20180408 THE NOSTRADAMNZ Presents『It's a small world's end vol.4 〜erectrical one man show〜』@新宿FNV 

2018年04月17日(火) 14時32分


THE NOSTRADAMNZ結成2年目にして初のワンマン。
が、このワンマンは隼人さんがメンバーに無断で決めて会場を押さえたそうで、事後報告された根本さんは「どうするんだよ…」って思ったって12月の主催で云ってた(笑)
FNVはトーマスの主催シリーズ以来6年ぶり。公称キャパ150で教室の半分ぐらいの箱だけど60ちょっとは入ってたかな?
ゆとりがあって観やすかったけど正直もう少し埋まるかと思ってたからちょっと残念だった…
定刻過ぎに暗転。簡単にメモ。

いつもとは違うSEでメンバーが1人ずつ登場。ステージで3人で気合い入れをしてから始まったの熱かった!そしていつも通り隼人さんボーカルでIt's a small worldから。
今回のドラムセットは電飾仕様じゃなかったけど、ポールとかあっちこっちに赤い風船が付けてあった(笑)
Skygazerは割と毎回の様にイントロの出だしが違う気がするんだけど今日のも良かった!Skygazer大好き。
位置が悪くて隼人さんが全然見えなかったけど、2番から軽やかになるところとか「呪いへと変わる」の後のドコドコとかほんと好き。
今日も最後の「マツノデス」を「生きるのです」に変えてたのが印象的だった。

最初のMCはいつもと同じく次回公演のお知らせのアナウンスの後に根本さんの短い喋り。
「暑いね、でももっと熱くしてやろうか?」みたいなことを云いながら眼鏡を外したの格好良かった…
Zombie〜に続いての脅威的ロマンスは出だしの同期は多分いつも通りだったんだけど、演奏が入る部分のテンポが半分ぐらいに落としてあってびっくりした。
その所為か普段よりバンド感が強くて格好良かったんだけど、それ以外の部分が何となく個人的に微妙な感じであんまり脅威的じゃなかった…
ライブ後のセットリストをみたらタイトルが「驚ゐ的ロマンス」にしてあったから新しいアレンジなんだろうな、アルバム収録曲の一覧でもそうなってたし。
踊る影も何か微妙な振り付けができててうーん…って思いながら真顔で見てた。

今日は個人的にほころびてが凄く凄く良かった…!
綺麗で切ないバラードだけど、バラードだからこその根本さんの絶唱と隼人さんの感情が迸るドラムに引きずり込まれて茫然とするぐらい。
遠藤さんのボーカル担当パートの時の根本さんと隼人さんとの阿吽っぷりが凄く熱くてぐっときた。
あんまりライブに行けないからGhostがやっと聴けて嬉しかった…出だしのドラムも良かった…
あと何かの曲の時にAメロで根本さんがベースを弾かずに歌だけで演奏がドラムとギターだけだったんだけど、あ、ベース無いと駄目だわベースって大事だわ。って凄く思った記憶がある。

続いてのMCではいつものアナウンスの声でノストラのメンバー構成と歴史が読み上げられた。と思ったら「と、ここまではvkdbに載っている情報です」とか云っててわろた(笑)
そしてそこから明かされるノストラ結成秘話。
真面目に働いてたけど会社を辞めて山奥に引きこもって猫を集めてバンドを組もうとしてた遠藤さんとか、数年ぶりに再会した根本さんと隼人さんは音楽の話そっちのけで最上もが可愛いって話で盛り上がってたとか(笑)
ギターが居無いから探しまくったけどなかなか合う人が見付からず、思い当たった根本さんが遠藤さんに「お疲れさまです、根本です。長身でギタリストじゃないけどギターが弾けて髪が長くてサイコパスな人を探しているんですが」ってメールしたら「それはもしかして私のことですか?」ってなってノストラが生まれたとか何とか。
最後に「信じるか信じないかはあなた次第」で締めてたけど(笑)
アナウンスに合わせてメンバーが小芝居で再現してたのかわいかった(笑)

そんな思い出話からのオモイデに続いて約1年ぶりにやっとRolling onが聴けた。まぁワンマンでは絶対やるって解ってたけど本当に名曲だからもっとやって欲しい…最後の歌ソロの後半から入るドラムがほんと好き…
そして突然のWAになっておどろう(V6)が始まって、12月の主催のCoccoみたいにカバーかと思ったらアルバムに入る新曲だった。
カノン、かえるのうた、ゴジラ、TRUE BLUEと来て今回はV6。もうオマージュが恒例になってる(笑)
本編ラストは震えてる。震えてるも大好き。

アンコールはまず遠藤さんが1人で出て来て、メンバーが力尽きてるから時間を稼いでくる様に云われたと(笑)
「どうしよう、猫の話する?」とか云ってるところに根本さんも戻ってきて何やかんや。
遠藤さんがバンドによくある「お前らまだまだいけんのかー!」みたいな煽りとか「愛してるぜ」を真似して根本さんが「キモいー(笑)」って突っ込んでてわろた(笑)
その後に根本さんも「愛してるぜ…」ってキメてちょっと歓声が湧いてた(笑)
遠藤さんが「ノストラダムスはまだまだ規模も小さいしこんな狭い会場でのワンマンだけど、そのうち豆粒ぐらいにしか見えなくなるから。だから、今のうちにこの距離の近さを楽しんで目に焼き付けておいてください」みたいなことを云ってたかな?
そうこうしてる間に隼人さんも戻ってきたけど何も喋らなくて残念…
「じゃあここから折り返しであと12〜13曲やるので皆ついてこいよー!!」とか叫んでアンコールは世界と真実とひみつ。
世界と真実を地味に初めてライブで聴いたんだけど音源と全然アレンジが違ってびっくりした。何かちょっと速くなってたと云うかややこしい感じになってた様な。
ひみつは後半の「教えないし知らない」だったか「残酷なトキメキを」だったかの辺りを「僕は君が大好きでーす!!」みたいな感じに変えてたのが不意打ちでサイコ感が増して凄く良かった…

最後はいつものテーマ曲みたいなのを演奏しながら幕が閉まって、閉まった幕にアルバムの全曲トレーラーが上映された。
非常階段的なところを下りてくるメンバーのスローめな映像でめっちゃ格好良かった!
前回はUWASA以外は全部既存曲の再録だったけど今回は録り下ろしの新曲も結構多くて嬉しいし、既存曲も再録とかリミックスとかで雰囲気がガラッと変わってるっぽくて楽しみ。
脅威的ロマンス改め驚ゐ的ロマンスも入って嬉しいし曲の中では「まいご」って曲がピコピコエレクトロな感じでツボぶっ刺してくるし、Tokyoが大幅にリミックスされてる感じ。
しかも今回は全国流通での発売になるとのこと!今まで会場と一部のショップ限定だったからこれでもっと全国各地の人に届きやすくなる!めでたい!!
そして幕の上の隙間からドラムセットに付いてた風船とかセットリストの紙がフロアに降ってきた(笑)

楽しかったーーー!!やっぱりワンマンで曲がいっぱい聴けるの凄く嬉しい!
普段の対バンではやらない様な曲とか、そもそもライブがほぼ東京のみで殆ど行けないからなかなか当たらなかった曲とか色々聴けて良かった。
割とライブの度にアレンジが変わってる印象があるから毎回ちょっとずつ違って楽しいし、ノストラ結成秘話もワンマンならではのコーナーで面白かった!
ほんと曲はどれもクオリティ高いし、ライブも初見でも楽しいし格好良いからもっと色んなイベントに出て欲しいしもっと広い箱を埋める様になって欲しい。
とにかく楽しかったー!アルバムも来月の主催も楽しみ!

20180325 寺子屋ツアー2018「百花繚乱〜Following flowers for stronger seeds〜ver.大手毬@阿倍野ROCK TOWN 

2018年03月27日(火) 22時44分


恒例の寺子屋主催・百花繚乱ツアーの2018年第1弾@大阪。一昨日が福岡、昨日が岡山で今日が3Daysの最終日。
阿倍野ROCK TOWN数年ぶりに来たけど綺麗だし結構観やすいから割と好きー。箱の造りとか雰囲気は京都FANJに似てると思う。
選考で150ぐらい出てたのかな、良い感じに余裕があって快適な埋まり具合だった。バックドロップは寺子屋のロゴマーク。
ざっと覚え書き。


■THE BLACK SWAN
5月の解散前最後の大阪だそう。
解散を控えた色んなバンドのライブを何回も観てきたけど、終わりに向かって全力で駆け抜けていくバンドの輝きは凄く切ないけど本当に美しいと思う。特にファンの眩しさが。
真ん中らへんの曲のツインギターがめっちゃ格好良かったのと、4曲目の後半で弦楽器隊が下手に集まって円陣になって弾いてたのが物凄く熱かった!
最後の曲では例によってWODやらせてた。


■ピノキヲ
ピノは寺子屋所属ではないけどゲストとしてこの3Daysを一緒に回ってきたとのこと。
結構頻繁に観てる気がするのは私が東京のエレホラに行ってるからで、ピノは大阪在住なのに大阪でのライブは去年の夏クラ以来らしい(笑)
それ故か割とアウェイ気味だった感はあるけど、活動歴の長さを活かして今日出てるどのバンドも前のバンドの時に対バンしたことがある的な思い出話を披露してた。
マイナスと初めて会ったのは今のメンバーが誰も居無い時代でハルくんひとりとか2人とかでやってた頃だとか。Family Complex(ファミリーコンポーザーって云ってたけど)のCD-Rも持ってるから後で物販で5万6000円で売るとか(笑)
そしてセガの途中でいきなり曲を止めたから何事かと思ったら、ツアー中は万が一のことを考えてずっと生物を我慢してたけどピノキヲは今日で離脱するから後でスシローに行くって話をし始めるおにーたま。
昨日一昨日とセガを讃えたから今日はもういいんじゃない?!って後半からはスシローを讃える歌詞に変えてたwww「ウニ100円!」とか「スシロー!スシロー!スシロー!回転寿司の世界一!」とか(笑)
こんなの初めて当たったからめっちゃわろた(笑)


