「やっぱりイヤだ! バタバタ ヽヽ(≧▽≦)// 」と逃げようとしたので
捕まえて先生の前に
ようやく観念したのか、大人しくなりました^^;



無事三人とも終えて、カーテンから出てくると




待っていた、うちの子より小さい子が



私達の様子を聞いて、怖くなったのか?泣いていました!



診察室出てから 男の子に



「ほ〜〜ら!あんたが暴れるから小さい子が怖がって泣いてたじゃない! どうすんのよ(-_-#)」
と 言ったら、



バツが悪いのか
「だって待ってたら...」と ぼそぼそ小さい声で言ってました



二回目の順番はどうしようかな???




でも次回は、一応お兄ちゃんとしてのプライドがあるので
大人しく受けると思うけど^^;




やっぱり子供でもいざとなると女の子の方が度胸あるかも!

山梨ベイベェ〜24 

February 14 [Thu], 2008, 14:55
明日は山梨を離れる。
そやで今晩は地酒でちょっとしたお別れ会やね。

タグテスト 

February 03 [Sun], 2008, 18:01
こんにちは
じみぃこんにゃく、通称じみぃ、地味蒟、地味婚、zimmyです。
テストです。テストです。
こんにちは
ねぼけこんにゃくの異名をもつじみぃです。
テストです、テストです。
こんにちは、じみぃこんにゃく、通称じみぃ、地味婚、地味蒟、zimmyです。テストです。テストです。テスト君の独り言でした。顔文字君テスト

NEW ZEALANDに いってきました >^_^< 

January 20 [Sun], 2008, 23:24
季節は 春 なんだけど 寒かったので 北島めぐり してきました (^○^)
 

市大会トーナメント表更新!! 

January 13 [Sun], 2008, 10:03
市大会のトーナメント表を更新します。
対戦日程は、まだ決定していません。
わかり次第UPします。

BLEACH イラスト 日番谷 

January 03 [Thu], 2008, 7:02
今日はひっつんです。



肌色がスキャンできないので…モノトーン+瞳のグリーンだけ。



これは16巻の表紙のひっつんです。
ちなみにご存知?の通り初書き。
上手い事書けてるやろか?

横手風焼きそば 

December 18 [Tue], 2007, 8:32
たまには、焼きそばー食べました。



横手風焼きそばなので、目玉焼きものっけたけど、ちょっと焼き具合が失敗してしまったー。
竹島宏も、目玉焼きすら作れないとこないだ番組で言ってたけど、それに対してゲストの北山たけしは、料理も、なんでもかんでもできるそうだ、すごい!その上、プロモーションビデオでは、高いところを歩いて、スタントなしだったとか。ほんとに、なんでもやっちゃう人なんですねー。竹島宏君は、プロモビデオで、函館とかの歌でも、撮ってるのは、近郊ばかりだそうな。



そんでもって、ほんとの横手焼きそばだと、福神漬けを添えるらしいんですが、なかったのでなし。



美味しかったですー。



しかも、ソースついてなかったので、普通のお好みソースブルドッグのやつを使いました。

これってお宝??稲葉さん超美男子です! 

December 12 [Wed], 2007, 9:07
このビデオ持っている人いるかな??

10年前にBzのファンクラブに入っていた人だけに貰えたビデオなんですが

部屋の整理をしていたら見つかりました!



デビューした1988年から1998年までの懐かしい映像が

収録されています

これってお宝??


初ライブの日本青年館から始まり

若くてめちゃくちゃカッコいい稲葉さんの映像が満載です


一人で孤独にダンスの練習をしている稲葉さん

美川健一のような衣装を着ている稲葉さん

この衣装を見て2人とも大笑いされていました


ライブも20分から30分位コントの時間があって

稲葉さんのコントめちゃくちゃ面白いし

面白い格好してるし。。

なんであんなにカッコいいのにあんなに面白いのかなって

感心してしまいました!


あとラジオの収録も棒読みで原稿を見ながら話をしてましたよ

あと渚園の野外ライブも迫力ありました


実は、このライブ見に行ったので

凄くこの日のことは忘れられなくて

今でも物凄くいい思い出になっています!

夕日に包まれた稲葉さんの姿忘れられないです!!

この頃の稲葉さんが一番好きです!

もちろん今も好きですよ。。


あと「DONT Leave Me」のプロモーションビデオ

私この稲葉さん、超好きなんですが

なんか、少女漫画に出てくるような美男子と稲葉さんが

合致するぐらいカッコいいんですよ。。

それも収録されていました


あと「LOVE phantom」のドラキュラーのメークを始めから

終わりまで見れました

少し怖かったです。。

稲葉さんは、ベムの気持ちが分ると言ってました


べム知らない人は分らないですよね。。



Callingでは松本さんが実際にバイオリンを弾いてる姿や

大雨の中プロモーションビデオを撮影している姿

など本当にこのビデオかなり凄いと思います!


