Diazがヨコヅナサシガメ

February 08 [Mon], 2016, 11:17
准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必要不可欠になります。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。ですから専門学校に入学するための予備校に通って勉強する人もいます。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信教育課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。実は、食事休憩をとりますよ、と仲間うちだけに伝わるようにしたもので使用している現場は多いようです。ちなみにエッセンとは何かといいますと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、そんな時代の名残ですが、とにかく今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。病棟勤務の看護師として働いている者ですが、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、転職という選択をすることにしたのでした。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと理解できて、いい勉強になったと思っています。病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子育てをしながら働く看護師にしてみるとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。子供の就学前であれば24時間保育を実施している保育所を利用したり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。そういう理由でやむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も少なからずいます。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、着実に医療機関を利用する人口が増加しています。なので、病院で勤務する看護師についても現場では切実に求められているのに、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。けれども、それほど人手が足りない状況だと、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、看護師にとっては、転職がやりやすいといった良い面もあるのです。学校を卒業したばかりの新人ですとか、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。残業代の未払いは、勤続年数や経験などは関係せずはっきりと労基法に違反しているのです。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、働いたらその分はちゃんと、対価をもらう権利があります。転職活動の場面においては、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。それは何かと言いますと、特に履歴書の中の志望の理由の書き方です。どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったようなやる気に満ちたような内容がいいと思います。殆どの看護師に共通する悩みといえば、不規則な休みでしょう。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの悩みを抱えている方も多いようです。他にも、そもそも人手が足りずに忙しくて休みが取れないケースもあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を考えるのが良いでしょう。看護師にとってやはり辞職を考えることも往々にして起こります。お仕事に関する失敗だけでなく患者さんとのトラブルなどもあるのです。そうはいっても、やりがいがあるという風に思う日も多いです。先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、基本的に土日は休みになります。何か不測の事態による緊急の出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、多くの場合は土日祝日は休みをとれるでしょう。看護師は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な仕事ですが、収入に面に注目すれば、他の職業より平均的に高水準を維持できることが看護師の特徴だと言えるでしょう。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。高収入で安定した職業という意味においては看護師はメリットの多い職業だと言えます。あなたは「看護師」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使と呼ばれている通り、世間一般では印象良くとらえているという人が多いでしょう。しかしながら、看護師の現状はというと、収入面ではそう悪くはないとはいえ、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。肯定的側面を見るだけではなく、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。給料についてですが、看護師の場合は大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。では、退職金についてはどうなっているかといえば、公的医療機関であれば、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、納得のいく額が支払われることになるでしょう。ところが、個人病院の方では、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。卒業を控えているのに、看護師の就職先が見つからず、上手くいかない場合は、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。求人において年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、場合によっては、病院が内実に年齢を理由にした不採用を決められていることも、珍しくないのです。例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では難しくなります。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。その際ですが、戻ってこられるかどうかは辞めた状況により変わってきます。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。こういった事例は増加しています。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として出戻ってくる人もよく見られます。どういった場合に、看護師がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。そしてまた、患者さんのご家族にとても喜んでもらえた時など、大変に感動したりします。看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。そういう訳で、やりがいを覚えなくなったら、きっと辞職しようと考えるだろうと思います。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとしてよくいわれる動機の一つに年収が高いということがあります。例えば、一年目の給料で見てみても同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、より高い給与を得ていることが分るはずです。しかしながら、そのように高給をいただくということは自分の腕を磨いて、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。一昔も二昔も前の話になりますが、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると世間的に認知されていた節があります。しかし、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られる専門職であることが、よく知られるようになっております。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。こうしてみるとよくわかりますね。看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。看護師の勉強をするための学校には広く知られているとは思いますが、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。その一方で、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、カリキュラムとして実習がメインであるので、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。あまり一般的ではないかもしれませんが、看護師が働ける職場として実は、保育園があります。職場が保育園となると、子供好きの看護師には、理想的な職場だと思います。仕事の内容は、園児の体調管理と共に、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切な仕事です。看護師の仕事といっても、部署が違えば、看護師として必要になる技術や処置の方法も異なります。看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、知識を深められるでしょう。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、新人看護師の意欲も上がります。看護師の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師から指示された場合は、可能な場合もありますですが、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、差し迫った状態になったときは、看護師の経験や知識にもよりますが、それなりの医療行為も認められる必要もあるのではないかと考えます。看護師という仕事は特殊な仕事と認識されることが多いですが、とはいえ、労働組合のようなものがなければちゃんとした雇用条件で働けず、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。ストライキを起こすことも看護師は難しいので、経営者サイドがちゃんと考えてくれることが大事なことだと思います。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、面接試験を受けることになります。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、看護師としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く注視されていることを、知っておきましょう。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力なども相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。看護師という仕事をしているのは多くが女性ですので結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、その結果、離職率が高い割合を示しています。その他にも、働く時間が規則的でないこととか、過酷な労働環境だということも相まって、離婚してしまう人も多いと言われています。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。医療施設で看護師として働いていた知人は、ある病気の治療のために看護師を辞めました。ですが、病気が完治するとすぐに現場に戻り、医療施設で看護師として今も元気に働いています。多少、仕事をしていない期間があっても、資格があれば早々に復帰できますね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。看護師としての勤務は、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。ほとんど休めない様な病院もあって、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」というようなことがあるようです。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最適なのだろうと感じています。もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、というものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として働く場所を変えようとするケースもあるようです。大学病院など、高度な医療を行なうところでさらに能力をアップさせたいと願う、とてもアグレッシブな転職になります。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いと、当たり前のように囁かれたりしていますが、看護師の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。あまり健全ではない、そんな空気の中にいてやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Riko
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enemeipi2a9ht0/index1_0.rdf