■えんそく
SEの翼をくださいは全員で合唱することになったそうで非常に異様な雰囲気(笑)
「君たちの中の中学二年生は生きてますかー?!」みたいな煽りから、何かしゃがんでバイクで走ってるフリの曲が始まって笑いが止まらなかった…何かもうやられたって思った…
後ろでおとなしく観てるつもりだったのに位置取りを誤って巻き込まれてしまったからやらざるを得なかった。って云うか後ろから2列目らへんに居たのに見渡す限り全員フリやってて相変わらずすげぇなって。
USJ久々に当たった!この曲好き。フリもぼんやり覚えてた(笑)
14才はこれまたフリが異様だったのとぐるぐるどっかーんが面白かった。
そしてその次にやってた両手で蝶を作ってひらひらさせるみたいなフリの曲がイントロ始まった瞬間からとんでもない勢いでツボすぎた…!即ち美メロな歌ものなんだけど何あれずるい!!好き!!!
ぶう氏はほんとハルくんよりも断然教祖向きだと思う。ハルくんとはベクトルが違う教祖と云うかカリスマと云うか。自信に満ちた強い教祖。
えんそく強い。勝てない。


■マイナス人生オーケストラ
ワンマンは板付きで無言劇っぽい演出から始まったけど、これからSEはどうなるのかなぁと思ってたら去年からのと同じだった。
ハルくんが久々に番傘さして出てきて懐かしさと嬉しさとでテンション上がった!やっぱり和服衣装いいなぁ。
ゆっけとハルくんの和服組は袖とかに紋が増えてた。新衣装になってから無くなったと思ってた黒い×の烙印も紋としてハルくんは右袖に。
セトリを見てたら福岡も岡山も割と最近の曲ばっかりだったから、今日はFREAKS始まりでおおってなった!
FREAKSだったかたかしだったか、序盤の曲のアウトロらへんでふと視界に入ったゆっけがギターを高く掲げてたの格好良かった。もとはるが下手ギターになってからゆっけのギターが更に強く格好良くなった感ある。
逆にもとはるのギターは個人的に正直まだ存在感が薄い印象かなぁ…
小川はひたすら楽しそうだなーって思ってニヤニヤする(笑)小川のベースとても良い。
ハルくんは新衣装では前髪で顔が半分隠れてるけど、今日は割と最初の時点で前髪が割れて目が見えてた(笑)

昔の曲が続くと思わなかったからたかしも嬉しかった。ハルくんが空中ブランコに乗ってるの何故か久々に見た気がする。「回れっ」は早口めでゲッツの最後の1回はTBSに。
昨日やったみたいだし今日はやらないかなーと思ってた人殺しのエンドロールも聴けて嬉しかった!アルバムの中で個人的に花よ蝶よとトップ争いしてる曲。
「君だけが僕の救世主だったから」で手を伸ばして、「ひとりぼっちになるよりマシさ」で立てた人差し指を見つめながら歌って、その後の繰り返しの部分を客に歌わせてたのも凄く良かった。
その合唱から一転して静かになってハルくんひとりになって、弱々しく「謝らなくちゃ」って呟き続けた後に照明がふっと消えて終わるの本当に良い。
細胞愚をやったのが結構意外だった。「作動シマシタ」で目を見開いてメカメカしくウィンウィン動いてるハルくん怖い。ジュリ扇は相変わらず黄色。
もう我々で最後だー!頭振れー!みたいな煽りで絶命くっそ楽しかった!ハルくんは「砂糖三つ」で指を3本立ててたり。

そして絶命が終わった後に虫ちゃんがずったんずったんドラムを叩き始めて、昨日と一昨日のセトリを見た感じリズミカルMCかと思ったら突然のメンバーコールだった!
ハル「昨日が誕生日だったのは誰だー!(小川ー!)衣装が半分裸なのは誰だー!(もとはるー!)ギターが上手い成人式みたいなのは誰だー!(ゆっけー!)マイナス人生オーケストラのマスコットキャラクターは誰だー!(生虫ー!)そして、お前たちの心を巣食うのは誰だー!(ハルー!)」
だったと思う。ハルくんのは「巣食う」って云ってた「住む」だったか記憶が曖昧だけど。そして変換するなら「救う」と「巣食う」どっちを意図してたのか解らないけど。
最近メンコがあるバンドは少ないし、5人になって最初のツアーだし、メンコもしたいからワールドイズノットマイン聴きたいなーとか思ってるとこだったから嬉しかった!!

からのお負け終わりが楽しさの極みだった。個人的なイメージはNOIZで云えばラストにEverything for my loveが来るみたいな感覚。くるくるモッシュの感じとかも。
「不甲斐無いおまけの人生」の合唱でメンバーも一緒に手を挙げてるのも好きだし、お負けの人生って漢字だけにすれば「負人生」でマイナス人生だし、本当マイナスの新しいテーマ曲なんだと思う。
絶命もお負けもくるくるしながら歌詞が刺さってたりする。身に覚えがある系。
ハルくんは「既知外」を強調して歌ってたり「瞼の裏で」で目を押さえてたり。
アウトロで何かぶつぶつ台詞を入れてた気がするんだけどほぼ聴き取れず。最後に「生きるの、怖いなぁ…」って呟いてから「僕の命は大失敗」だった。
「ありがとう、我々と、君たちとで、マイナス人生オーケストラでした」で終わり。ジャンピング投げキッスして去っていった虫ちゃんくっそかわいかった…


楽しかったーーー!
マイナスは新曲たちがどんどん良い感じになるしやっぱり5人体制っていいなぁと思うし、えんそくはどっちかと云うとぶっちゃけライブは苦手寄りなんだけど最近楽しいと思うことが増えてきたし。
TBSは解散してしまうけど、寺子屋のイベントは割と安心して観られる面子が多いから今年も期待したい。そしてこの百花繚乱シリーズの花の名前のバリエーションに地味に感心してる(笑)

20180317 メトロノーム QUATTRO東名阪ツアー『弊帚トリムルティ[05→98→18迄-7=20]』@梅田CLUB QUATTRO 

2018年03月20日(火) 20時47分


ニューシングル・弊帚トリムルティを携えての東名阪ツアー初日@大阪。
ソールドはしてなかったもののしっかり埋まってた。メトっ娘はメンバーに似るのか背が高い人が多い気がする…クアトロは段があるしメンバーも巨人だから観やすかったけど(笑)
定刻過ぎに暗転。簡単に覚え書きメモ。

ステージに設置された4〜5台のモニターにバンドのロゴとか映像が映されてるいつものセットで、「弊帚トリムルティ」って言葉をサンプリングしたSEでメンバー登場。今回もサポートドラムはCASCADEのHIROSHIさん。
今回の衣装はメ印プリントのオリジナル生地でお金掛かってるなーって。あの生地でポーチとかトートとか作って欲しい…
「トリムルティ」はヒンドゥー教で三神一体を意味する言葉だそうで、フクスケのメイクや衣装にもインドっぽい要素が取り入れてあった。ビンディとかサリーっぽいスカートとか。
他の2人はそうでもないしシャラクは学帽だしほんとフクスケだけだけど。

解離性同一人物からのスタートめっちゃ格好良かった!これ本当に格好良い!
フクスケの機材のセッティングが考えてあるよなーって凄く思う。コーラスマイクとは別で正面に円盤状のボコーダー的なマイク、上手側の高めの位置ににピコピコマシンで真上にテルミン。
ギター弾いて正面を向いてボコーダーパートを歌って、ちょっと上を向いてピコピコやってからの垂直に腕を伸ばしてテルミンって云うのが凄く好き。
疾走感があって直球に格好良い解離性〜で始まったかと思えば2曲目は脱力感溢れる一週間と云う結構な落差(笑)
からのセルフコントロールはピコピコ満載だしと、出だしの3曲で既にそれぞれ違うメトロノーム節が全開だった。

「メトロノームだっ!」からの大阪ただいま、明けましておめでとうございます。とか、更に黄色くなって帰ってきましたとか。確かに阪神カラーだ(笑)
今日のシャラクはどこまで学帽を被ったままやれるか挑戦らしい(笑)
ツアー初日ということで新曲たちは今日が初披露だから、次にやる新曲は各自「あ、そう云うノリなんだ?私はこうだけどね?」みたいに牽制し合ってくださいみたいな前フリでボクになりたかった僕。
フクスケ曲なのもあって個人的には何かクラブ感あるノリなイメージ。
こんな風に初披露の曲のノリを探り探り作っていくのは初日ならではの楽しみで好きだったりする。

世界はみんな僕の敵はイントロとかメロが何となくインド系っぽいから、ライブ中に時々フクスケがやってるインドの神様風のポーズがメイクも相まって凄くハマってた。
初期の方のメトは21世紀型宗教音楽って名乗ってたのもあってこう云う不思議な音階の曲のイメージがある。
ハーメルンではリウがアップライトを弾いてて、ピコピコバンドでアップライトって云うギャップにびっくりした。
けどこの曲とかはピコピコと云うよりは完全にオーケストラ風なイメージだし、メトは意外とピコピコじゃない曲も沢山あるし曲調も幅広いよなぁと再認識したり。

私はADAPTER。から入ったから真顔だったり怖かったり気持ち悪かったりするフクスケよりよく笑う福助。の方が好きだったりするんだけど、真顔でMCとか歌詞にジェスチャーしてるフクスケもかわいくて好き。
スペロマの「僕を包んで」で自分をがばっと抱き締めてるのとかかわいかった(笑)
シャラクによると弊帚トリムルティの見所はサビ前のフクスケの回転だそうで、格好良く回転できてたらサビは「5点!」の意味を込めて手をパーにして、失敗しても「でも熱かった!」の意味で拳らしい。
注目してたら1サビの直前のピアノの同期で回転してたんだけど勢いが付きすぎたのか回りすぎてよろけてた(笑)
弊帚は音源でメンバーのコーラスになってる部分で手を掲げながら合唱だった。
解離、強くて〜に続いて弊帚もリウ作曲だけど、どれもTHEシングル向きな正統派に格好良い感じだしリウは本当にプロデューサー向きだなぁと思う。

ハローで振り付けしてるシャラクはアイドル以外の何者でもなかった。あれはアイドルだった。かわいすぎた。
そしてMATSURI前のフクスケの喋りが始まると安心する。相変わらず下手のファンに対する当たりが強い(笑)
両手を高く挙げろー!って云われたんだけど胸ぐらいまでしか挙げない人たちに「これでこれ(MATSURIのフリ)とか可愛らしすぎるだろ!(笑)」とか。それをやってるシャラクも非常にかわいかった。
プチ天で歌詞に合わせて真顔で目を指したり頭を傾けたりしてるフクスケもかわいかった。
強くて〜で3人を交互に指差すの好き!ベースソロからのギターソロも好き。リウほんと計算家。
ボク偉人伝のイントロでフクスケとリウが上手と下手で向かい合って2人とも楽器を高く掲げた状態で鳴らしてたの凄く格好良かった!