持っている方がいたら嬉しいな。。

持ってない方に見せてあげたい位良いですよ


20周年記念にはDVDが送られて来たらいいけど。。

そんな企画はないのかな??

前田朋子さん・・個展より・・ 

December 05 [Wed], 2007, 15:19
先ほどの
「にゃんにゃん神様」
いかがでしたか・・・^^
楽しかったでしょ^^



今度は・・「お祭り風景」ね・・



沢山の物語がありました・・・



先ずは・・表から・
赤い法被の方が作者「前田朋子」さまです。







わっしょい・・わっしょい・・
ニャンコ村のお神輿だ〜〜い!







わっしょい・・わっしょい!!
イエ〜〜ィ!!猫町のお神輿だよ〜〜







みんなで・・「ソ〜〜レ!!」







みんな〜〜、こっちに来てみてよ〜〜!!
ソ〜レ皆々様方・・「ねずみの綱渡りだよ」







ソ〜レ!!みんなで・・がんばれ〜〜〜







あっちに・・負けるな!!ソ〜レ!!







太鼓たたいて・ド〜〜ンドン!!







みんな〜〜、その前に、お参り・・おまいり・・
そだね・・・「お参り・・お参り^^」












さあ〜〜、神様におまいりいくよ〜〜^^
次は・神社の神様からね^^





・・・・前田朋子さま、初めてお目にかかったのに、
     写真の撮影、お許しいただいてありがとうございました・・・
(勝手に、「セリフ」物語、作ったこと・・・お許しください・・・)

ちょっと、車でカナダまで 

December 01 [Sat], 2007, 21:39
ちょっと、車でカナダまで

昨日は、こちらに来てから初めて誰とも約束がない「オフ」の日となりました。



日曜日にぐっすり朝寝坊をさせてもらったので、体調もだいぶもどってきたところで、このオフの日を活用しない手はありません。



せっかくレンタカーがあるので、前から一度来るまで国境越えを、と思っていましたので、昨日決行することにしました。



事前準備はそれなりにしていました

こちらへ来てから、会う人皆、週末はどこかへ行くの?と聞いてくれていましたが、それに対する答えは「いいえ、どこにも」だったので、何となく自分でも寂しい感じがしていました。



そこで、日曜日の夕食のとき、KathyさんとTolonさんに水曜日にバンクーバーに行ってみようと思っている、と告白してみました。



シアトルからバンクーバーまでは距離にして200kmあまり、順調にいけば2時間半ほどで着くはずです。



そしたら、その提案に対する答えは、「それはいい!」
だけど、「荷物は最小限に! カナダへ出国するのはいいが、帰りに再入国するとき『疑わしき荷物』があると、審査にどれだけ時間をとられるかわからないよ」という適切なアドバイスも。



また、見どころは「Van Dusen(バン・デューセン)植物園」と「ブリティッシュ・コロンビア大学キャンパス」という情報も得て、「持ち物はパスポートとカメラだけ」、目的地は「Van Dusen(バン・デューセン)植物園」と「ブリティッシュ・コロンビア大学キャンパス」の二つにしぼって出かける決意を固めました。



しかし、地図も通貨もありません。
えいっ、行けばなんとかなるだろう!



さえない天気

朝、8時15分ころシアトルのホテルを出ました。
こちらシアトルでは、最近の日の出は午前7:50ごろです。
ですから、夜明けと同時に出発ですね。



しかし、この時期朝はたいてい「霧」、おまけに上下線とも大渋滞でうっとうしくなります。
幸先よくありませんね。







おまけに、最近の体調を反映してか、すぐに眠くなります。一時間ほど行く間に休憩を二回もとらなくてはならない羽目になりました。



しかし、一時間半ほど走ると急に農村地帯に入り、なんとなく「懐かしい風景」に遭遇しました。里山と農地とぱらぱらとした住宅のミックスがその感覚をもたらしたのでしょうね。







陸路、車で国境を越える経験

シアトルから150kmほどいったところで、そろそろ国境ラインが近づいてきます。







どんな「検問」があるのでしょうね。



いよいよ国境のゲートが見えてきました。








高速の料金所のようなところですが、手前で待機して一台づつ検査官の前に進み出ます。







いよいよ順番が来ました。
「カナダのどこへ行くのか」「何しに行くのか」「何日滞在する予定か」「おまえの職業は何か」「1万ドル以上持っているか」「銃を持っているか」など聞かれました。



しかし、無事ゲートを通過。すぐ後ろにある正式に入国管理事務所に行くよう指示されます。ちょうど日本でいえば、高速の料金所の横にある事務所のようなかんじのところです。



