コアリクイの金田

February 19 [Fri], 2016, 16:15
不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で調査をすることも、ないわけではありません。対象に気付かれずに尾行したり、張り込みも行いますし、交友関係を絞っていき、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査などもするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。
ただ、社内機密といって公表されていない調査手法などもあり、結構ハードな世界のようです。探偵について、その特徴を考えると、怪しむ人のないように警戒を怠ることなく目立たないように調査を進めるのに対して、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に身分や目的を開示してから表立ってリサーチを行うようです。
探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、一方、興信所は情報を集めることが上手だと考えることができます。

一部の探偵がアルバイトの例があってしまうのです。探偵のアルバイトを探してみると、お仕事が見つかるのです。ということは、バイトを使っている探偵事務所も多いのです。浮気調査をさせようとするときには、個人情報を伝えなければいけません。


バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、見た情報を他人に流すことも否定できません。不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき追加で料金を請求されたという事例もあります。
驚いたり不審に思う前に、契約時にもらった書類に目を通してみましょう。オプション発生時の条件が記載されています。

このことからも、契約書をよく確認しておくべきでしょう。

もし不明な点があるのなら、契約する前に納得がいくまで質問するのも大事です。

たとえ不倫調査という正当な理由があっても、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を顧客に売却する探偵の行動が違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。


2000年代中頃にこの法律が制定される前は、興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、業者の違法行為による問題を防止するべく策定され、現在に至ります。調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発見された時、離婚するかしないか決めかねますよね。

まず頭を冷やして、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。
夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚してしまうのも一つの案です。



探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査する人の数にもよりますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。
当然ですが、調査員が1人なら安く、多ければ多いほど高くなります。また、尾行のために車やバイクで移動すると、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認がいります。

色々見ていくと、浮気相手と別れた理由でやはり一番多い答えは、パートナーにバレたからというものです。ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは難しいし、却って警戒されるかもしれません。結局のところ、その道のプロである探偵に浮気調査を任せるのが効果も高いうえ確実です。

そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、一番近いところにいる人でなければできないことです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:百華
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eneillsdrpiftl/index1_0.rdf