アンコールはフクスケが1人で出てきての長いMCから(笑)
「早く他のメンバーが見たいと思ってるんでしょー?見せませーん。ハートは強いんでーす、へこたれることを知りませーん。お腹もへこむことを知りませーん」に笑った(笑)
フクスケはプクスケだからいいんだよ…健康に支障が無い限り痩せなくていいよ…フクスケかわいいよ…
そしてここに来てる人はもう皆シングルを買ってると思うけど、って話から「全員下を向いて目を瞑れ!まだ買ってない人は手を挙げろ!」って学級会を始めるフクスケ。
そして「今手を挙げた奴は1列に並べ!俺のスカートに頭を突っ込ませると云う処罰を下す!」と(笑)
終演後に物販で買って帰らないとフクスケがスカートを持ち上げた状態で「CDー!!」って追い掛けてきた上に高い方(限定盤)を買わされるらしい(笑)
シャラクが「今年で結成20周年なので今年1年よろしくお願いします。今年だけじゃなくて来年も再来年も、5年後も10年後も、100年後も200年後も、1000年後も2000年後も…ってどうでもいいわ!(笑)、オイラの肝臓にガタが来ない限り頑張っていきますので今後もよろしくお願いします!」って云ってたのが何か凄く嬉しかった。

そんなこんなでアンコール1曲目は「まだやってない新曲です」と友達の和。
ソロ名義のSharaku Kobayashiで演歌っぽい曲もやってるけど、友達の和の時にもビブラートっぽく伸ばす歌い方をしてて何かちょっと新鮮だった。
サビの「和」の部分では両腕で頭の上で丸を作るのが基本で、シャラクの指示でハートを作ったり指で小さい丸をしたりお金マークだったり。
「バンドマンへのアピールタイムだー!」ってハート作ってるシャラクかわいかった…
自分コンプレックスの赤い照明と合掌しながらの「何にもねぇ何にもねぇ」ってお経タイム好き。
ΦDで回るのも楽しかったー!
アンコール2は「頭は何の為にあるんだー?振る為だー!頭を振る準備はできてるかー!」で三つ数えろ。


飛んだり跳ねたり回ったりヘドバンしたりフリしたり取り敢えず素直に楽しかった!
メトはジャンプが多いから10階にあるクアトロは物理的にゆっさゆさ揺れっぱなしだった(笑)
始まったばかりの20周年、これから何が始まるのか楽しみ!

20180310 マイナス人生オーケストラ 決死の単独セミナァ「ココロの旅〜生命線終点・南十字駅〜」@江坂ミューズ 

2018年03月13日(火) 12時33分


新生マイナスのレコ発ワンマン@大阪編はお馴染みの江坂ミューズ。
先週の東京編はアルバム発売前だったけど今回は発売から3日後だからしっかり聴き込んでから臨めた。
うっかりして開演10分前に着いたんだけど、今回もフロア後方を物販にした状態で適度な感じの埋まり具合だった。
ついでに新発売のラババンは下北沢で即完、TシャツもSサイズが売り切れたとのこと。
簡単にメモ。

今日も東京と同じくスクリーンの告知映像から。嬉しいお知らせ4と5だったかな?
6/24にジンマとシンナーズを呼んで主催スリーマン東京編、5/16に去年の秋にやったイベント・方向性の違いをやるとのこと。方向性の違い嬉しい!
告知が終わってから幕が開いてオープニング。首吊り縄と目のバックドロップは今日はステージ背景に吊るしてあった。
演出は下北沢と同じだけど、今日は遠征だからか車椅子は無しで立ってるハルくんの周りにメンバーが正座してたっぽい。もとはるの新聞が無かったんだけど床に置いてたのかな??

下北沢と同じくおしまい駅に夜が来る始まりで、ハルくんの声めっちゃ出てる…!って思いながら観てた。
全体が薄暗くて下からのぼんやりした照明でステージが浮かび上がるの凄く良かった!
2曲目も同じ絶命、絶対。で、こっちはもうライブで何回かやってるのもあって既にお馴染み感のある盛り上がりぶりだった。
何となく激ロック界隈っぽい曲調とかメンバー全員での野太い後追いコーラスとかが意外と今まで無かった感じのイメージ。
フロア一面がくるくるモッシュしてるの、ずっとNOIZの専売特許だったけどすっかりマイナスの風物詩にもなったなぁとか。

眠剤のサビは最初は皆イントロと同じく手拍子してたけどハルくんがくるりんぱ促してた。レトロな感じの打ち込みが80年代のアイドルとか洋楽っぽい。
凡才テレビくんのサビでハルくんも一緒にごめんなしいしてた。
今日は後ろから観てたからステージ全体がスクリーンみたいで、人殺しのエンドロールがまさにエンドロール感があって良かった!
ハルくんの誘導がある前から自然と拳が上がってたのもバンギャルの本能。
足元も下北沢ではやってなかったから久し振りに聴けて良かった。出だしの「新宿の」は「道頓堀の」に変えてた。真面目な曲なのに(笑)
握った左手を少し開いて「心」を見てたり、後半では杖を出してきたり。

いつも2〜3曲やったところでバンドコールが入るのに、今日は曲間にSEを挟むだけでMCも一切無くどんどん曲が続いていって、通常なら足元みたいな曲の前後はバラードとか歌ものゾーンなのにそのまま日本劣等。確かバットは持ってなかった。
この辺りでやっとアルバム通りの曲順でやってることに気付いた。今日は昔の曲が全く無いなーと思ったら…!
花よ蝶よは音源を聴いててどんどん好き度が上がってきた曲。Aメロ前半のちょっと低めのハルくんの声が凄く好きでAメロ後半で高くなるところも好きで小川のベースも好きで。
ハルくんが今日Twitterでサビは女々しくてのサビのフリでもよさそうって書いてたけどジュリ扇のままで安心した(笑)
確かここの曲間BGMの時にハルくんが瓶からカプセルを1粒ずつ出してはステージに投げ捨ててた。
男の話は今回の再録でピコピコ感が強くなったのも好きなんだけど、ライブではバンド感も凄く強くてめっちゃ良かった!ギターソロ前の間奏のドラム凄く好き!

そしてアルバム収録通りの曲順と云うことで残りは2曲なんだけど、儚くて寂しげな銀河鉄道の朝で綺麗に終わるんじゃないのが個人的に今回のアルバムの最大のポイントだと思ってて。
銀河鉄道の夜をモチーフにした旅が表現されてて、「君」の後を追って死のうとする「僕」の物語、ってコンセプトアルバム的なものになってると思うんだけど、最後に収録されてるのは騒がしいお負けの人生。
折角死のうとしたのに結局助けられてしまって病院のベッドで目を覚ますって皮肉なオチになってて、それが凄くマイナスらしくて。
波瀾万丈続きで何回も危機があったけど今回こうしてフルメンバーが揃ったマイナスの活動にも重なる部分があるし。
全員で合唱するパートもあるし、新生マイナス人生オーケストラのテーマみたいな曲と終わり方で本当この曲順は最高だと思う。

アンコールでは全員衣装のまま。
ちょっとした2部構成ライブと云うことでアンコールで昔の曲をやる形式らしい。
不幸自慢ではカプセルの瓶を手に「これが欲しいんでしょう?」って云いながら左右モッシュを先導してたり、何かの曲のギターソロではゆっけにカプセルを投げ付けたり(笑)
溺れる人鳥もかなり久々だった。

MCはあんまり覚えてないから割愛するけど、復帰して初の大阪での小川の第一声が「おいっすー!」でめっちゃ滑ってたのと、もとはるが多分ハルくんに「モジャモジャ」って云われてたのが個人的に異様にツボって膝から崩れ落ちた(笑)
ハルくんは今日の本編はアルバム再現セトリにしてみたって説明とか。ゆっけはハルくんに告知大臣とか云われて告知系を任されてた。
ハル「あと6/13にですね」
ゆっけ「そう!」
ハル「何、ミニアルバム?」
ゆっけ「そう!」
ハル「タイトル!タイトルとか!」
ゆっけ「そう!」
ハル「…あ、『そう』って『躁』?!『洗脳のススメ-躁-』の『躁』のことやったん?!ずっとタイトル云い続けてたん?!」
ゆっけ「そう!」
みたいなやり取りにもめっちゃわろた(笑)

EN2は全員その心は。Tシャツで、衣装を脱いだから身軽になった!我々にとって衣装は武装ですから!みたいな前フリからゴスロリ。
甘い言葉は小川に戻るのかと思ったらもとはるのままで「君は僕のマンマ・ミーア…!」だったと思う。
最後の最後は「皆さん前に押し寄せてくれますかー?」的な煽りからこれまた凍結ライブぶりの自爆妄想だった!これも全然やらなくなったから久々で楽しかった!
ハルくんが「ヴィジュアル界の覇権はいただいた!」って宣言してたの格好良かった。


楽しかったー!
発売前の東京では新曲と古い曲を交互に織り混ぜたセトリ、発売後の大阪ではアルバム再現セトリってそれぞれタイミングを生かした内容になってたのが面白かった。
収録順通りのライブはこう云うタイミングでもないとなかなかできないと思うし、アルバム1枚を通して物語になってるから再現セトリで聴けたのは凄く嬉しかった。
もとはるが加入した時はとんでもない新兵器が入ったと思ったけど、そこに小川が戻ってきて本当に最強の完全体になったとしか云えない。まさに羽化。
「10執念の嬉しいお知らせ」もまだ5個残ってるし2018年のマイナスの動向がほんと楽しみ!売れろ!!

20180304 マイナス人生オーケストラ 決死の単独セミナァ ココロの旅〜感情線終点・北十字駅〜@下北沢GARDEN 

2018年03月12日(月) 14時37分


マイナスの5年ぶりのフルアルバム発売記念ワンマン@東京編。
しかも脱退した前ベース・小川が出戻って現ベース・もとはるがギターに転向すると云うまさかの発表が年末にあって、今日からツインギターの5人編成になる新生マイナス人生オーケストラの初ライブ、と云う情報量の多いワンマン(笑)
下北沢GARDENは関東でのバンド史上最大キャパだそうで、フロアを潰してはいたもののスタッフが前に詰める様に何度も誘導する程度には埋まってた。
地下の駐車場みたいなスペースにロッカーがあってそこで入場待機できるの凄く有り難かった…
ざっとだけ感想メモ。

上手側の壁には首吊り縄の輪の中に眼が描いてあるロゴのバックドロップ的なのが張ってあったんだけどあれは新ロゴかな??
暗転してまず始まったのはスクリーンに映し出される挨拶と「10執念の嬉しいお知らせの続き」。
6/13に過去の曲を再録したミニアルバムの発売とその収録曲、更に6/16に大阪でumbrella+怪人二十面奏との主催スリーマンが発表になった。
再録アルバムは出すべき出すべきって何年もずーーーっと思ってたから嬉しかった!

そしてお知らせが終わってスクリーンが上がり始めて、ステージ中央に集まって立ってる5人の姿が少しずつ現れるにつれて大きくなっていく「…えっ?!」ってざわめき。
なんと小川の脱退まで長い間ずっとマイナーチェンジしながら着てたあの衣装がリニューアルしてた…!!小川の出戻りと共に発表された全員が白の学ランと黒のボトムの新しいアー写はフェイクか…!
全体的なデザインは前のまま華やかなお金が掛かった感じにアレンジされてて、もとはるは黒レザーのジャケットとパンツに網シャツ×ボンデージと云う尖った感じだった。もとはるがへそピ開けてたことに今日1番びっくりした。
ステージ中央には車椅子に座るハルくん。その周りに立ってたメンバーがSEに合わせて上手からゆっけ、虫ちゃん、小川、もとはるの順に前に出てきて一列に並ぶ。
鏡を見てるゆっけ、縫いぐるみで遊んでる虫ちゃん、DSやってる小川、咥え煙草で新聞を読んでるもとはる。
SEのキメに合わせてメンバーが各自さっと持ち場に移動して、瓶いっぱいに詰まった青と白のカプセルを一掴みずつ取り出しては口に入れるハルくん。赤リップにカプセルがくっついてる状態で今度は銀色のナイフ(食器っぽい)で左手首を切り付ける。
ナイフの刃に塗料が塗ってあったのかな、手首に赤黒い筋が付いて、ハルくんがそれを見て「…えっ?」みたいな表情(前髪で目は隠れてるけど)をして両手で顔を覆って、そのまま1曲目はアルバムに収録される新曲からだった。
全員での無言劇みたいな演出で始まるの凄くコンセプチュアルだし、こう云うの本当に久し振りで物凄く良かった…!

そんな1曲目はダークで妖しげな今までのマイナスには意外と無かった感じの壮大な雰囲気の曲。
数日前にアルバム全曲視聴は公開されたんだけど、ライブで初めて聴きたくて敢えて聴かずに来たから本当に初聴き。
2曲目が前回のエレホラで初披露だった絶命、絶対。で、確かこの曲の時に弦楽器隊が一斉に前に出て来てお立ち台でハルくんが歌ってる光景に凄く胸がいっぱいになった。
フロント全員が前に出て来るのは他の曲でも結構やってたんだけど、噛み締めるみたいにフロアを見てる小川の表情もだしその時のハルくんが本当に嬉しそうで楽しそうで幸せそうで。
まさに満を持して感に溢れた「マイナス人生オーケストラだー!!」って名乗りに続いて「素っ頓教のお帰りだー!!」って叫んだんだっけ、何かもう本当おかえりなさい!!!
犬or人間では大きな日章旗でウェーブ。この1年で何回も聴いたけど、やっぱり小川のベースが凄くしっくり来てこれこれこれーーー!ってなった…!
踊っていただきましょう!みたいな煽りから物凄く久々なハイテクが始まって歓声。久々すぎてボックスステップの足がもつれた(笑)
スプーン曲げとか凡才とかは小川じゃなかったのに小川のベースが本当に普通に馴染んで聴こえる不思議。

最初のMCでは、今日はアルバム発売前だからこの場に居る全員が初聴きになる新曲と昔よくライブでやってた曲を半分ずつぐらいやると。
ハルくん曰く「今日初めて観る人も昔から来てる人も全員が平等に楽しめるライブ」になるとか。
ハルくんがライブ中に下手の2人にちょっかい掛けにいくことが多かったんだけど、もとはるが水を飲んでる時を狙って笑わせるからもとはるが何回もブハッてなってた(笑)
眠剤のイントロではハルくんが手拍子を促して負リの適応の早さに感心しつつ、フロア一面の手拍子を見ながら「気分はアイドル!」とか云ってた(笑)
この曲は「君の所為じゃない」って歌詞が繰り返されてたのが何か凄く印象に残ってる。
細胞愚も久々だった!脱退ライブで小川がイントロから間違えてストップしてやり直したのを思い出してしみじみしたりした。ハルくんのジュリ扇は黄色。

一旦暗転してSEの後、雰囲気的に寄生人と似た曲調の新曲。優しい儚げで寂しげな感じで、夢の中で誰かを追い掛けて走ってるんだけどふわふわしてて追い付けないみたいなイメージだった。
そこから器用で不器用な男の話と器用で不器用な女の話が続けて聴けたの嬉しかった…!
男の話は配布当日のBIGCATワンマンでやったきりだっけ??歌詞が覚えられてないのかお立ち台にびっしり貼ってあるカンペを凝視しながら。
女の話も歌詞を若干間違えたのか「急いで気持ちが悪くなり 適当な薬を沢山飲んだ」みたいに歌ってた。テレビもちゃんと叩いてて、「お嫁さんになるのが夢だった」の部分が照明込みでほんと毎回ぶっ刺さって泣きそうになる。そしてやっぱりこの曲は小川のベース。
改造人間も嬉しかった!

MCは序盤のと記憶が曖昧だけど、出戻ってきた小川を早速いじってた安定感(笑)
ハル「今日は最初に色々と発表もあったんですよね?僕らまだ見てないんですけど。本番2分前までチェキにサインしてたから。何でしたっけ、小川の脱退ライブの発表?」
いきなり豪速球ぶっ込まれる小川のいじられっぷりまじ安定(笑)
小川「違うわ!そんなんブーイングやで(笑)」
ハル「待て、全員がお前のファンちゃうからな?小川アンチもおるから!」
まぁ人気が出てきたらその分アンチも増えるから小川にはアンチが減るように頑張っていただきましょう、みたいな。
虫ちゃんは何か一言を求められてしーって負リークスを黙らせた後、金属のプレートが並んでるアレをシャララララーンって鳴らして終わり。虫ちゃんかわいい…

ハル「もとはるは?自分も加入やけど何か云わんでいいん?」
もとはる「ギターで加入しました、いやぁ良いバンドだなぁ!」
こっちもこっちでこの安定感(笑)
もとはるは「パートが変わって相棒も変わりました!」ってギターを見せながらポーズ決めてた。
あともとはるの衣装はGacktを意識しつつやっぱり西川貴教も意識しつつ的なことを云いつつハルくんがもとはるの乳首を弾きにいって「…高いですよ」って云われてたり(笑)
イベントでMCをしなくなったのが嘘の様に饒舌に(噛みながら)小川やもとはるをいじりまくって喋りまくるハルくんが心底嬉しそうで、本当にこの5人が揃って良かった、小川が出戻ってくれて良かったって思った。
でも、これからはワンマンでのMCを少なめにして毎回20曲以上やることを目指すらしい。
MCが減るのはちょっと寂しいけど聴ける曲が増えるのは凄く嬉しい…この複雑な心境…

そこから本編再開で、歌詞にエンドロールって入ってたから人殺しのエンドロールかな?結構ストレートにバンドサウンドな曲で最後が弱々しく終わる曲だった様な。
その次も新曲でハルくんがジュリ扇を振ってた。「ガタンゴトン」ってコーラス?が入ってるのが妙に印象的で、ジュリ扇はイントロでジュリアナ振り、サビで左右ワイパーの改造人間と同じ感じ。
終盤は「ここからは知ってる曲ばかりだー!」的な煽りの通り最近のライブでの定番曲の応酬だった。もうこの5人になった最強感が半端無い…!
不幸自慢で終わるかと思いきや本編ラストはお負けの人生で、何かこの曲が新生マイナスのテーマ曲になりそうな感じがする終わり方で凄く良かった!

アンコールは全員今日から新発売のその心は。Tシャツ。ゆっけともとはるとハルくんは首周りを切っててゆっけはボーダータンクと重ね着、ハルくんは黒の長袖に重ねててもとはるはそのままだった様な。小川と虫ちゃんは普通に着てた気がする。
MCでまた色々喋ってたと思うんだけど記憶がすっ飛んでるから割愛。
ハルくんが座ってた車椅子はヤフオクで1000円で買ったとか、ライブ中に車椅子の上に立とうとしたけどそう云う用に造られてないから難しかったとか。車椅子の上に立ってるの安定悪くてハラハラしてた…
本編の時だったかも知れないけど、ハルくんが「こう云うことはどんどん言葉にしていかなければいけないと昔のエロい人たちは云っていました。今年こそマイナス人生オーケストラは爆発的に売れたい!!!」って宣言してたのが凄く熱かったのと、「一緒に地獄に行ってくれますかー!!」って煽ってたのが最高に嬉しかった!
最後がDIVE 4 Uでハルくんの「大丈夫!」がとても力強かったのも、このメンバーになったのもあって本当に頼もしくてぐっときた。
更にメンバーが捌けた後、スクリーンにお負けの人生のMVが公開された!最後の最後までサプライズを仕込んでくる油断ならないバンド…!


たーのーしーかーったー!!!ほんと凄く幸せだった!!
去年の解凍以降は衣装とかは格好良くなったけど、新興宗教って設定は大分薄れてたからメンバーカラーもろともこのままフェイドアウトして無くなるのかなぁと思ってた。
ら、新グッズとしてメンバーカラーのラバーバンドが出た上に「素頓教信者」って文字が入ってて、あの衣装と共に新興宗教設定も帰って来て何か凄く安心した。
ハルくんが高らかに「素っ頓教のお帰りだー!」って叫んでたし、改めてバンドのコンセプトがしっかり固まったのかなぁって。
今まで本当に波瀾万丈なことが続いてきたけど、10年目の節目になってやっと最強のフルメンバーが揃って完全体になったマイナスに期待しかないライブだった。
宣言通り爆発的に売れて欲しいし色々と発表もあったし2018年からのマイナス人生オーケストラが本当に楽しみ!来週の江坂も、その前にアルバムの発売も(今日の物販で先行発売してたけど)楽しみ!

20180301 umbrella 将 生誕祭 『アマヤドリ〜ナイスグルーヴ!〜』@大阪RUIDO 

2018年03月04日(日) 8時56分


umbrellaの将氏の生誕祭で去年5月ぶり2回目のノストラ@大阪。もう待ちに待った!前回に続いてノストラを大阪に引っ張ってきてくれたumbrellaには感謝しかない…
一般で入ったんだけど先行チケは50ぐらいな上に抜け番が結構あって埋まり具合は半分以下ぐらいだった。
簡単に覚え書き。

■マルコ
手刀界隈になるのかな、ノストラともよく被ってるし知り合いが通ってたりするんだけど観るのは初めて。
1曲目から良い感じのバラードでおっ?ってなった。バラード始まりは逆に攻めてる感あって好き。
しかし何かイメージしてたのと違ったと云うか取り敢えずめっちゃメリーだった。
曲の感じもメリーだしボーカル氏の声とか歌い方に完全にガラちゃんが憑依してた。メリーの新曲って云って音源聴かされたら信じるレベル。
ベース氏だけ大分若くてヴィジュアル系な感じでかわいかったー。
最後の曲のベース始まり格好良かったしボーカル氏のお手玉タイムがあってわろた(笑)

■THE NOSTRADAMNZ
音出しの時に多分隼人さんが将氏が毎回登場の時に持ってるカココココココーーンってアレを鳴らしてた(笑)
今日も板付きエレクトリカルパレード→踏まれたくない人は逃げてー!からのIt's a small worldでスーパーピエロタイムの通常スタート。
最前はいつもの人たちで埋まってたけど、隼人さんがちょっと後ろで観てた人を前に引っ張り混んで踏んだり色々いつも通り大暴れしてた(笑)
今日は隼人さんがクラップを促して根本さんの煽りからのヴィルヘイムだったの格好良かった。
2曲目が新曲。Lillyよりノリが解りやすい感じでこっちの方が好きかなー。ジャンプ多め。
オモイデの「ひとつだけ覚えてて ぼくはここにいたよ」の部分を「ひとつだけ覚えてて 君は傍にいたよ」に変えて叫ぶみたいに歌ってたの、多分昨夜の移動中のTwitterに関係あるんだろうなぁとか。
脅威的ロマンス聴けてよかったー。根本さんのあくびとかぶるぶる今日もかわいかった。
隼人さん1番のAメロでは鼻ほじったりしてたけど2番のAメロは普通に叩いてるんだな。ピコピコ感あるけどライブだとバンド感が強くなって良い。
アウトロの部分が同期じゃなくてギターとベースをノイズっぽくかき鳴らす感じで終わったのも格好良かった!

今日はCMの音声がちゃんと流れてた(笑)特に変わったことは云ってなかったけど。
「ご両親が健在なことの幸せを噛み締めろ!Lilly!」みたいな謎のタイトルコールもやっぱりTwitterのことかなぁとか思ってしまった…
Skygazerの最後の繰り返しも「死ぬのです」じゃなくて「生きるのです」に変えてたし。
Skygazer終盤の隼人さんのドコドコも格好良かったし、後半の曲の隼人さんがいつもより荒ぶった感じで凄く格好良かった!
さよならロックスターは若干意外だったけど、前回は名阪でやってたから期待してたRolling onはやっぱりやらなくて残念。多分ワンマンでやるんだろうけど。
ひみつの前に珍しく「いけんのか大阪!!」的な煽りを繰り返してたんだったかな?からの「地獄に堕ちろー!」だっけ…Lillyの前だっけ…
最後はいつものテーマ曲みたいなのを弾きながら閉幕。幕が閉まった後も多分隼人さんが将氏のアレを慣らしてた気がする(笑)

■首振りDolls
去年の夏のエレホラ大阪ぶり。首振りメジャー決まったそうでめでたい。
1曲目は隼人さんが対バンの曲を勝手に叩いてみた動画を上げてた金輪罪。naoさんほんと格好良いよな…
色子の前に「将くんはこうして皆が集まって誕生日を祝ってくれて凄く喜んでると思います。でもこれが終わったら少し寂しくなってしまうことがあるかも知れない。そんな時に傍に寄り添っててあげられるのはあなたたちです」みたいな感じのMCをしてて、何か凄くぐっときてしまった。
初めて首振りを観た時にもMC込みで凄く良い曲だと思ったのを覚えてる。
ロックンロールではギターとベースのソロバトルやったりギター氏がフロアに降りてきて客にギターを渡して弾かせたりしてた。

■umbrella
1月のアーポ京都ぶり。umbrellaは大体毎回似た様なセトリなイメージがあるんだけど今日は何か変わった感じの始まり方だった印象。
1曲目の春氏のコーラス凄く良かった。唯氏が光る林檎を持って歌ってたのは新潟でもやってた曲だな、あれ好き。ああ云う曲のベース好き。
今日は唯氏の煽りも比較的少なめだった気がする。バンドの雰囲気に合ってないあの煽りさえ無ければumbrellaのライブも嫌いじゃないのになぁ…
アンコールでは出演者全員を呼び込んで、umbrellaのメンバーが1人ずつ将氏にプレゼントを渡してた。「こう云うのはリズム隊から始めるんがセオリーやから!」にわろた(笑)
春氏がスコッチワイン、柊しがたニンニクを潰す道具(業務用)、唯氏が空気清浄機。春氏のツッコミとかコメントがいちいち秀逸で凄く好き(笑)
曲はアラン。根本さんはノリノリでコーラス歌ったり春氏のベースを横から弾いてたり。メイクのまま私服で、狼のプリントのロンTに黒パーカーのフードをずっと被ってたのかわいかったー。
隼人さんはずっと下手のアンプの後ろに居て殆ど見えなかった…


途中から若干心が折れてたけどノストラがまた大阪に来てくれて嬉しかった。
前の方にはいつもの方々の他にも多分今回が初めてっぽい人も居たみたいだし、関西でもノストラが気になって観てみたいと思ってる人はそれなりに居ると思うからもっと来てくれる様になったら嬉しいのになぁ…
今日のライブを観てワンマンにも来てくれる人が居たらいいなぁ。
遠征お疲れさまでした。

20180210 THE ELECT HORROR PICTURE SHOW scene14@渋谷DESEO 

2018年02月13日(火) 23時36分


エレホラ2月。ちょっと日程が変則的で先月のから2週間しか開いてないから変な感じ。
今回もマイナスとノストラが出るのに加えて、曖昧中毒のサポートにあゆんと云う完全に私を殺しに掛かってくる面子で嬉しすぎた…
簡単にメモ。


■THE シンナーズ(シークレット)
音出ししてなかったからピノキヲかミド氏かなーと思ってたんだけど、暗転して幕が閉まったまま昔の歌謡曲が流れ始めた時点で察した。
幕が開いたら案の定センターには雄大。シークレットだからか今回は脚立は無しで普通にお立ち台。
フライヤーの出演者の欄に不自然な空白があって誤植かと思ったけど、おにーたまが匂わせっぽい書き方してたから何となく予想はしてた(笑)
1回シークレットをやってみたかったそうで、やるって云いたかったけど云ったら台無しだと云われて我慢したらしい(笑)
雄大が「We are セッ……We are シンナーズ!!!」って一瞬セクアンって名乗りかけてて何か切なくなった。
シンナーズはキネマ以来だけどセクアンよりパンク特化なんだな、今回もメイク無しで暴れ馬パンクな曲ばっかりだった。ヌンチャクソロは健在。
キネマでやってて印象に残ってた「お前の闇を愛してる」って連呼する曲やってた。


■midoriningen
midoriningen久々!去年の夏のエレホラ大阪ぶりじゃないかな…
ミド氏かわいい。緑の短髪でいかつめの顔だから隼人さんとベクトルが似てる。ツーショが見たい…
今回もMCの時に入場特典のステッカーをいそいそノートパソコンに貼ってた。聞き取りやすい様にMCの時は声にエフェクト掛けるのを辞めたとか何とか。
MCでフロアの真ん中付近に居た男性客にペンライトを先に投げておいて、えんそくのゴードンとマイナスのサラバ重力とサークル続き。
キノコカプセルでは「次の曲も簡単なフリがあります!笑ってー!」って云いながら唇の片側だけ上げる福助みたいな笑い方してて正直怖かった(笑)
ミド氏も客を楽しませるとか笑わせるのを全力で考えてるんだなーって感じるから好き。かわいい。
キノコカプセル好きだなぁ…何か凄いぐっときてしまうんだよな…


■ピノキヲ
おにーたまもキネマぶりかな、今日も喋りすぎなぐらい喋ってた。尻が攣ったそうでMC中に必死で伸ばして治してたり。
セガを愛するあまりに昔SEGAってタトゥーを入れて自らがSEGAハードになろうとしてたけど痛そうだから辞めたそうで、今日シンナーズの石丸さんがセガ好きで脚にソニックのタトゥーを入れてるのを見てめっちゃテンションが上がったとか。
逆さまに映る桜の木は本当に良い。そしてセガのゲームは世界一で敬礼するのがすっごい楽しくなってきた(笑)


■曖昧中毒
今回は三男氏がまさかのダブルブッキングのため欠席だそうでサポートベースにあゆん、三男氏はボーカルも担当してるからかゲストボーカルとしてエイジさんと云う何かもう職権濫用的な狡い面子(笑)
あゆん白塗りにいつもの朱色メイクでツインテと云うかツーサイドアップに学ランでめっちゃかわいかった…!白塗りツインテ学ランおじさんかわいいいいいいいいい!!
そして正直三男氏よりあゆんのベースの方が良いなぁと思ったりした。あゆんのベース好き。
最初の3曲は曖昧君ボーカルで、全員同時MCであゆんが手を振ったりハンドルを握るジェスチャーしながら何か喋ってるのを見てる間にしれっとエイジさんが出てきた(笑)
後半はエイジさんボーカルでステージ上の人数が増えたからかあゆんが下手の端の方に移動して見えやすくなって助かった…時々ピック咥えて指弾きしてたのも格好良かったー。
曖昧は元々ライブでそんなに盛り上がる様なバンドではないイメージなんだけど、エイジさんが歌ってると煽るのもあって盛り上がり方が違うバンドみたいだった。
マツタケとかキボウ屋とは歌い方や曲の雰囲気も違って何か不思議な感じだけど良かった!


■THE NOSTRADAMNZ
先月に続いてエレホラに出演のノストラ。
今日は板付きのエレクトリカルパレードからの「踏まれたくない人は逃げてー!」ってアナウンスが流れてIt's a〜の通常スタートだった。
隼人さんは今日も歌い終わった後に「あ、どうもーノストラダムスでぇーす」ってヘコヘコしてて嫌味だわぁwwwってなったけど(笑)
根本さんがクラップ煽りしてるけどドラムはヴィルヘイムではないし何だっけ??って思ったらEYESだった!聴きたかったー!確か7月に聴いて以来だし久々すぎて嬉しい!!
大好きな脅威的ロマンスも私は新潟ぶりだし踊る影のゴジラも震えてるも嬉しかったー!
何かトラブルで毎回MCの前に流れるCMが流れなくて根本さんが戸惑った末に結局普通に喋ってたけど(笑)
今日はひみつも無しでLillyで終わったし、先月のがビシッと固めた本気セトリだったとしたら今回はバラエティに富んだ感じのセトリにしたのかなぁとか。
セトリに期待してないから思いがけずEYESとかが聴けたのも嬉しかったし今日は後ろで観てたから楽しかったー!


■怪人二十面奏
衣装が変わってた。
龍さんにKENさんのメイクをしたらMASATOになると思う。

■マイナス人生オーケストラ
もとはるも今月初めのライブから無事に復帰して4人揃ってのマイナス。
先月はまさかのトッパーだったけど今日はトリに戻ってた。安定感。
ハルくんが登場して早々にバットを振り回してポーズをキメての復讐甲子園から。今日は途中の台詞は入れてなかった筈。手袋は救SAYで咥えてぽいってして通常歌詞。
いつも2曲目終わりにバンドコールしてるけど、今日は救SAYが終わってからも名乗る気配が無いまま虫ちゃんのドラムが始まった。
このでんでろでんでろしたドラムは去年の夏フライングヒューマノイドの前に入れてたフレーズだ!ってことは次ヒューマノイドだ!
今日はハルくんの語りは無しで「僕だけが居無い街へ、ようこそ」って台詞から。
ヒューマノイド去年の9月のワンマンぶりだから久々に聴けて嬉しかった!3拍子テクノ気持ち良い!
最後のフライング連呼のラスト2回を負リに歌わせる時のハルくんの煽り方と云うか促し方が凄く好き。
そのまま鐘の音でこれまた個人的に久々の桐島に続けると云う、名乗りがなかなか入らないちょっと珍しいパターンだった。桐島の最後に「桐島ー!きりしまぁー!!」って絶叫してたのとても良かった。

そこで漸く「我々がそして君たちが〜」からのMC。解凍後のイベントでは喋ったとしても告知ぐらいだったのに年明けから割と前みたいなおちゃらけたMCをする様になった??
3月にアルバムが出ることと東阪ワンマンのこと、下北沢Gardenは600人入るバンド史上最大キャパなので皆さん力を貸してくださいと。
公称キャパ800〜850のビッキャが史上最大では…ってずっと不思議に思ってるんだけど東京での最大ってことかな??
ハル「それと、3月のワンマンから小川って云う過去2回飛んだベースがまた戻ってくることになりまして。で、今ベースを弾いてるもとはるって云うインフルエンザになった男が誰も飛んでないのにギターに変わるって云う…」
もとはるはMCの間ずっと後ろを向いてて、ハルくんに云われても振り向こうとしないから反抗期みたいなこと云われてた様な(笑)

そして「今日はヘドバン曲ばかりを用意したので皆さんには首振りDollsになっていただきましょう!みんな首振りDollsになれるかー!首振りDollsになってメジャーに行けんのかー!!…メジャーに行きましょう。」って煽り。
新曲です!って云うからお負けの人生かと思ってたら「ヘドバンしてサビでは両手を上げて回ってください!」って指示。
あれ?フリ変わったの??ってなってたら、なんと「絶命、絶対。」初披露だった!Twitterで予告も匂わせもしてなかったのに…!
明るい賑やかい感じでイントロがヘドバン、Bメロかどこかの「絶対!絶命!」の部分で両腕をクロスさせるみたいなフリがあってサビはくるくるモッシュ。
割と展開がコロコロ変わる忙しい曲だった様な印象。くるくるしてて歌詞があんまり聞き取れなかったから早く読みたい…!
最後はよしおで駄目押しのヘドバン。フリは一緒にやってなかった。


楽しかったー!マイナスは今日はMC通りヘドバン多めの暴れ寄りセトリでハルくんも去年の夏の春頃みたいな激しい感じだった。
個人的にはそう云うハルくんは少し苦手なんだけど、ワンマンが近いから勧誘する為かMCも解禁されたっぽいのは嬉しい。
今月はライブが3本しか無くて私が行けるのは今日だけだけど下北沢しっかり埋まります様に。
ノストラも今月は名古屋、3月は大阪があるし、エレホラや名阪で動員を掴んで4月のワンマン成功するといいなぁ。
あゆんも今年はソロでライブやりたいって云ってたし期待してる!ひとまず4月のキボウ屋で!

20180127 THE ELECT HORROR PICTURE SHOW scene13@渋谷DESEO 

2018年01月31日(水) 17時21分


毎月恒例の寺子屋主催白塗りピコピコ特化型イベント・エレホラ1月編。
11月はキネマでの特別版だったし、私は12月と10月は不参加だったから通常エレホラは9月ぶり。
今週は東京が大雪だったし今季最強の大寒波とかで怯えてたけどそこまで寒くなくて良かった…
簡単にメモ書き。


■マイナス人生オーケストラ
エレホラではトリが指定席だったのにまさかのトップでびっくりした。今日はえんそく改めThe.picnicsが居るからか…
今日ももとはるは欠席でサポートベースは高橋サヲリーナ嬢。小川脱退してから凍結までの関東ライブぶり。
何故か今日はハルくんが出てきた瞬間ハルくん好きぃぃぃぃぃ…!!ってなった。謎。
犬or人間始まりでウェーブは小さい日の丸。確かイントロの敬礼みたいなので手を下ろした時にツクターンのポーズしてた様な…かわいかった…
曲の最後のキメに合わせて手袋を咥えて外して口で投げようとして飛ばなくてぺってしてたのもかわいかった(笑)
名乗りの後に「エレホラー!エレホラぁー!トッパーよろしくお願いしまーす!!」みたいな煽り。
踊っていただきましょう!で短命も久々に嬉しかった!ジュリ扇は確か黄色。ゆっけのコーラスめっちゃでかい。
からの僕の神様、個人的には持ち時間短めのイベントで当たることが少ないから嬉しかった…!
復讐甲子園の途中に「僕が正義です」「僕が真実です」みたいな台詞を入れるの京都でもやってたけど良かった!

虫ちゃんがどったんどったんドラムを叩き始めて、何か新曲??と思ったらそれをBGMにハルくんの告知タイムだった。
そう云えば京都でもやってたな…セトリの「リズミカルMC」って何かやってたっけ??って首を傾げてたんだけどこれのことか。
サヲリーナ嬢の紹介とか、3月にフルアルバムが出ることとかそれを記念したワンマンを東京と大阪でやることとか。下北沢Gardenはバンド史上最大キャパだから皆さん地からを貸してください!的な。
で、ラストD4Uだったのも嬉しかった!「大丈夫!」が明るくて力強かったのも格好良かった!
捌ける時にサヲリーナ嬢と虫ちゃんがぶつかって、そのまま手を取り合ってくるくる回って踊りながら去っていったのかわいかった(笑)
今日はエレホラでは珍しく結構好きなセトリで嬉しかったー!楽しかった!


■曖昧中毒
音出しで上手からも下手からもベースしか聞こえてこなかったから曖昧だって解りやすい(笑)
前半3曲はもうお馴染みの曲。エレホラ常連だからライブだけで覚えてしまった…
全員同時バラバラMCの後は三男がセンターになってメインボーカルで知らない曲を4曲。三男かわいいよ三男。

■THE NOSTRADAMNZ
トップか2番手かと思ってたら意外と中盤だった。隼人さんのドラムは音出しで解るし音出しの時点で隼人さんのドラムと結婚したいぐらい好き。
今日はIt's a〜無しの板付きでオモイデから。「ひとつだけ覚えてて ぼくはここにいたよ」の根本さんが好きすぎる。
キラーチューンなオモイデからクラップでヴィルヘイム、Zombie〜とシングル曲を続けてぶっ込んでくる辺り、前回の名誉挽回を図ろうとしてるのかなぁとか本気さを感じたり。
MCでは来月のエレホラにも出ることとか、今日から初ワンマンの手売りチケットが発売開始だから若い番号を巡って骨肉の争いを繰り広げてくださいとか。骨肉の争いって血縁者同士の争いのことだけど(笑)
Zombie〜はドラムが疲れるからってあんまりやらないらしい。私は割と当たってる気がするんだけど。
「井戸で死んだあの人の歌です」でSkygazer。ライブ後の遠藤さんのTwitterを見たらチューニングがおかしかったらしい。全然気にしてなかった…
Skygazerのドラムやっぱり好き!今日は「呪いへと変わる」でちゃんとシンバル押さえてて直後のドコドコも格好良かった!隼人さんのドラムと結婚したい!

そしてひみつの後に幸せなら手を叩こうが流れ始めたから察してニヤニヤしてたら曲が中断して、今日はアナウンスじゃなくて根本さんが「ピエロが来るよーww踏まれたくない人は逃げてーwww」ってニヤニヤしながら云ってた(笑)
からのIt's a〜で今日も最前に居た男性客にぶっっっちゅーーーってやったり客の耳元で叫んだり、何故かリステリンのボトルを手に暴れ回ったり(笑)
で、曲が終わったらぴたっと暴れるのをやめて笑顔でヘコヘコ腰の低い挨拶をしてたのが皮肉すぎでめっちゃわろた(笑)
幕が閉まってから周りからは「ドラムかわいかった〜」「ドラム見た目あんななのに動きがいちいちかわいかったー」とか聞こえてきた(笑)


■プロキシオン
確かスタランでエレホラやった時に観て以来だから約1年ぶり。あの日プロキシオンめっちゃ良い!ってなってタワレコで買える分の音源は揃えた。
あの後にメンバーチェンジがあったそうで衣装も変わってた。ショウタロヲ氏の声とか口調が凄く清水さんっぽくて「?!」ってなった。
やっぱりプロキシオン良いなぁ、適度な根暗っぷりとピコピコっぷりと浮遊感で気持ち良い。
孤独論は前回観た時もやってて凄く好きだった曲なんだけどタワレコにあった音源には入ってなかった…ナミダディスコも良かったなー。
ベース嬢のキャラが虫ちゃんと同じベクトルで、やっぱりヴィジュアル系で女性メンバーが混じってやっていくにはこう云うキャラじゃないと色々難しいんだろうなぁとか思ったり。
しかし今日は出演者に女性ベースが3人も居るな…

■Cosmo-Shiki
11月のキネマぶり。今日はサポートギター無しで1人だったけど、個人的にコ式にはギターは必要無いと思う派だから久々に清水さんだけで嬉しかった。
しかし1曲目からトラブったらしく「(音が)ずれてる!…ずれてるー!」って焦りながらパソコン再起動させてた。
動作確認を兼ねて始まったのがアンインストールで嬉しかったー!アンインストール好き!コ式まじ気持ち良い…!
DESEOは本当ピコピコの音響が物凄く気持ち良いからここで聴くコ式は最高に好き!

MCでは後厄だとか外に出ると悪いことばっかりあるから引きこもる様にしてるとか、でも今年はコスモ式として今までやったことがないことに挑戦しようと思ってるとか。
その一環で剣術教室みたいなのにも行ってみたんだけど、覚えが悪すぎて年下のインストラクターにイラッとされた気配を感じて行くのを辞めたらしい。
ワンマンもやるしそれに関連して色々やることがあるから地獄を見る年になりそうだけど、皆と一緒に見る地獄なら素敵なんじゃないか的な。「皆ー、コスモ式と一緒に地獄を見ないかー?!」とか。
あと節分を先取りするとかで鬼のお面を手に豆の小袋を撒いてた(笑)
「(今年挑戦することの中にはバンドマンがやることではないんじゃないか?的なこともあるけど←記憶が曖昧)それでも、音楽がやりたいんだ…!」みたいな言葉に凄くぐっときた。
そのことばからのオンガクも良かったなー。これ音源化してるのかな…吹っ飛ばされた子供の様な音楽♪みたいな歌詞の曲…


■The.picnics
同じくキネマぶりのえんそく別名義バンド。
寺子屋イベントでマイナスとえんそくなら今回はえんそくがトリだろうな…
全員白塗りに黒ツナギとそれぞれ形の違うハットでインチキ英語と片言風の日本語の外タレ設定、ぶう氏がデイブって名前なことだけは判った(笑)
キネマのときよりゴリゴリ激しくて若手の暴れ系バンドみたいな曲と煽り方だった気がする。
デイブ氏もデスボでヴォイヴォイ吼えてて、ぶう氏ちゃんとしたデスボもできるんだ…ってびっくりしたり。
曲はゴリラの丘しか解らなかったけど、通常のえんそくより今日のThe.picnicsみたいなライブの方が寺子屋以外の若手イベントとかではウケそうだなーとか思った。
クラオカさんのフライングVのアメハーっぷりと楽器隊の極悪サウンドやばい。


楽しかったー!実は9月の事件がトラウマになっててマイナスとノストラの対バンが不安だったりしたけど今回はが何事も無くて良かった…
もう2度とエレホラには呼んで貰えないだろうしマイナスとの対バンも無いんだろうなって思ってたから、キネマで配られたフライヤーで今日の出演バンド欄にマイナスとノストラが載ってて嬉しすぎてへたり込んだぐらい。
更に2月のエレホラにもこの2バンドが出ることが発表された時は震えた。
今回はノストラの評判も割と良かったっぽくて嬉しい。リベンジ成功かなぁ。
来月も出るし3月のエレホラにもノストラが出ることが今日配布のフライヤーで発表されたし、暫く続けて出して貰えるみたいだからここで動員を掴んでワンマンにも来て貰えたらいいなぁ。
マイナスもノストラもまた来月のエレホラで!

20180123 元祖さわやか会Presents『Scramble Booby Trap』2018冬@心斎橋VARON 

2018年01月30日(火) 17時06分


冬のSBTツアー@大阪1日目。個人的に去年の夏のSBTツアーは不参加だったから今回が初。
元祖さわやか会の由来がよく解らないんだけど昔ライカが作ってたさわやか3組ってオムニバスとは無関係なのかな…
そしてSBTが清水屋・BadeggBox・寺子屋の頭文字に単語を当ててあるんだと今回やっと気付いた。けど清水屋所属バンドが根こそぎ解散するし次回は果たしてあるのかしら…
この3事務所の所属バンドの中から1組がシークレットで出演すると云う誰の得にもならない謎のシステムもあるらしい。
ド平日だけどそこまでガラガラでもなくゆったり観られる程度には埋まってた。
雑にメモ。


■コントラリエ(OA)
初めまして。
衣装も曲の感じも見事にR指定もどきだった。と云うかボーカル氏の見た目が完全にマモもどきだった。ドラム氏はシュッとしたぶう氏に見えた。
指定もどき即ち歌謡テイスト強めで割と好きな感じ。3曲目の雪椿?って曲好きー。この曲のベース良い感じだった。

■THE BLACK SWAN
シークレットだけど昼間に煉氏がRTしてたからまぁ予想はついたし動員もしっかり集まってた。
TBSも解散が発表されて何だかな…シビレバシルも解散だしなぁ…
儿氏が最前の人の顔をがっつりホールドして迫っててびびった。
4曲目のスパニッシュな始まり方の曲格好良かったー。今日はいつもの最期がアカペラの曲やってなかった。
RENA氏が5弦ベース、誠氏は普通に6弦ギターだけど樹氏が7弦ギターとかヘヴィなバンドなんだなぁとあらためて思ったりした。

■シビレバシル
去年9月の学校へ行こう以来。あの時は割と普通だった気がするんだけど何かもう頭おかしかった…和泉氏やばい…
衣装は全員夏のSBTツアーの時のTシャツ総選挙のTシャツで和泉氏は顔面ペイントに近いメイクだった。
とうとつに「肩揺らしてー!!」とか叫びだして「??」ってなってたら肩を上下に動かすノリがあるらしい。そういや前回もやってた様な。
えんそくにもヘドバンならぬ肘バンがあるけど肩バンも出てきたか…フリーダムだ…
中野の曲に入る前のコール&レスポンスの時にドラムがトラブったらしく、繋ぎでレミオロメンの3月9日を歌わせ始めたり(笑)
嵐を起こしてのフリってこれか!ってやっと知ったんだけど有名なフリなのかな…
最後の歌もの曲良かった!好き!

■怪人二十面奏
マコトの衣装かわいい。KENさんと龍さんを足したらMASATOになると思う。

■マイナス人生オーケストラ
福助に続いて今度はもとはるがインフルエンザに倒れてしまい今日は3人での出演。
SEで出てきた虫ちゃんとゆっけが3割増でわきゃわきゃしてて、もとはるが居無い下手にしっかりサービスしに行ったりお立ち台付近で縦に並んで左右に顔を出したりかわいかった!
そしてハルくんがもとはるの顔コスで出てきた…!もとはるメイクに丸眼鏡とパーマ風セットで煙草を咥えて仕草や表情ももとはる完コス…何あれ凄く良い…!!
煙草はいつももとはるがやる様に登場してすぐ下手に投げて、眼鏡はライブの途中で外して下手のアンプの上に置いてた。
今日は無人になる下手への配慮かハルくんがずっと下手に常駐でたまにセンターに戻ってくる感じだった。
ベースは同期でほぼ全曲もとはる加入後のもの。意外とどれもそれほどライブで当たってなかったりするからそれはそれで嬉しかった。

厭世始まりやっぱり凄く良いなぁ。遺言のイカれた独裁者感はこの天井低めの会場に似合ってて良い。遺言の途中で手袋を噛んで外して、咥えたまままま首を振ってぽいって飛ばしてたの格好良かったし表情が狂気じみてた…
久々の寄生人嬉しかった!今日も『死ぬことと見つけたり』を小道具にしてて、イントロでページを開いて朗読してたのが凄く雰囲気出てて良かった!本は曲の途中で下手に投げ捨ててた。
「いいんだ 僕はもう 何も歌わなくても」の部分が何回聴いてもぐさっとくる。
今日もちょっとMCがあったんだけどMC解禁したのかな?たまたま続いてるだけかな?
BGM(忘却)の音量をもうちょっと上げてくださいってPAさんに頼んだり、MCを終わろうとしたところでBGMが一巡してもう1回流れ始めたのを止めて貰ってたり。
で、救SAYも久し振りだった気がする!拡声器好き!「君のせいさ」を「もとはるのせいさ」に変えて歌ってた(笑)
あしたのあたしでは踊る様な動きで戸棚から鎮痛剤を出して飲んでむせる様な仕草してた。初めて花いちもんめ参加したー。
タイムマシーンはMVにもとはるが「あなた」の役で出てるから、何か今のこの状況にちょっと重なるなぁとか思いながら見てた。待ってる!待ってる!もとはるが元気になるまで!的な。
「毎日を早送り」で人差し指で時計の針を回す仕草してるのも好き。

最後のよしおではTBSのRENA氏がベースで参加、出演バンドの皆さんを呼び込んでわいのわいのと。RENA氏のベースはもとはると全然違ってゴリゴリしてるからイメージ変わるなぁ…
各自がハルくんの小道具で遊んだりマコトは銃を拾ってフロアに突き付けたり。
喘ぎタイムでマコトにマイクを渡したから悪ふざけするぞーと思ってたら、次にマイクを渡された和泉氏が案の定暴走してた。Tシャツ捲り上げて喘ぐわハルくんが杖でこするわ(苦笑)
ハルくんがサビのフリをマイク持ったまま一緒にやってたのかわいかったー。


小川脱退後もサポートベースを入れてやってたから3人だけでのマイナスは初めてだったけど、ハルくんが下手をフォローしてたしゆっけもステージ全体を動く様にしてたりして頼もしかった。
負リークスももとはるが居無い分をカバーしよう感があって盛り上がってたと思う!
ポジティブに考えたらレアな編成+ハルくんのレアなメイクとパフォーマンスが観られたし逆にラッキーだったとも云えるし。
もとはるガリガリだからインフルが余計に堪えそうで心配だし早いとこ無事に完治して欲しい…

20180121 ART POP ENTERTAINMENT presents「睦月旅情'18〜西へ向かって走っちゃえ!〜」@京都MOJO 

2018年01月27日(土) 8時52分


毎年恒例のアーポ西回りツアーファイナル@京都。何だかんだ寺子屋ばっかりでアーポのツアーに来たのは久々な気がする…
タイミングを逃してばっかりだった地元京都でマイナスがやっと観られる!嬉しい!
本当はADAPTER。も出る筈だったんだけど、福助がインフルエンザにかかってしまってラスト3公演は欠席になった。残念。
ソールドはしてなかったっぽいけどMOJO満員だった。簡単にメモ。


■umbrella
12月のノストラのツーマンぶり。ノストラ絡みで観る機会が増えたなぁ…マイナスとも仲良いしスリーマンしてくれないかなぁ…
京都は唯氏の地元だからトリ前ぐらいかと思ってたらまさかのトップだった。
NoGoDから華凜ちゃんの脱退が決まったから何かしてあげたかったそうで、華凜ちゃんにumbrellaの好きな曲をリクエストして貰ったと微熱って曲をやってた。微熱と箱庭が歌もので好き。
しかしumbrellaは歌ものバンドを標榜してるのに、唯氏が矢鱈と煽るのが曲の感じやバンドの雰囲気的に合ってなくて非常に苦手だったりする…
あの煽りが嫌すぎて曲は好きなのにライブは結構な苦痛レベル…
アランの前に足元に割り箸の袋が落ちてたのを拾ってたのが面白かった(笑)


■マイナス人生オーケストラ
虫ちゃんがお立ち台のところに置いてあったハルくんのポンポンを持ってチアってたのかわいすぎた…!何あのかわいい生き物…
ハルくん今日は唯氏っぽいメイクかな、最近定番の黒い涙に口角汚し赤リップだった。
FREAKS〜でハルくんが隆慶一郎の『死ぬこととみつけたり』の文庫本を小道具に使ってたのが歌詞の主人公のイメージに合ってて良かった!
アルバムに収録される新曲のお負けの人生、負け組な自分たちへの明るいネガティブ応援歌って感じだった。くるくるモッシュとサビでワイパー。
「どうして死んじゃいけないの 僕の命は僕のもの」とか「一度死のうとした人間は絶対幸せにはなれない」みたいな歌詞にぐさっと来た。私は幸せにはなれない。
底抜けに暗い歌詞を底抜けに明るいピコピコサウンドに乗せて楽しく盛り上がる、って云うのがマイナスを知った当時の印象だったから久々にそのベクトルの曲が来たなぁと思った。
ちらっと見た前評判では心音ノイズみたいな系統かなぁと思ってたらちょっと違ったけどこれはアルバムが楽しみ!
どぐまぐも久々に聴けて良かったー!復讐甲子園も久々。ハルくんが金属バットでもとはるの頭を狙ってた。うっかり手が滑って私の頭にホームランしたら良いのにって毎回思いながら観てる。
短いMC的なので京都また来ます!って云ってくれたの嬉しかった!また来てー!ゆっけの地元だし!
ゴスロリのもとはるの甘い言葉は「京都で太陽を感じなさぁーい」的な感じだった気がする。
ゴスロリの煽りで「京都ー!きょーとー!おてもやーん!」は何か間違ってるし「頭振らなかったらぶぶ漬けどすえー!」にわろた(笑)
アウトロらへんとかシャウトしてたしハルくんが久々に結構激しくてちょっと怖かった…
熱かったー!楽しかった!


■Develop One's Faculties
ex.cocklobinのyuya氏とsora氏の新バンド。
sora氏がヨハネスって名前になって露出の激しい衣装のクレイジーなキャラに変わった時は何があったのかと思った。yuya氏はギターボーカルに転身。
ヨハネス氏に割とドン引きして敬遠気味だったんだけど、あゆんが配信でちょこちょこ流してるのを聴いてたらどれも好きな感じだから結構楽しみにしてた。
1曲目はyuya氏が本を手に台詞みたいなのを芝居がかった口調で読み上げてるし、2曲目は変拍子と云うか転調と云うかがバリバリの何かもう凄く難解な感じでぽかーんとしてしまった…
イメージとしてはMoranとかamber grisとか9GOATSとかcocklobinとかの所謂アート系を煮詰めて皮肉を散りばめてひねくれさせて攻撃的に難解にした感じ。
誰でもウェルカムな感じでは決してない、全力で突っぱねて解る人だけ聴いてくれたらいい系の物凄く人を選びそうなバンドだなぁって印象。
どっちかと云うと他ジャンルっぽいなぁと思った。セカオワとかゲスとかあっち系のひねくれこじらせ文学系に近い目線を感じる。あとてんてんがやってるラッコとか親和性ありそう。
音の感じもyuya氏の声や歌い方も凄く好きではあるし、比較的解りやすめな4曲目と6曲目とかも凄く好きだった。
如何せん私にはまだ難解すぎてついていけないけどとても面白いし興味深い。これは様子見しておくべきバンドだわ…
MOJOはステージが低いし後ろは視界が悪いから何かと話題のヨハネス氏の衣装は見えなかった。

■S.Q.F
少なくとも15〜16年以上前からやってるバンドだなであることは知ってるけど初めまして。
ハルくんはサポートドラムの竹村さんがタイプらしくこのツアー中によく絡んでたけど、今日はとうとう左頬にハルくんのキスマークをべったり付けられて出てきて会場が沸いた(笑)
確かに今日のハルくんのメイクはセクシー赤リップだったけどもwww
1曲目のギターの音がめっちゃ90年代だった。全体的にメロもその時代の匂い。michiさんは声が高めで歌い方の癖とかもLaputaっぽい。
煽りで「今日もイケメンでごめんなさぁーい☆」って叫んでてお、おぅ。ってなった。
MCではひたすら竹村さんとハルくんのことをいじってた(笑)
あのキスマークはメイクじゃなくてガチでハルくんので割と本番直前にやられたらしい。ライブ後にハルくんがその様子をTwitterに上げてたけど(笑)
最後に景気良くTシャツを数枚ぽんぽん投げてた。太っ腹…


■NoGoD
多分2年前の夏のアーポのイベントでここで観て以来。
先日華凜ちゃんの脱退が発表されて本当びっくりしたし今日どんな感じになるのかちょっと不安だったりもした。
今日はほぼ1曲も解らなかったけど極めていつも通りのライブだったし団長も脱退の件には一切触れずでちょっとほっとした。
団長はツアー中に福岡だったかの歓楽街で夜のお店のキャッチに遭ったんだけど無視し続けてたら、日本語が通じないんだと判断されたらしく今度は中国語で誘われ続けたらしい(笑)
あと大阪のコンビニでおにぎりを買ったら、10数年バンド活動で大阪に来てて初めて「温めますか?」ではなく「ぬくめますか?」と訊かれたのが衝撃だった模様。
彩白って歌もの曲良かった。
確か4曲目で真っ赤な照明の中で弾いてるKyrie格好良かった…Kyrieの上手ギターっぷり好き…華凜ちゃんのスラップもめっちゃ格好良かった…
最後の万歳させてる曲が何か笑顔で終わらせようって意思を感じてぐっときた。

アンコールではセッションがあるからか最前の人が微妙に変わってたらしく団長が突っ込んでて笑った(笑)
出演バンドの皆さんを呼び込んでたんだけど、日焼け肌にサングラスの人はアーポのスタッフか何かとして来てた絶ハのメンバーかと思ってたらヨハネス氏らしく衝撃を受けた…もうキャラがよく解らない…
ハルくんはメイクのまま私服の黒パーカーで上手でわいわいやっててかわいかったし、ゆっけが虫ちゃんをお父さんが子供にやるみたいに後ろから抱き上げててかわいすぎた。
1曲わいわいやって終わり。最後に団長が睦月旅情ツアーに参加した全アーティストをコールしてたんだけど、「これで全部?忘れてない?!」って確認してた割にピノキヲを忘れ去ってた。おにーたま…
捌け際にゆっけと誰かがさっき虫ちゃんにやってたみたいに団長を抱き上げようとして断念してた(笑)
そして1人だけ最後まで残った華凜ちゃんが「ありがとうございましたー!」って云ってたのに胸が詰まったり。京都はこれが最後だから。


楽しかったー!やっと地元でマイナスが観られて嬉しいしDOFも観られたし、華凜ちゃんが居るノーゴも私は多分これが最後だから観られて良かった。
あだぷたが欠席になったのは残念だったけど早く治して早くまた京都リベンジしに来てね…
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遠里
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・ばんぎゃる活動-びづある系が好き。
読者になる
ほぼ個人的な記録用。
通常ブログは遠天ノヰロヲゼ。にて。

※記憶力が非常に残念なので、MCは「大体こんなニュアンスだった」程度。
LIVE内容に関しても全体的に記憶違い・幻聴幻覚注意。
セットリストは追記欄に。
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