アメリカの出国の手続きはなくて、カナダの入国審査だけなんですね。



入国審査事務所の駐車場に車を停めようとしていると、誰かの車がくまなく検査されていました。あやしまれると、ああなるんですね。よかった、よかった。







入国審査でも同じような質問を受け、無事通過。
パスポートにハンコを押してもらって、あとは自由に往来可能です。



このようにして、陸路、車で国境を越える、という私の初体験は終わったのです。



バンクーバー到着

あとは、続きの高速をまっすぐいけば、そのままバンクーバー市内に入る予定です。



残りの距離は60km弱ですから、1時間もしないうちに市内へ入りました。
しかし、カナダへ入ると急に距離表示がアメリカのマイルから日本と同じkmに変わるので、距離感覚としては助かります。



結局、市内に入ったのが11:30。3時間半ほどかかりました。途中3回も休みをとり、各10分ほどの仮眠もとっていますから、やはり、元気なら2時間半強ほどあればこれたわけですね。



ところが、こちらは地図がないので、市内のどのあたりにいるのかが、全くわかりません。



そうこうしていたら、偶然アメリカでもいつもお世話になっていたスパーマーケット「SafeWay」があるじゃないですか。おなかもすいてきたし、ここで地図を手に入れ、ついでに昼食をとることにしました。



すると、さらにおどろいたことに店内には「スターバックス」がしっかり入店しています。



おそるべし、スターバックス。カナダにも進出していたか・・・・。



バン・デューセン植物園

さて、目的のひとつ「バン・デューセン植物園」は、ダウンタウンに入る手前の住宅地の一角にあるようです。



植物園をさがして、その住宅地に紛れ込んだのですが、その住宅地のきれいなこと、きれいなこと。シアトル以上ですね。



どこがきれいなのかというと、どの住宅もそろって前庭が芝生広場となっており、さらにその芝生広場についてはお隣どうしの垣根がないのです。



つまり、街路と住宅地の間には、幅数mと芝生の帯が続く構造になっているのです。








この敷地の余裕は日本ではなかなか実現できませんが、街路側の緑のデザインを統一するということはできないことはありませんね、
要は、誰がよびかけ、誰が応じるか、です。



バンクーバー観光の際は、ダウンタウンで買い物だけでなく、ぜひこのような住宅地を見てもらいたいものですね。



さて、肝心の植物園はほどなく見つかり(住宅地のなかに忽然と)、車を停めて入園することにしました。







しかし、「カナダ通貨をもってない・・・」
でも、大丈夫、クレジットカードでいけそうです。



結局、カナダでの支払いは、スターバックスの3ドルくらいから、入園料の6ドルまで、すべてカードで支払いができ、結局「両替」を行う必要はありませんでした。



さて、時期はずれの植物園は寂しいものですが、入り口管理事務所内にあるレストランだけは、ご近所の住民らでしょうか、異様ににぎわっていました。



しかし、私はそこでゆっくり昼食を取っている暇はありません。さっそく園内の散策です。












退園するとき、アダプトリスト、なるものを見つけました。
園内の木々もアダプト制になっているのですね。




花の時期ではありませんでしたが、逆に紅葉の美しさを改めて実感させられました。



花が全て、ではありません。



市内巡りとブリティッシュ・コロンビア大学

さて、植物園は2時間ほどできりあげ、軽く市内を巡ります。



市内のビルは、おどろくほどどれもデザインが似ており、少々気味悪いほどです。







本当の下町地区には、きれいな街路樹と古い商店街のようなところもありました。







また、郊外の住宅地はまるで軽井沢の別荘、です。







その後、大学のキャンパスを見に行きましたが、こちらは正直言って「期待はずれ」。
雨も降ってきて、写真も撮れません、というか撮るべき場所もあまりなかった、というのが実際です。



4時には、大学を出て、帰途につきました。
しかし、市内がこれまた大渋滞。アメリカ、カナダの帰宅ラッシュはスタートが早いのです。



最後に裏道を抜ける際、住宅地の夕景写真を撮りました。







バンクーバーの一番の観光資源は、個々の住宅地、ですよ。
私、そう思います。



アメリカへの再入国

結局、市内で高速に乗れたのが5時前。



そこから小一時間で、今度はアメリカの入国審査。
ところが、予想に反して、こちらの方があっという間に終わりました。
車から降りることもありませんでした。



ゲートで、料金を払うようにパスポートを手渡し、少々チェックして、機械にそれをとおしてOK。



完全に「肩すかし」でしたね。



ということで、帰りはバンクーバー市内以外はスムーズで、シアトルには8時頃に到着ということでした。



予想よりあっけない「陸路、車で国境越え」でしたが、貴重な体験でした。




 
 
「TOP PAGE」へもどる 
 
 
 
 
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:enenla101
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる