20170520 揺れる傘、廻る歯車vol.3@club vijon 

2017年05月27日(土) 19時07分


umbrellaとMoreのカップリングツアー@大阪。
と云っても今回の目当てはOAとして出演したTHE NOSTRADAMNZ。
去年3月の結成時からずっっっと大阪に来てくれるのを待ってた…!告知を見て速攻でチケット買ったし必死で休みも取った。
60〜70人居るかどうかぐらいかな、快適に観られた。vijon好き。

■THE NOSTRADAMNS
ex.DISHの根本さんと昔トーマスのサポートドラムだった隼人氏+他ジャンルで活動中の遠藤さんで結成されたバンド。
根本さんがベースボーカル、遠藤さんがギター、隼人氏がドラムのスリーピースでジャンル的にはパンクになるのかな?
サポートの隼人氏のドラムが物凄く好きでトーマスを好きになった様なもんだし、DISHの根本さんも好きだったから去年3月の結成時から期待しか無かった!
音源は会場&クロチャ限定だから毎回クロチャ通販が始まった瞬間に買っては聴きまくってた。
メンバーが社会人なのもあってライブは東京ばっかりだけど、先日リリースのフルアルバムと共に今回やっと大阪に来てくれた。もうこの日をどれだけ待ってたか…!

SEはディズニーのIt's a small worldの替え歌で、メンバーが交代で歌いながら登場。
隼人氏はピエロメイク+顔中におもちゃのゴキブリを付けてる強烈さで、上手最前の端に居た男性客に思いっ切り濃厚なちゅーしてて遠藤さんが「大丈夫?(笑)」って訊いてた(笑)
遠藤さんの衣装がアー写と違って黒のパーカー、根本さんは黒ライダースに眼鏡でめっちゃ格好良かった!根本さんの眼鏡大好き。
1曲目から手拍子でを煽ってヴィルヘイムに告ぐ。この曲はジャンプらしい。
オモイデも大好き。多分こう云う青春パンクっぽいのはこの世代にはぐっとくると思うの…
曲はTHE青春パンクだけど、青春パンクと違うのは歌詞が明るいとか前向きではないところで個人的にそこが刺さるポイントだったりする。
ギターソロでかえるのうたがフィーチャーされている遊び心(笑)ここでサークルやりたい感。
「ひとつだけ覚えてて ぼくはここにいたよ」ってフレーズが本当に好きすぎる。そこを胸をかきむしるみたいにもどかしげに熱唱する根本さんが格好良すぎて。
曲中でちょこちょこカウベルが入ってるんだけど、最後のスコンって間抜けな音で締めるのが地味に結構なツボ。
根本さんの「東京観光に行かないか?」と云う言葉でTokyo。これは全英詞でオモイデよりはポップめ。

MCで根本さんが「THE NOSTRADAMNZとしては初の大阪で、個人的にも大阪には久し振りに来ました」みたいなことを云ってたんだけど、私が前回根本さんを観たのはDISH脱退前の最後の大阪でのライブだったから今日来られて良かった。
そのライブの時にやってたナミダレインの歌詞と、ライブ後に根本さんがTwitterに書いた「また会えるといいね」って言葉がずっと残ってたから。
どのタイミングだったか覚えてないけど曲に入る前に根本さんが眼鏡を外したのが異様に格好良かった…
Zombie world〜はライブで盛り上がるだろうなーと思ってたらやっぱり凄くライブ映えする曲で楽しかった!
震えてるは大好きで大好きで、同時にMVが公開された世界と真実そっちのけでひたすらこの曲ばっかり再生してたぐらい好きな曲だから聴けてほんと嬉しい…!
Rolling onも大好き。何となく勝手に青春系の映画とかのエンディング曲っぽいイメージがある。ひみつはヘドバン曲だった。

OAって扱いだから3曲ぐらいかと思ってたけどこんなに曲を聴けてめっっっちゃ嬉しい!umbrellaとMore本当にありがとう…!
初の大阪ライブと云うことでBEST OF ノストラダムスっぽい選曲だったのかな?
ストレートで荒削りな感じのパンク基調の曲も拳メインのノリも含めてあんまりヴィジュアル系っぽくはないバンドだけど、その分ノリやすくて凄く楽しかった!
大阪に来てくれるのをずっと待ってたけどこれなら遠征できる…でも是非また大阪に来て欲しい…!
めっっっちゃ楽しかったーーー!!!


■umbrella
マイナスの走馬灯ホログラムぶり。その時とは衣装が変わって今までのumbrellaらしいイメージに戻ってた。唯氏が雨傘をさして出てきたり。
新譜が出たそうで今日はその曲を中心にやってたみたい。2曲目と3曲目が好き。前半のセトリが個人的に思ってるumbrella感で好き。
6年ぐらい前に初めて観た時にhate red,dip itみたいなラウドな曲の時のプラっぽいと思ったんだけど、やっぱりそのイメージは間違ってないと思う。
そして最後の曲では唯氏が雨傘をさして歌い始めて、青い照明と束状の細いレーザーが雨みたいでとても良かった。
アウトロでまだ続いてる演奏の上に雨音が被さって、その中を傘をさした唯氏が捌けていく終わり方がとても印象的だった。
確か最初にumbrellaを観た時も雨音が退場SEだった記憶。


■More
ex.SugarのLoki様と12012の塩谷とex.ガゼットの由寧の新バンド。
Sugarの解散ライブ以来8年ぶり?にLoki様を観た。幕が開いた瞬間にマイクスタンド高っ!ってなる久々の感覚(笑)
MoreはOPからスクリーンで映像を使ったりもしてたし、衣装も90年代っぽさがあるあの雰囲気で拘りを感じた。
Loki様と云えば露出度の高い衣装だったのに、今回は軍服っぽい首元の詰まった足元まである長袖ロングジャケットにブーツで全く肌を出してなくてびっくりした。
が、Loki様がモニターに脚を掛けた瞬間にジャケットの隙間から太ももまでの網タイ+ガーターベルトの絶対領域が見えて、あぁお変わり無い様で…って何か安心した(笑)
曲は大人っぽい曲調とでも云えばいいのか、雑に云ってしまえばSugarみたいな感じのものが多くて、サポートメンバーでキーボードが居るのが凄く効果的だし大きな強みだと思った。
新曲ではギターソロ中に歌に入ってしまったLoki様が塩谷に肩を叩かれて、照れ笑いしながら後ろを向いて踊ってたのに笑った(笑)
MCによるとこのカップリングツアーは恒例だそうで、両バンドともお互いの曲を交換してカバーしたりするらしい。umbrellaは1曲目がMoreのカバーだったと。

アンコールではumbrellaとノストラからは隼人氏が呼ばれてセッション。遠藤さんは物販、根本さんはさっきリュック背負って出ていったから帰ったっぽい。
隼人氏はスッピンで春氏と肩を組んでビール飲みながら出てきた(笑)
セッションと云ってもMoreの音源化してない曲だそうでumbrellaメンバーはステージでうろうろするしかできず、唯氏は探り探りそれっぽいコーラスをしてた(笑)


umbrellaとMoreって曲の感じも全然違うバンドだし何となく意外な組み合わせだけど仲良かったのか…
このカップリングツアーはいつもツーマンだけど今回はOAとしてノストラダムスも呼んでみた、とのことで、ノストラを大阪に連れてきてくれたことにもOAなのに長めの持ち時間をくれたことにも本当に感謝しかない。
とにかくノストラめっちゃ楽しかったし格好良かったから全力で推していく!隼人氏のドラムを7年ぶりに生で聴けて観られて嬉しい!絶対またライブ行く!

20170502 ART POP ENTERTAINMENT PRESENTS magical G.W tour-2017-『Let's Go!Go!G.W』@名古屋HeartLand 

2017年05月09日(火) 19時54分


ADAPTER。の会場限定シングルの為に突発的に来てしまったアーポ主催GWツアー初日@名古屋。
大阪の日は仕事だし、今後も予定が合う日が無いから定休日の今日しかチャンスが無くて…
ハーランは伏見にあった時に2回ほど行ったことがあるけど移転後は初めて。同じビルの上の階がダイヤモンドホール、隣の部屋がSPADE BOX。
今日はダイホでR指定、スペードボックスではアイドルの握手会らしい。
前日の夕方に行くことを決めてチケットを買ったんだけど、100人居無いぐらいで快適に観られた。
簡単にメモ。

■絶リン☆ハグキ
去年の夏のアーポ主催ぶり?変わらぬ青ツナギ青塗りサングラス。
本当だ!確かに今日の出演者にはバンドが1組も居無い!ドラムもアンプも無い!こんなの初めて!
2曲目の栄光の架橋(ゆず)の替歌で心が死んだ。もう死にたい。
3曲目は茨城弁の「ごじゃっぺ」と云う言葉(馬鹿とかそう云うニュアンスらしい)を元にしたコール&レスポンス歌。
岡澤「GWにこんなイベントに来る君らもごじゃっぺだから!自分をマトモだと思っちゃいけねぇ、みーんな思ってる以上にごじゃっぺだ!」
相変わらず良い声と歌唱力の無駄遣いだった。

■ピノキヲ
12月のエレホラぶり。
毎回近場でライブやってる大きめのバンドをネタにしてるけどやっぱり指定ネタ出してきた(笑)
こっちがおにーたまで向こうはお兄ちゃんだし絶対引っ張ってくると思った(笑)
うゆに「おにいたまって呼ばせ始めたの絶対僕の方が早いと思うんだけど!!」
競うまでもなく間違いなくおにーたまの方が早いと思います(笑)
指定のファンの呼称の話題に反応が薄い客に「君たち(あっちには)あんまり興味無いでしょ?興味あったら素直に上に行ってるもんね、最初から」って云ってて、何か謎の安心感を覚えたアーポ主催。
声を出させる時の「さぁここをダイホだと思って!あれー、ダイホ思ったより小さいんだー」って煽りとか。
あと清水さんに悲劇が起こったらしいんだけど詳しくは本人から直接、って云ってた。
今日も逆さまに映る桜の木やらなくて残念…
セトリを見てたらやらないことの方が少ないのに私4〜5回ピノキヲ観てて最初の1回しか聴いたことない…

■Cosmo-shiki
コ式も12月のエレホラぶりー。
衣装が変わってて、白黒ストライプのインナーに90年代の黒服系っぽいだぼっとした腕とかにベルトが付いてる感じのカットソー。と、例のもふもふ帽子。
猫Sickの清水さん可愛すぎる…腕を上げて拳っぽく揺らしてみたり腰に手を当ててみたりあちこち指差してみたり。
MCでさっきおにーたまが清水さんに悲劇が起こったとか匂わせてた事案について。
自主レーベルから久々の音源「NEKO SICK」が今日から発売で、プレス会社から今日ライブハウスに直接送って貰うことになってるとTwitterでも書いてた清水さん。
清水「あのね、99%僕が悪いんだと思うんですけど…(PAさんに)2曲目を再生してください」
流れ始める清水さんの歌声。が、何か違和感。
清水「そうです、アカペラなんです」
音源がちゃんと届いて嬉しくて出演者の皆さんに配ってたんだけど、岡澤氏のパソコンからアカペラの自分の新曲が聴こえてきて最初は岡澤氏のイタズラかと思ったらしい。
清水「嘘でしょーと思って他のも破って開けて聴いてみたんですけど…コスペラーズでした」
データを間違えて送ったらしくまさかのボーカルトラックしか入ってなかったらしい…
コスモ式だからゴスペラーズならぬコスペラーズとかこんな事態なのに上手いな清水さん…

「これはこれで欲しい人も居るだろうからもう売ってしまおうかとも思ったけど…あの、これは世に出しちゃいかんよ」
6月には出し直せる様にするので時間をください!と云うことで発売延期…清水さんガチで泣きそうなテンションだった…
「1000枚作っちゃったけどな!」ってもう曲を世に出したくないなら外側のジャケットだけでいいから売ってください買うから!!!
「最後の曲です…これをね、聴いて欲しかったんだ。CDで。」
で、今日リリースする筈だった新曲STARFLYERの完全版。透き通った感じで浮遊感がある暗めの歌詞と云う好みな曲だった。
本当に延期が残念すぎるけど清水さん元気出してください…6/4のエレホラには間に合ったらいいな…

■Dacco
前回観たのがいつだったか思い出せないけど多分かなり久々。
ステージに置いてある人形のパネルは少なくとも4年前から変わってないけど長持ちだなぁ…
入りしてから時間があったから、SPADE BOXでやってたSKEメンバーのソロのファンの集い的なイベントにYURAサマが偵察に行った話を長々としてた。
Lidaが唐突に「…皐月!」って云い出したのを聞いて、だからコ式のMC中のBGMがトトロだったのか!と思い至ったりした。
春だからFall in LOVE in the springだったけど個人的にはwinterが1番好きです。

■ADAPTER。
あだぷたは1ヶ月ぶり。会場限定シングルに合わせて今日から新衣装になってた。
白い着物+黒い袴に黒地に赤っぽい柄の派手めな羽織で黒いハット、頬文字は「伝染。」。福助かわいい。
1曲目は今日から発売のシングルの曲だったけど、収録されてる2曲とも前からライブでやってるらしい。
アンポンタンって連呼してるのが異様に耳に残る(笑)アンポンタンとか久々に聞いた。
1〜2曲目らへん、何となく福助の声が調子悪そうに聴こえたんだけどそう云う加工かなぁ。
最初の口上も噛んだり、同期が遅れて聞こえる機材トラブルがあったり割とぐだぐだ(笑)
「あれー?声が、遅れて、聞こえるよー」っていっこく堂の真似しながら直してたのかわいかった。福助かわいい。
そして清水さんの悲劇・コスペラーズをサンプリングして本能モジュールに使ってたのが良い感じに合ってて流石福助だった。
テンポが丁度合うからとPPAPとリミックスしてたのも絶妙に合ってたし、それに合わせてあの動きしてる福助かわいいし(笑)
入りしてから準備とか色々あるだろうに短時間でそんなものを作ってしまうんだからプロだなぁ。福助のセンス好き。
が、本能モジュールが半分ぐらい終わってところで同期が止まって「いっつみーの呪いだぁー!」って叫びながらもう1回最初からやり直し(笑)

物販で以心伝染心を買った人は終演後に福助から直接手渡し+1000円追加でツーショットチェキを撮れる特典もあると云う宣伝もあり。
そんな以心伝染心は「あのバンドで云うところのΦD、ADAPTER。のはじめの一歩ぐらいの盛り上がりでお願いします!」らしい。
確か先月もやってたんだけど、今までのあだぷたには無かった新しい感じの曲だなぁと思った。女性コーラスが入ってたり、大人っぽいと云うか何かセレブ的な。よく解らんけど。
ギターソロでは「社交辞令タイムです!僕に向かって思い切り咲いてください!」と(笑)
アンコールでは、今日はバンドが居無くて出演者の人数が居ない少ないからと全員ステージに出てきてはじめの一歩。
清水さんがさっきのPPAP×STARFLYERをもう1回流す様に頼んで「Uh〜!」の部分をやってた(笑)


初っ端から心が殺されて割と帰りたくなったけど、清水さんかわいいしコ式気持ち良いし福助かわいいしあだぷた楽しかったから結果オーライ。
新幹線の時間にも間に合いそうだったから福助とチェキも撮ってきたー。
コ式がレコ発になれなかったのが残念で仕方無いけど改めて来月の発売が楽しみ!

20170430 BadeggBox presents「BATTLE FEAVER TOUR 2017」@心斎橋VARON 

2017年05月04日(木) 15時43分


ミネの事務所主催のツアー4本目@大阪。
アーポでも寺子屋でもないけど出演者の顔ぶれが完全にそっち界隈(笑)
今日も2段目を物販にしてたけど、かなり混んでたから開演前に物販を少し後ろに下げてくれてちょっとマシになった。状況を見てこう云う柔軟な対応してくれるの有り難い…
しかし客がアレでちょいちょいアレな目に遭ったのと色々アレだったから一言メモだけ(´―`)

■藍-AI-
デスゲ藍ちゃんのソロ活動。藍ちゃんがギターボーカル、ギターとベースとドラムがサポート。今度このメンバーでDARRELLなる新バンドを始めるらしい。
しかし最後にデスゲを観てから何年ぶりに藍ちゃんを観ただろう…
1曲目がメロディが綺麗な歌もので、藍ちゃんの声は温かいなーと思った。ヘヴィでラウドでデスボで吼えてる曲でも何か藍ちゃんの声は温かい。
最前の客をめっちゃ構ってたのがイメージと違って意外だったけど。
ベースの人が叫様に見えたからそろそろ叫様分が不足してるのかも知れない…

■Neverland
去年の6月のSick2がでてたイベントぶり。
前回はボーカル氏が赤髪に短パンだったけど今日は銀髪にファーの仮面だった。
この面子の中だと明らかにヴィジュアルも系統も浮いてるけどこのツアーには去年も誘われて参加してたらしい。
今日は知ってる曲が1曲も無かったけど、皆さんに感謝の気持ちを込めてこの曲を贈ります!みたいな曲紹介で始まった最後の曲が凄く好きだった!
ワンマンの最後とかにやりそうな感じの歌もの曲で照明全開で雰囲気も良かったし、間奏のバスドラに合わせて弾んでるボーカル氏かわいかったー。

■The Benjamin
マイナス凍結の走馬灯ホログラムぶり。衣装が変わってた気がする。サポートドラムはピンキー氏かな?八嶋智人に似てた。
ミネが一瞬エンジェルに見えてしまったからやっぱりNOIZに行った方が良いのかも知れない…
ツブクかわいい。3人とも歌うけど個人的にはツブクのボーカルが1番好みー。
3曲目がツブクがボーカルの歌もの、4曲目がSNSとか何か現代の若者の思い的なシリアスな曲。この2曲好き。4曲目良い曲。

■TЯicKY
マイナス主催の不適材適所から4年ぶりぐらいに観た。同期だけは無駄に格好良い。
バナナの曲でバナナを投げてたのはミネの許可を取ってるらしい。そういやバディーズで投げてたな…
次のもやしの曲では袋入りのもやしを投げてた。
4曲目5曲目は前に観た時もやってた曲で5曲目は痛くて割と好き。
4曲目で花束を持ってフロアにプロポーズしに降りて来て、ステージに帰ろうとしたら通せんぼされて囲んで土下バンされてたの面白かった(笑)あれ毎回やってるっぽい(笑)

■マイナス人生オーケストラ
登場して全員揃っての第一声は「どうもマイナス人生オーケストラです、皆さんを救いに来ました!」だった。あれ凄く良い。
ハルくん今日は金髪くるくるふわふわだった。ストレートのが好きだけどこれも久々な感じでかわいい。
日本劣等始まりで「どんどんいきます!」って煽りでスプーン曲げと続いて、あぁ今日も激しい系のセトリっぽいなぁと思ってたら不意打ちの天使キラー。
歌い出しの「池袋駅で」は「心斎橋で」に変えてた。こう云うのちょっと嬉しい。3番ホームは無いけど(笑)
ハルくんには完全に主人公の通り魔が憑依してて、瞳孔かっ開いたイッちゃってる表情でナイフを振り回して、でも「あの人」に会いに行ける方法を知って最後の合唱の後に人間の穏やかな目に戻る表現とか凄く良かった。
Twitterのプロフィールに「イタコ系」って書いてるけどまさにそうだなぁと思う。

「キラーチューンです」って鳥人間たかしが来たのも嬉しかったし更にD4Uで終わったの凄く嬉しかった…!
解凍後に観たイベントが2回とも激しめのセトリでハルくんの荒々しいパフォーマンスに戸惑ってたから、やっと歌もの多めのこう云うセトリが聴けてよかった…安心した…
サビで「大丈夫」って台詞っぽく入れるのも確か1回だけやってて、それを聴いて尚更あぁ大丈夫だ、って安心できた。よかった。
あと今日は「不幸の中に幸せはありますか?」の部分を「○○○(聴き取れなかった)に天国はありますか?」って変えてた。
最後に捌ける時に今度は多分「皆さんを殺しに来ました」って云ってたのも良かったなぁ。寧ろ最初の言葉は「救いに」じゃなくて「巣食いに」だったのかも知れない。宗教に関しては救うと巣食うはほぼ同義だから。

■怪人二十面奏
ドレミ團のマコトとKENさんの新バンド。マコトを観たのは3年ぐらい前の夏クラのTHE BEETHOVENぶりか…
バンド名のイメージ通り黒マントに黒い学生帽みたいなので曲も昭和初期とかっぽいテイストの猟奇系やさぐれ歌謡ロック。
マコトはドレミの時から一貫してこう云う曲調とあの髪型を続けてるのが凄いなぁと思う。歌謡系好きだから曲はどれも好みだった。
2曲目で「皆さん包丁ライト持ってますか?あ、少なっ!持ってない人はレンタルします!後で物販に返してください!気に入った方は買い取りもOKです!」って包丁型のペンライトを大量にフロアに回してくれたのが斬新だった(笑)
これを持って拳とか手バンしたら包丁でめった刺しにしてるみたいに見えるのなかなか良いアイデア。ちょっと危ないけど。
怪人二十面奏と電脳オブラアトとホタルでスリーマンしたらヴィジュアル歌謡ナイトだ。
しかしマコトは関西人の鑑の様な喋りだった。あの人確か奈良出身なのにコテコテの大阪ノリだった。
さっきハルくんが日本劣等で振り回してた金属バットをステージに忘れていったらしく拾ってネタにしてたり。
今度はKENさんがMASATOに見えたからやっぱりそろそろNOIZに行くべきなんだろうな…

アンコールでは怪人二十面奏+出演者一同でトーク。Neverlandはスッピンのボーカル氏だけだった。
ぐだぐだとトークを繰り広げてたんだけどマコトとミネのTHE BEETHOVENコンビ+トリ様が酔っ払いのおっさんノリで暴走して割とげんなり。他は全員置いてきぼり。
ハルくんこう云う人数が多くて我の強いテンションの高い集団の中だと全く喋れなくなるイメージがある(苦笑)
今日の出演バンドは皆5月のKANSAI ROCK SUMMITにも出るので〜って流れからの「僕は呼ばれてないです」ってトリ様のオチはちょっと面白かったけど。
昨日が誕生日だったゆっけは今日も誕生日ネタを引っ張られて今の心境を訊かれる→「大迷惑!」って云う曲フリで、アンコールはユニコーンの大迷惑セッションだった。
藍ちゃんは「ボインの誘惑に」の部分担当で背後から誰かに胸を揉まれてた(笑)この前のブログの「乳揉まれ記念日」ってこのことか(笑)
こう云うセッションがあるとやっぱりハルくんの声が1番好きだなぁと思う。ハルくんの声は世界遺産。

今日はやっとマイナスの歌もの寄りセトリが聴けて少し安心できたことだけで十分です。
1日遅れたけどゆっけ誕生日おめでとう。

20170416 メトロノームNEW ALBUM「CONTINUE」発売記念ツアー『現段階MONO/POLY』@BIGCAT 

2017年04月24日(月) 22時51分


メトロノームのアルバムリリースツアー3本目@大阪。
BIGCATの外のガラスがロゴ入りテープでCONTINUEのジャケット風にしてあって入場前からテンション上がった!
前回の江坂は激戦だったけど今回はビッキャと云うことで6〜7割ぐらいかな、程よい埋まり具合で快適に観られた。
ざっと覚え書き。

SEはCONTINUEの1曲目ので機械音声のメンバー紹介で1人ずつ登場。
ステージにもロゴ入りテープが張り巡らせてあってパソコンのモニターが6台ぐらい。ステージが広いからか前回より増えてた。
今回のフクスケは前髪パッツン赤メッシュの黒髪にオッドアイで口角汚し赤口紅と云うドマイナー感溢れるヴィジュアルで何か変な感じ。
頬文字は「東京。」だったらしい。今回はアルバムの曲名シリーズみたいだから東京ロマンチカかな、ここ大阪なのに(笑)
今回のサポートドラムはCASCADEのHIROSHIさん。あだぷたでCASCADEのカバーしてたのを思い出すと何か凄いな…

シャラクの「メトロノームだ!」から1曲目は空想ヒーローだった。
ならフクスケの頬文字は「空想。」にしたら良かったのにー。もう既にやったんだっけ?
アルバムを通して聴くとメンバーの作る曲は本当に3人それぞれの特徴があるよなぁと思った。
私がソロから入ったからかも知れないけど、活休前と比べて各自の個性が更にはっきり出てるなぁって。空想ヒーローなんか福助の声で脳内再生余裕だもの。
「久し振りの曲だけど覚えてますかー?こう云う感じです」とシャラクが客に振り付けを思い出させつつINFOMATION。
そしてスタッフがアコギをセットしに来て何だろうと思ったら魔法だった!魔法大好き!嬉しい!!
フクスケはタルボを持ったままスタンドにセットされたアコギをかき鳴らしてギターソロではタルボを弾いてた。
今まで観た中ではアコギ部分もエレキでそれっぽく弾いてる人が多かったし、ましてやメトはピコピコバンドのイメージしかないからちゃんとアコギで弾くのが意外でびっくりした。
福助のアコギ自体はTHE BEETHOVENとADAPTER。で1回ずつ観たことるけど、メトの衣装でアコギって云うのが新鮮で格好良かった!
魔法は同期もベースも好きだし、メトは好きな歌詞が凄く多いけどその中でも特に好きな曲のひとつだから本当嬉しい…

からの今度はリウがイントロのキーボードを弾いて東京ロマンチカ→千年世界に続くのあざとずるい。
この2曲は完全にリウのソロでやってる世界観だからメトに持ってきたのが不思議だったぐらいだけど、この流れで聴くと良いなぁと思った。
暗いbabyではシャラクもキーボードを弾いてたり解離性ではフクスケもテルミンやiPadを操ったり。
フクスケが前に出て来て頭ちょいちょいってやりながら煽って指でOKサイン出しながらにーって笑うの大好き。かわいい。
MCもシャラク絶好調。大阪はクリスマスぶりなので今日がほぼクリスマスみたいなもんですね、とか明けましておめでとうございますとか(笑)
シャラク「昨夜の粉ものに続き今夜の打ち上げでおいしいお酒を飲む為に皆でオイラのモチベーションを上げてください。
こう、皆はオイラがー?大好きー!みたいな…皆シャラクのことがー?」
(客:\大好きー!!/)
既に覚えてないけど取り敢えずMCめっちゃ面白かった(笑)

メトは音源では結構ピコピコ感があってもライブだとかなりロックロックしてるなぁって云うのも凄く思う。
やっぱりシャラクは歌い方とかパフォーマンスも喋り方もぶりっこでかわいいイメージが強いんだけど、自分コンプレックスで赤い照明の中「なんにもねぇなんにもねぇ」の部分を俯いて合掌しながらお経を唱える様にぶつぶつ歌うのがとても不気味で良かった。
ぶりっこかわいい部分もだけど、こう云う不気味な部分もシャラクと云うかメトの特徴だと思う。残念僕の人生とか三つ数えろとかと同じベクトル。ピコピコ明るい楽しげな曲と根暗で鬱な歌詞、ぶりっこかわいさと不気味さの二面性みたいな。
フクスケも暫く一緒に合掌してからギターを弾きに戻ってた。
江坂ではフクスケきもい!!って思ったけど今日はそんなにきもくなかった。両手広げたりくねくねしたりはしてたけど。
暗いbabyのAメロではギター弾かずに何か乙女になり切ってた。
あと何かの曲でフクスケもキーボードを弾き始めた!と思ったけど同期に合わせてエアキーボードしてただけっぽい。無駄に上手かった(笑)
そしてフクスケに気を取られてると視界の左端にリウが生える。頻繁にキーボードに乗るから本当ににょきって生える(笑)

フクスケ「ベイビーちゃんたち〜、なんで突然フクスケが喋り始めたんだ?って思ってるだろ〜?豆腐メンタルの最初の部分はMATSURIと同じく俺のお喋りタイムになることになったんだぜ?」
フクスケうぜぇ(笑)私フクスケファンだけど(笑)
シャラクが体力作りの為に自転車でスタジオに来るってフクスケが云ってそこから筋肉ネタになったんだっけ?リウの鍛え方が凄いとか。
で、豆腐メンタルでは日替わりでメンバーが振り付けを担当するそうで、今日はリウが指名されて「無理だよ!嫌だよ!!」って拒否してた(笑)
嫌がりながらもチアガール風の振り付けを披露するリウと「もうちょっとひねらない?」って振り付けを手直しするフクスケ。
フクスケ「これポンポン持たせたいね!」
どこかでフクスケが「まだまだいけんのか大阪ー!」みたいな煽りをしてたんだけど、それをシャラクが真似て煽ってたのかわいかった。
めんどくさいに続いて気が狂いそうな時に口ずさむ歌。あれ短いから何回かセットでやるんだな、NOIZのfみたいな感じで。
4回まわしだったんだけど最後の1回はシャラクが勝手にやったっぽくて「後ろの3人を疲れさせてやりました」みたいなこと云ってた(笑)
Φ-Dでビッキャがゆさゆさ揺れてた。ボク偉人伝楽しい。敬礼してるメンバーかわいい。

アンコールはフクスケの時間から。
フクスケ「復活ツアーの時は会場が小さすぎてソールドアウトしてしまったので今回はもうちょっと大きめの会場にしようと思ったんだけど、大阪は丁度良いサイズの箱が無くてBIGCATしかありませんでしたー!
そっちとかそっちとか(上手と下手の端の潰してあるスペース)はモッシュピットとして作ってあるから!(笑)」
そんなネタにするほどスカスカでもなかったと思うんだけどやっぱり悔しいんだろうなぁ…
フクスケ「シャラクが最後にまた煽ると思わなかったからびっくりした!あんなことできる子じゃなかったのにー。主体性、芽生えてきた〜?」
フクスケの真似した煽りやってたアレのことかな?
そして本編に続いて筋肉ネタ。シャラクとリウは筋トレしてるけどフクスケは鍛える気は一切無いらしい(笑)
フクスケ「HIROSHIさんが楽屋でタンクトップだったんだけど、何も考えずに一瞬ユウイチローだと思っちゃった。タンクトップ着てるのユウイチローしか知らないから。
と思ってたらあの2人もタンクトップで寧ろ着てないの俺ひとりだったって云う…俺が着たら色んなものがはみ出るから(笑)
君たちだって本当は厚みを求めてるんだろう?ムキムキよりぷにぷにが好きなんだろう?想像してみろ、ほっそりしたプーさんが居たらどうだ?かわいくないだろう?」
もう全力で頷いた。私はぷにぷにのフクスケが好きだよ!ってかフクスケ全くデブではなくない?あれ普通体型じゃない…?

続いてシャラクは前にTwitterでネタにしてネイルにまでした「ついてるよ、ラズベリー❤」をやりながら出てきた(笑)
フクスケ「前の方全員ラズベリーつけてくるよ(笑)」
それをシャラクが全部ひょいぱく!ひょいぱく!ってやってて最早ラズベリー狩り(笑)
フクスケ「俺が取って鼻の横につけ直してホクロみたいにしてやるけどね!ついてるよ、ラズベリー!(ジェスチャー)って」
シャラクはさっき何かの曲中にお立ち台でマッスルポーズをしてたんだけど、力を入れた時に変な筋が痛くなって動くのがつらいとか(笑)
ムキムキになったら衣装もライブの構成とかステージングもそれに合わせて考えるらしい(笑)
ステージ装飾に使ってるロゴ入りテープをぐるぐる巻いてHOT LIMITやるとか(笑)
リウは覚えてない…キーボードから降りるのを失敗してテディベアみたいな体勢で落ちてフクスケを見たらスルーされたけどHIROSHIさんはめっちゃ笑ってくれたとか。
あと当日チェキの当たりでサイン入りポスターとモノポリーセットが貰えるって宣伝とか。

アンコールはボク募集中から。
凄くコミカルに聴こえるけど歌詞が痛いしライブで聴くと何か余計に刺さるものがあった。
「イケメンだったら嬉しいな」の部分を「ジャッキーチェンが来ないかな」って歌ってたけど(笑)
強くてNEW GAMEはピコピコマシンから始まってAメロは3人ともボーカルパートがあるしピコピコソロとベースソロとギターソロが続くし、3人とも交代で見せ場があるの凄く良いなぁ。それぞれを指差すの楽しい。
メトは3人それぞれがしっかり前に出ての見せ場が均等にあるのがとても印象的。
サビはリウの希望で頭上で手拍子だけど個人的には拳ぐるぐるの方が合うと思うの。手拍子も楽しいけども。
さっきフクスケもネタにしてたけど、シャラクが「いつか絶対ソールドアウトさせてやる!!」って叫んだのが凄く頼もしくて格好良くて全力で拍手した。
その言葉から始まった曲が絶望さんで笑ったけど(笑)
更にアンコール2でMATSURI。
フクスケはアンコールの曲の時にシャラクを真似てお立ち台でマッスルポーズしたら左腕が痛くなったらしい(笑)


既存曲も新曲も盛り上がったしMCも絶好調だしシャラクかわいいし楽しかったー!
根暗な鬱歌詞に明るくピコピコな曲って云うのがメトロノームのイメージだけど、復活後は3人のソロ活動を反映して更に武器になるものが増えたんだと思う。
1曲の中で楽器隊がボーカルと同等に目立つパートがいっぱいあるのも他のバンドではあんまり見ないし、3人ともソロでは自分が歌ってるって云うのも大きいんだろうなぁとか。
ピコピコの後輩バンドも色々出てきたけどやっぱりヴィジュアル系にテクノを浸透させたのはメトロノームだと思うし。
次の大阪はいつになるか決まってないらしいけど夏クラのビッキャ2日目辺りに期待してる!

20170409 MUCC 20TH ANNIVERSARY 97-17 羽化 -是朽鵬6極志球業シ終T脈殺-@Zepp Osaka Bayside 

2017年04月18日(火) 23時39分


ムックの羽化ツアー・地方ファイナル@大阪。
Zepp Osaka Baysideは今年の2月にできたばかりの箱だそうで、綺麗だし広くて天井も高いしロッカーも多い流石のZeppクオリティだった。
しかし柵が大量にあって細かく区切られてるのも夢烏泣かせのZeppクオリティ…
今日はソールドしてないけど良い感じの埋まり具合だった。
簡単にメモ。

ステージには紗幕が掛かってて、円が4色に分かれたWindowsのマークみたいなレーザー+SEの京都と同じオープニング。このSE本当に格好良い。
脈拍始まりでアルバム通りの曲順の序盤は固定なのかな。
脈拍のイントロで逹瑯が「絶望も、優しさも、喜びも、悲しみも、何も無いこの世界へ〜 」みたいな語りを入れてたの良かった!あれで一気に世界が脈拍に変わる。「その脈拍が舞い踊る」の直後に火花が弾けるのも格好良い。
柵で動きを封じられてるけどそれでもKILLEЯでは1柵か2柵らへんでサークルが発生してたし、ジャンプやモッシュの曲ではフロアが泡立って折り畳み曲では波打ってた。
MCで逹瑯が「今日は激しい曲が結構多いから」って云って歓喜の声。
MC後のセクションは京都は朽木曲だったけど今日は是空曲コーナーだった。
商業思想狂楽しかったー!久々にモッシュがしてきた!

今日は本編でMCコーナーがあった。どのタイミングだったか忘れたけど適当にメモ。
YUKKEは大阪でもひとりでごはんに行って、おでんが食べたくて店に入ったら客が自分だけだった話。
YUKKE「俺と店員の若いおばちゃん…綺麗に作ったおばちゃん?君たちみたいな感じだよ!」
うわぁ暴言(笑)
そこに常連っぽいいかついおじさんが入ってきて、買ってきたたこ焼きを店員と一緒に食べ始めたんだけどたこ焼きがまずいらしく。
この流れは自分にも勧められるパターンだからどう反応すべきか考えてたのに結局何ひとつ話し掛けられずに帰ったとか。
あとYUKKEは大阪に子分(逹瑯談)が沢山居るから、今日もumbrellaやザアザアが観に来るだろうと先にゲストパスを手配しておいたらしい。
が、当日になっても連絡が無いと思ったら今日は両バンドともライブだから来られないとか(笑)

逹瑯は昨日今日とラルクのライブがあることを話題に出して、「昨日ラルクに行ってた人ー?」とか手を挙げさせたり何の曲をやったか訊いたりしてた(笑)
逹瑯「昨日ラジオがあったそうで、そこでtetsuyaさんがムックの話をしてくれたらしくて。tetsuyaさんとはあまり話す機会が無いんだけど、そうしてムックを気に掛けてくれるのは有り難いね。
まぁライブ入れたのはムックが先だけど!ラルクのライブが決まったの俺らより後だから!」
そして逹瑯が喋ってる間に突然ガラケーを出してブログ用の写メを撮り始めるYUKKE(笑)
SATOちが夢烏に何かを問い掛けといて返答が聞き取れなかったらしく即座に「あんだって?!」って訊き返したのに膝崩壊した(笑)
ミヤは逹瑯とマカロンは必要か必要じゃないか論争してる話。逹瑯はこの世に無くても良い派、ミヤは必要派。
前回のライブでこの論争を始めたら、今日デンクルの社長が高そうなマカロンを差し入れてくれたらしい(笑)
あと昔ツアーでフランスに行った時の話とか。
ミヤ「スタッフと10人ぐらいでベルサイユ宮殿に行ったんだけど、ガチな貴族の格好で戯れてる人たちに出くわしてめっちゃ怒られて追い出されて。後から知ったら、どうやら映画のマリーアントワネットの撮影現場に乱入してしまってたらしくて」
とか他にも色々喋ってた気がする。

BILLY×2は京都ではやらなかったから今日初めてだったけどめっちゃ楽しかった!タンバリンしゃんしゃん鳴らしてる逹瑯かわいい。途中の部分は喘いでた(笑)
手を挙げてぴょんぴょんする感じのノリっぽいのを無視して好きに踊ったった。ああ云う曲調だとベースも凄く気持ち良い。
そんなノリから一転しての勿忘草も凄く良かった。広い空間が澄み渡っていくイメージ。
そして個人的に今日1番印象的だったのはEMPの逹瑯だった。
マイクスタンドを前に両腕をだらんと下げたまま眼を見開いて顔を傾けてAメロを自暴自棄にがなる様な歌い方で、イッちゃってるヤバい人みたいな狂気を感じてぞわぞわした。街中で目が合ったら殺される系の恐怖感。でもそれが凄く格好良かった。
間奏の単調なドラムとその後の逹瑯がぶつぶつ歌う部分も好き。って云うかEMP格好良いよな…
かと思えばコミューンのAメロらへんの逹瑯は楽園を統べる奔放な創造神みたいで非常に良かった。
ステージでの逹瑯は本当に神と云うかあの空間を統べる者だと思う。逹瑯の所作ひとつで空気がさっと変わるもの。

で、流れ始めた同期が狂乱狂唱だと気付いた瞬間に変な声が出た…!狂乱狂唱めっちゃ好き!
Zepp中にあのドラムとクラップが鳴り響くのがまさに圧巻で滅茶苦茶格好良かった!!
とにかくシリウスのベースが本当にもう格好良すぎて好きすぎて。YUKKEの格好良さが異常。
後半の「曖昧な空〜」の部分のブレイクからのドラムの入り方も大好き。
ハイデの最後の「花束を」の後に、手品で花を出すみたいに左手をくるっと回しながらちょっとおどけた様な表情でその花を差し出した逹瑯に死ぬほどきゅんとした…なにあれずるいかわいい…!
バックドロップが脈拍のジャケ絵だったのが気付けば梵字に変わってたのはKBSのステンドグラスと同じタイミングだったのかな?
蘭鋳では逹瑯が「ツアー2本目の京都とセミファイナルの大阪と、関西2回もやっちまったなぁ!次はお前らが東京に来る番だから!武道館来ないとか許さないから!絶っ対許さないから!!」って云ってて行く行くー!ってなった。
孵化の逹瑯はほんと神々しい。

アンコールは京都はウカティーだったんだけど、今回のツアーでは毎回過去の衣装で出てきてるそうで今日は朽木の灯のツナギで誰も居ない家から。
MCは本編でやったからアンコールでは無しだった。
名も無き夢の途中のとこだったか、逹瑯の「明日から学校や仕事頑張ってー!」にきゅんとした…
摩天楼も久々だったんだけど、最後がフリージアで終わったのが個人的にとても余韻があって良かった!フリージア大好き。

めっちゃ楽しかったー!やっぱりムックはこう云う広い会場が凄く似合うし照明も綺麗だし良かった。
ツアー序盤の京都と終盤の大阪とでアルバム曲の成長やライブの変化を観られたのも嬉しい。
考えてみたらもう人生の半分はムックを好きでいることに今日ふと気付いてびっくりしたりした。
多分ムックはこれからもずっと好きなんだろうなぁ。
6月の武道館が本当に楽しみ!

20170407 THE BLACK SWAN主催TOUR「Rage against...xxx[type-E]」@心斎橋VARON 

2017年04月12日(水) 23時25分


TBSのレコ発主催ツアー@大阪。マイナスはライブ前にインストアだった。
久々のドマイナー対バンで名前も知らないバンドが居たり、寺子屋主催なのに全然違うイベントみたいな変な感じ(笑)
簡単にメモ。


■グリモア
くすんだ色合いのメルヘンな動物モチーフ衣装の5人組。ボーカルが猫、上手ギターが狼、下手ギターが梟、ベースが羊、ドラムが兎か狐?下手の2人は雰囲気が女形っぽかった。
最近話題のけものフレンズを連想せずにはいられなかった。君たちはバンドやってるフレンズなんだね!すごーい!的な。
ボーカル氏はミッキー風の声や口調だから鼠かと思ったんだけど衣装の感じ的に猫っぽい。女性かと思ったけど男性かな?
メルヘンなヴィジュアル通りコンセプトがきっちりしててかわいかったー。世界観的に3拍子とマーチっぽいドラムが非常に合うバンド。
最後の曲楽しかった!

■VRZEL
ヘソ出し衣装とか総レースのカットソーとかオラつき加減でナルさとチャラさ全開でこれぞ正しくびづある系ドマイナーや…
始まった瞬間から半笑いで観てた。ボーカル氏が矢鱈と上手の特定の客を構いまくってたのもTHE☆ドマイナー感。
普段こっち系のバンドを観る機会が全く無いからひどく新鮮だった。
「上手にモッシュ!」とか「お前たちとひとつになりたい!」とか数年ぶりに聞いたな…
半笑いであんまり印象に残ってないけど3曲目の同期が割と好きな感じだった。
最後にひとり残って告知してたドラムの人が良い人そうでちょっとかわいかった。

■マイナス人生オーケストラ
登場して「信じてください、私が神様です!」って台詞を放ったの良かった!
その言葉的に救SAYが来るかと思ったけど日本劣等で、イベントの雰囲気とか面子的に予想した通りやっぱり激しいセトリだった…
ハルくんが日本劣等でデスボしたりイッちゃってる歌い方だったりで今日も怖かった。MCも無し。
天井が低いからハルくんが頻繁にステージの上の梁みたいな部分に手をついてフロアを見回してるのがそう云う感じのステージングに合ってて良かった。
遺言の独裁者感は箱の雰囲気とも相まって本当に様になってたし、曲の途中でストールの端を梁っぽい部分に巻き付けてぶらんぶらん首吊りしてるのも良かった。
FREAKSではいつも通りの感じでモンキーダンスしたりもとはる氏を見ては「笑顔って云うかめっちゃ笑ってるやん!」とか云ったり(笑)
よしおではもとはる氏を喘がせてた。もとはる氏が「わおーん」って云ったら「違う!喘げ!いやぁーん!うふぅーん!」とかダメ出ししたり(笑)

■SHIVA
ここまでの流れの中で、板付きで敢えて歌ものから始める姿勢に惚れた…
1曲目の桜の曲が凄く好きな感じだったし2曲目のジャジーな感じの曲も好みだったー。
ボーカル氏のヴィジュアル的にヴォイヴォイ云いそうなイメージだけどメリーとかに近い系統っぽかった。
歌もので始めたら後は暴れ曲が定石なイメージがあるけど、全体的に暴れる感じじゃなかったのが意外。最後も歌ものだったし。
楽しかったー。

■Sick.
見た目はゾンビと云うか死人的な。白塗りに目の周りと唇が黒くて線が描いてあったり、全員同じコートみたいなのを着てて、何となくロンドンの霧深い墓地に立ってそうなイメージ。映画でああ云うの無かったっけ…エルム街は全然違った…
ここも1曲目が板付きで、凄くヴィジュアルに合った雰囲気ものから始まってとても良かった。
ボーカルがちょっと個人的に苦手なタイプの高音だけどああ云う感じは好きー。
でも後半はフェス界隈に寄せたラウドな曲だったりツーステやらWODだったりで何かちょっと思ったのと違った。
下手に台があってそこにDJと云うかサブボーカルが居たり、編成もそっち界隈寄りっぽい。
そのサブボーカル氏が最後に告知をしてたんだけどとても社会人っぽい言葉遣いだったのが矢鱈と印象的。

■THE BLACK SWAN
寺子屋新年会では儿氏と煉氏が病欠だったから完全体のTBSを観るのは物凄く久し振り。
見た目も黒いしヘヴィで激しくてノリも硬派で、本当にこのバンドはなんで寺子屋に居るんだろうとつくづく思った。
煉氏のドラムがやっぱりとても好みです。あと最後から2曲目のぺれぺれしたギター好き。
儿氏が「上手にモッシュ!」って煽ったのと「お前たちとひとつになりたい!」って云ってたのが地味に相当な衝撃だった…
今日2回も聞くことになると思わなかったと云うかバンド的にも儿氏がそう云うことを云うイメージが一切無かったから…
何も考えずに暴れ散らかせて楽しかったー。最後の曲の逆ダイ跳びに行けばよかったな…久々に背ダイかましたかった…
アンコール呼んでるけど時間がアレだから離脱。


寺子屋のイベントの筈なのに相当なアウェイ感で不思議な感覚だった…
普段の寺子屋やアーポの主催が如何に居心地が良いと云うか、身内でやってるとても緩いイベントばっかりなんだなぁと実感したり。
そしてこう云う普通にヴィジュアル系なバンドに混じるイベントで観たら、解凍後のマイナスのノリは妥当な選択だったんだろうなぁって改めて思った。
所謂「普通のヴィジュアル系」に寄せることで、アーポ寺子屋界隈とは違う今日みたいなイベントでの客に対する間口を広げた印象。
変なバンドだって最初から引かれるのを多少回避しつつ、やっぱり何か変なバンドなのが解る程度のバランス感と云うか。
解凍後に観たイベントが2回とも激しい感じで正直ハルくんのパフォーマンスに戸惑ったけど、積極的に新規獲得しようとする気迫を感じるライブだった。
先月末の江坂が全然違うセットリストだったみたいだから次はそう云うライブも観たいなぁ…

20170319 THE ELECT HORROR PICTURE SHOW scene03@渋谷DESEO 

2017年03月28日(火) 12時34分


毎月恒例で開催していくらしい寺子屋主催ピコピコ白塗り特化型イベント。
今回は寺子屋・アーポ共同戦線みたいな面子だった。割と必然的(笑)
おにーたまによるとチケ代の破格さで前売り段階でソールドすることが多いらしく今日もソールドだった。
簡単にメモ。


■乙女国家
白塗りでもピコピコでもないから1月に続いて若干の仲間外れ感。
はる氏は衣装がもふもふの前足だったりTwitterとか見る限りかわいいキャラでやってるんじゃないの??
今日はたまたま上手寄りに居たからはる氏がよく見えたんだけど、ライブ中ずっと仏頂面でつまんなそうで何だかなぁと思った…
だから余計ににこにこ動き回ってる慧太朗氏の好感度が上がった。慧太朗氏かわいい。
横モッシュで折り返す時に手をパンって叩くの最近色んなバンドで観る様になったけど流行ってるのかなぁ。
6月のWEST無料ワンマンで動員が300人に満たなかったら寺子屋を解雇されるそうで、メンバーより寧ろファンが盛り上げようと頑張ってる様な印象だった。
エキゾチック〜楽しい。

■マツタケワークス
今日のサポートは12月の時と同じくあゆんとヒロバッキー氏。あゆん今日も白シャツだったんだけど位置取りを失敗してあゆんが一切見えなかった…
エイジさんは黒Tシャツ、みずっちはTwitterに上がってた通りもとはる氏コスでめっちゃわろた(笑)
エイジ「マイナスちゃんに新しいベースのもとはるくんって云うかわいい子が加入したじゃないですか、僕も見てかわいいなーって思ってたんですけど。
みずっちがもとはるくんを見た途端に憧れ始めて、何かまず髪型をあんな風にしたいって。で、メイクももとはるくんっぽくして貰ったんですけど『コロッケさんみたい』って云われて(笑)コロッケって云った人は天才だと思った(笑)」
何かに似てると思ったらコロッケだぁぁぁあ!!思いっ切り納得した!
体型に枝と丸太ぐらいの違いがあるとかロースハムみたいとか云われ放題で「コロはる」と命名されるみずっち(笑)
あとあゆんが個人名義の音源を作ってきたからその宣伝とか、エイジさんがあゆんは何歳に見える?とか(笑)
今日は1曲だけ知らない曲があった。星に願いをが凄く好き。

■SEX-ANDROID
セクアンは去年の8月のアーポ主催ぶり。今日も暗転するなり幕の間から突き出る捕虫網。
7月で無期限活動休止が発表されたんだけど、雄大もメンバーも相変わらずあの調子でセクアンらしいなぁと思ったり。
ハゲ様は健康診断で身長が1mm伸びたとか50〜149が基準値の中性脂肪が1947もあったとか…桁が違うんだけど大丈夫なの…
後半のMCでちらっと活休の話を出して心なしか寂しそうな口調だったのが切なかった。
最後から2曲目の曲が好き。

■曖昧中毒
予備知識が全く無い状態で観たんだけど、ドラム、ベース×4人(男女ベースボーカル+ベース2人)と云うとんでもない編成のバンドだった。ギター無しでも存分に成立してた…
昔椎名林檎がベースボーカルのトリプルベースのバンド編成でライブやってたのを思い出した。
全員白塗り学ランでドラムはバケツを被ってて上手ベースの右側の人は西洋の甲冑の兜みたいなのを被ってた様な…
センターが女性ベースボーカル、下手に眼鏡の男性ベースボーカル。下手ベースボーカル氏なんか見たことある様な気がする。下手ベースボーカル氏かわいい。
ちらっと調べたら駄菓子菓子のメンバーが中心っぽくて女性ベースボーカルは女樂さん。ドラムは正式メンバーの人が病欠だそうで太平洋ベルトのけまり氏がサポートだったらしい。
MC代わりの機械音声によると「このバンドは通常の3倍の低音で構成されているため体調の優れない方、妊娠中の方はお控えください」らしい。
「よろしければ演奏を続けます。よろしくなくとも続けます」に笑った(笑)
女樂さんが白痴っぽい歌い方の音痴スレスレ超音波ボーカルで強烈すぎるから物凄く人を選ぶと思う。私は正直とても苦手…
確か戸川純がこんな感じの歌い方だった様な…
個人的には女樂さんの歌が苦手なだけで曲とかベースまみれな演奏は結構好みだった。

■ADAPTER。
メトのフクスケは12月に観たけどADAPTER。の福助。としてはセクアンと同じく8月のアーポ主催ぶり。
今の衣装になってから始めて観た。あの着物もかわいいなー。頬文字は「松茸。」だった。
取り敢えず福助かわいいが弾け飛んで福助かわいい以外何も考えられない…福助かわいい…
飛んだり跳ねたり踊ったり安定の楽しさ。テルミンに顔を近付けてみょんみょん鳴らしたり(笑)
1曲知らない曲があったんだけど、その曲では雄大の言葉をサンプリングしたのを入れまくって遊んだりギターソロで咲かせたり。
ピコピコは音を足したり変えたりして好きに遊べるし、あだぷたは特にそう云うのが多い上にセンスも流石だからほんと聴いてて楽しい。
雄大とLINEを交換したけど次のLINEが来るのは3ヶ月後ぐらいだと思います!とか云ってた(笑)


■マイナス人生オーケストラ
解凍してから初のイベント出演。
ゴスロリのもとはる氏の甘い言葉は新年会の時と同じく「太陽を感じなさい…」だった。
FREAKSでは今日もハルくんが「もとはるを笑わせろー!」って叫びながらモンキーダンスしてた(笑)
DESEOは天井が低いからお立ち台に乗ると頭をぶつけそうになって上の柱を見上げながら触ってたり。
MCはほぼ無く「どんどんいくぞー!」みたいな煽りだけで曲を畳み掛けていく感じ。
スプーン曲げはAメロの歌詞の合間の部分でアドルフやることになったっぽい。イントロや間奏は横モッシュ。
サラバ重力久々で楽しかった!ワンマンでやらなかったのがちょっと意外だったけど対バンでやってこそ楽しい感ある。
ハルくんの歌い方や暴れ方が何か凄く激しくて、サラバか厭世の後にお立ち台で息切れしながら一瞬立ち尽くすハルくんが何か知らない人みたいで謎に不安になった。
ヴィジュアル系っぽい煽りやライブをする様になったなぁとはワンマンでも思ったけど、今回はそれがかなり顕著だった気がする。
特によしおではデスボで叫んだり頭からペットボトルの水を被ったり。水被ってるの初めて見た気がするからびっくりした。

新生マイナスとして最初のイベントだからか、大分雰囲気が変わったと云うか贅肉を落とした感じのシュッとしたライブだったと思う。
衣装やライブの感じも含め、これからは寺子屋アーポ界隈以外の今までとは違う客層も積極的に取り込んでいくつもりなんだろうなって改めて強く感じた。
ハルくんのパフォーマンスの変化に正直ちょっと戸惑った部分もあったけど格好良かった!
私が次に観られるのは4月になるけど、ライブもかなり多いしそれまでにどう進化してるか楽しみ!

20170312 マイナス人生オーケストラ「融心、ゆめのあと。-白-」@江坂ミューズ 

2017年03月19日(日) 9時23分


マイナスの解凍ライブ、先週の東京に続いて大阪編。
今日は幕の前にスクリーンが出されてて、暗転の後にまず解凍の挨拶文。画面サイズが合ってなくて文章の両端が切れてて笑った(笑)
そしてマイナスの今後の予定をお知らせと云うことで、8/2にニューシングル『真-Machine-心』発売、7/28に渋谷Star Lounge、9/9には江坂ミューズでのワンマンが発表された!
『まごころ』じゃなくて『ましーん』な辺り流石(笑)ジンマがネタにしてくれそう(笑)
ワンマンのテーマは「未来デパート」らしい。「未来へ行こう」ってそう云うことか。

そんな嬉しい発表からのメンバー登場、今日の1曲目は厭世からだった。
お馴染みの曲から始まったWWWとはまた違って、改めて新しいマイナスの夜明け感があって格好良かった!何かマイナスの背後にそびえる壁の沢山のヒビから強烈な光が漏れて容赦無く射し込んでくる、みたいな画が浮かぶ。ちょっと何云ってるか解んないけど。
ギターソロの時のシンバルぱんぱんぱん!の部分をゆっけが口パクしてたのかわいかった。虫ちゃんのドラムもとても好き。
短命のハルくんのジュリ扇はWWWと同じくピンクでやっぱりシンセソロは無し。ゆっけがお立ち台でギターソロ弾いてた。
FREAKSでは「もとはるを笑わせろー!」って前回のアンコールでのMCネタを引っ張ってきてモンキーダンスを煽るハルくん(笑)
が、もとはる氏は頑なに下手の壁の方を向いたまま弾き続けてるから「あれ、笑ってない??」って覗きに行ったらめっちゃ良い笑顔(笑)
もとはる氏は口でかいから笑うと非常にかわいい(笑)
でも今日のゴスロリの甘い言葉も聞き取れなかった…新年会の時は聞き取れたんだけどな…
救SAYも聴けて嬉しかったー。WWWでもあの拡声器が足元に置いてあるのは見えたんだけど結局出番が無かったから。

WWWはMCがほぼ無かったけど、今日は何となく流れで長めのMCになった。
ここは江坂なのに「いけんのかアメ村!」って煽るもとはる氏にアメ村と江坂の位置関係を説明するハルくん(笑)
そしたら「そこいけんのかー!」ってすかさず煽るもとはる氏(笑)
昨夜はハルくんともとはる氏はカプセルホテル泊だったそうで、もとはる氏はとても寝起きが悪くてチェックアウトの時間ギリギリまで二度寝を繰り返してたとか昨日インストア帰りに服を忘れてきたとか何とか。
って云うかカプセル泊って…せめてビジネスホテルに…虫ちゃんとゆっけは実家に泊まれるけどハルくんは前の家を引き上げちゃってるもんな…
そして今日はハルくんとわなかにたこ焼きを食べに行ったそうで、その時のもとはる氏の言動とか面白すぎた(笑)
ソースを掛けてくれた店員さんに名指しで「○○さーん!これおいしいよ!!」ってめっちゃ笑顔で叫んでおかわりしたらしい。
ハル「店員のおばちゃん若干引いてたからな?関東人やのにこんなポテンシャルあると思ってへんもん。大阪のおばちゃん引かせるとか相当やで(笑)」
で、MCの流れを全く鑑みずに「もとはる、次の曲いきたいってよ。」とか「もとはる、この空気を変えたいってよ。」とかさらっと云うもとはる氏に久々に膝から崩れ落ちて笑った。
桐島のパロディな上にヒップホップ風の「Yo!」みたいな云い方だから見た目ともミスマッチすぎて余計に面白い(笑)
もとはる氏めっちゃ面白い…推せる…

バリバリバリアでは例によって「おっぱい揺らせ!」って煽った後、おっぱいを揺らす為にどうすれば胸が大きくなるか豆知識を披露するハルくん。
豆乳は効きませんでした。あと背中の肉を胸に寄せようにも背中に肉がありません。謝って!ハルくん私に謝って!!
バリバリバリアのイントロのギター格好良くて好きー。解凍後はゆっけが何かとてもギタリストっぽくなったなぁと思う。
遺言のイントロとかで拳をあげさせてるハルくんが、赤い照明も相まってとても煽動者然としてて良かった。煽動者と云うより独裁者っぽい。失脚間近の独裁者の演説みたいな。この曲の最後に壇の下から銃弾が飛んできて崩れ落ちる独裁者的なイメージ。歌詞とは関係無いけど。
ワンマン用の暗い曲、WWWの時は『くろいゆめ』だったけどセットリストを見たら今日は『しろいゆめ』らしい。公演タイトルがWWWは黒、江坂は白だからだろうけど曲や歌詞は多分変わってないと思う。
この曲は歌詞に銀河鉄道って出てくるけど、個人的には銀河鉄道の夜と云うより氷の女王みたいなイメージがある。
イントロとかのバイオリン系の同期が冷たい張り詰めた切れそうな糸みたいな感じで。凍てついた氷の中で独り永遠を生きる氷の女王的な。今日のハルくんが何かメデューサっぽいディズニーの悪い女王みたいな髪型だったから余計に。

今日はハルくんの歌い方や表現も東京の時と結構違っていて、より感情をぶち撒ける様な激しさがあった気がする。
歌い方がWWW以上にブチギレだったり今までと歌い方をがらっと変えてるのが多かった。
寄生人のイントロではふらふらした足取りで蝶とか風船を捕まえようとする様に腕を伸ばしてはすり抜けられて虚ろな目でそれを見上げたり。夢の中で彷徨ってるみたいな感じで。
1番のAメロでは“君”の役をして、腰に手を当ててもう!ってポーズしたりもとはる氏やゆっけに絡みにいったりしてた。
途中の壊れ方も痛々しくて心配になるぐらい。歌詞を間違えてて2回とも「怒る君が」になってたのと、最後の「ついていくから」の後に「連れて行って」って付け加えてた。
今日は最後に幸せそうに微笑んではいなかった気がする。

忘却ではWWWでもやってたけどエフェクトボイスで何かうにゃうにゃ台詞を入れてた。
あしたのあたしの「大切な人も居る」では左手の薬指を立ててたり、WWWでは引き出しをごそごそして鎮痛剤を探す仕草だったけど今日は机の上から取ったっぽい。
花一匁の部分は皆さん隣と手を繋いで花一匁っぽく揺れてるみたい。
どぐまぐの間奏でメンバーが胸に手を当てるのを予習してたのか、もとはる氏はイントロからやろうとしてた(笑)
間奏では腰をひねって格好つけたポーズで胸に手を当ててるもとはる氏にゆっけが動作で突っ込んでた(笑)
犬or人間のウェーブでフェイントが復活してたのと、「分かりません」は今日はアホっぽくアへ顔気味で。
日本劣等でイッちゃってるみたいな狂った歌い方でバットを振り回すハルくんにぞくっとした。

アンコールは今日も衣装のままハルくんもジャケットを脱がず。
前にフライヤーを破って撒き散らしてから歌い始めるパフォーマンスをしてた時期があって、フライヤーと一緒にマイクまでぶん投げちゃって1曲目から焦ってマイクを探してるハルくんの思い出話とかしてた。
暴れる系の曲なのに前方の負リィクスたちも床にしゃがみ込んで飛んでいったマイクを必死で探してて、ゆっけは「それをいっそ振り付けにしちゃったら面白いよね」とか(笑)
本編最後の愛と平和の死者でベーストラブルがあって音が出てなかったから、アンコールは今日も1回だけ1曲だけの筈が急遽やり直しで愛と平和の死者をもう1度。
歌詞を「もとはるは居無かった」「本編にもとはるなんて居無かった」みたいな替え歌してた上に、またワイヤレスが危うくなったのか歌いながら「またか?!大丈夫か音出るか?!」って訊いててもとはる氏がめっちゃ良い笑顔で応えてた(笑)
今日のラストは非☆労働者Gだった。ここはやっぱりDIVE 4 Uが聴きたかったけど大阪っぽい元気な終わり方と云うか。
登場SEは変わったけど退場SEは変わらないままなのがちょっと嬉しい(笑)


今日も楽しかったー!!
ハルくんがラジオで「冷凍睡眠中にクール便で東京に運送されてた(上京した)」とのことで、2つの意味で「おかえりなさい」なライブだった。
フラッシュリングとルミカブレスの向こうに見えるメンバーの姿に、あぁマイナスが帰ってきたんだなぁ、って改めて実感した。マイナスはやっぱり後ろから観るのが好き。
上京してしまっても、嬉しい発表を東京ではなく大阪でしてくれたことがとても嬉しかった!
解凍早々アグレッシブに動き始めた第10期マイナス人生オーケストラの未来に期待。マイナス売れろ!!未来デパートだけに!

気付いたけどセットリスト「どぐら☆マグロ」って(笑)

20170304 マイナス人生オーケストラ「融心、ゆめのあと。-黒-」@渋谷WWW 

2017年03月14日(火) 23時39分



凍結から約半年、新メンバーの加入が発表されたマイナス人生オーケストラの解凍ライブ。
ハルくんのセッション・厭世サブカル倶楽部で既に何回かこの編成でのライブはしてたものの、今日が新しいベーシスト・矢沢“オーガニック”もとはる氏の正式加入ライブでもある。
新しくなった登場SEはハルくんが書いてた様にジュリ扇を振ったり手拍子したりな感じ。メンバーは1人ずつじゃなくてぞろぞろ出てくる形式だった。
衣装も新アー写の通り楽器隊の3人はお揃いの黒地に大きく白い×がついたジャケットで、下は各自の個性を出したものを穿いてた。ゆっけがショートパンツに柄タイツだったり。
ハルくんは赤地に黒の×のジャケット+サイドに怪獣の背びれみたいなギザギザがついた黒パンツ、手には花とスプーンがの束がついたステッキ、アッシュっぽい髪でトップにボリュームを持たせた感じの髪型。ガスマスクは首の後ろに回してた。
お立ち台は黒い布で覆われてるだけで調子って貼ってない(笑)

新生マイナス人生オーケストラの始まりは不幸自慢からだった。
ここは厭世から来るかと思ってたらマイナスらしい曲でスタートしてちょっと安心したり嬉しかったり。定番曲始まりで負リィクスのテンションも一瞬で爆発した感。
からの鳥人間たかしとか間違いない選曲!ゲッツの最後2回は後ろのPAさんと照明さんだった様な。
そして厭世が3曲目に早々と披露された。イントロはハルくんのオイ+拳煽り、サビは負リィクスが探り探り手扇子で対応。しかしマイナスでこんな風に拳やオイを煽られるのって何か新鮮な気がする。凄くヴィジュアル系っぽい。
厭世はPVも奇をてらわずに普通に格好良いし、歌詞も今までと違って最後に少しだけ前を向く感じなのが新しいマイナスだなぁと思う。
ゴスロリの甘い言葉担当は小川→ゆっけを経てもとはる氏に受け継がれたっぽい。聞き取れなかったけど(笑)

セットリスト的には各セクションの最後に新曲が挟まれる感じで、個人的に1番ぐっときたのは寄生人だった。
音源の中でも好きな曲で試聴の時点で良いなぁと思ってた曲なんだけど、ハルくんの表現も照明も含めて凄く良くて。
夕陽の色の照明の中で幸福げな表情で歌うハルくんが“君”の死で壊れていって、真っ赤な照明に照らされながら泣き叫んで、でも最後にはまた幸せそうな笑みを浮かべて照明が落ちる、って云う表現がとても痛くて優しかった。
「なんだか心中みたいだね」ってフレーズで終わるけど、この曲はきっとある種のハッピーエンドなんだと思う。破滅型ハッピーエンド。
それからハルくんが今回のワンマンの為に作ったって書いてた暗い曲も息が詰まるぐらい苦しくなる鬱曲でとても良かった。
バイオリンっぽい同期とハルくんの歌で始まる壮大だけどとても寂しげな曲で、Bメロは歌と云うかポエトリーリーディングみたいな感じ。
サビの「年老いていくのは私ばかり」の繰り返しと、最後の「私はあなたの歳を追い越してしまった」って一言が凄く印象に残ってる。

本編ではMCらしいMCは殆どしてなかった。解凍の挨拶とかもとはる氏の紹介ぐらいだった気がする。
スプーン曲げの少年は今までのマイナスっぽさがある曲だなーって。最近のだと盛者とかと同じ系統。
ハルくんがラジオで「グッズでスプーンの形のラバーキーホルダーを作ってサビで掲げたい」って云ってたんだけど、まだ企画段階だから今日自前で持ってくる人は危ないから周りに気を付けてってTwitterで書いてた。
イントロは横モッシュでサビでハルくんがスプーンを掲げて左右に振ってたから真似すればいいっぽい。周りでは横揺れしながら手拍子してる人が多かった気がする。
とある厭世家の遺言はイントロで拳をあげながら声出し、サビは何となくネットで叩ぃてゃノレ!でやってるみたいに腕を振ってみてた。

あしたのあたしシアターは、この解凍ライブのキーワードにもなってる「私を連れて行って 未来へ連れて行って」って歌詞がとても印象的だった。
イントロは厭世と同じくオイ+拳煽り、Aメロはハルくんが歌いながら右→真ん中→左→真ん中→右って感じで顔の向きを変えてたから真似すればいいのかな?サビは拳だった。
間奏では引き出しをごそごそして鎮痛剤を出してシートから押し出してペットボトルの水で飲む仕草。
花一匁の部分はコール&レスポンスだと思うんだけどまだ窺ってる感があって声はそんなに出てなかったかな?
うた歌い筆を折っても大好きだから嬉しかった!心中に再録した時もだけど、この曲をやる時はタイトルや歌詞とは逆の決意表明みたいな意味を込めているんだと勝手に思ってる。
犬or人間のウェーブはフェイント無しで普通に上手と下手を往復。
日本劣等の「そうだよね忘れちゃったよね」でバットでお立ち台を苛立だしげに叩くカンカン云う金属音にぞくっとした。
短命のジュリ扇はピンク。今日はハルくんのシンセソロ無かったなぁ…
でも確か短命の間奏でハルくんが上手に行って、下手に居るもとはる氏と顔を見合わせて笑ってたのがかわいくて微笑ましくて嬉しかった。
踊れ負リィクスー!みたいな煽りでFREAKS終わり。

サービス残業は全員衣装のままでハルくんもジャケットを脱いだりもせず。
改めてもとはる氏の紹介をしてたんだけど、もとはる氏はFREAKSで初めてモンキーダンスを見てびっくりしたらしい(笑)
前のバンドでは見たことないノリばっかりで若干引いてるとか(笑)
もとはる「だって少女、時々 雨。とかさぁ…あなたたち何やってるの?良い曲なのに…」
ハル「おいもとはる謝れ!何やってんの?ってお客さんを馬鹿にするんは辞めろ!(笑)」
もとはる「あとこれ(ルミカやフラッシュリング)眩しいし」
もとはる氏はあまりの宇宙さと自由さにメンバー全員(と負リィクス)からヤバい奴認定されてるのに、本人は自覚が無いどころかメンバーの方がヤバいと思ってるらしい(笑)
虫ちゃんはドラムを叩く時は顔が上手の方を向きがちになるから、お面の右半分が白い方が目立つんじゃないかと思い立って昨夜色を反転させて塗り直したそう。
生虫「誰も気付いてへんと思うけどな!」

ハル「今日はマイナス人生オーケストラ解凍のめでたい日です!めでたい日だからこそアンコールは1回だけ、1曲しかやりません!」
(負リィクス:えーーーーーー)
ハル「だってこれからマイナスちゃんはいっっぱいライブをやるんだから!今日はちょっと物足りないぐらいで終わらせて次回また観たいってなる様に!我々と終わらない旅に出ようじゃないかー!!」
今日のアンコールは1回1曲だけ宣言にブーイングが起きたけど、凍結してたからこそ「これからいっぱいライブをやる」「終わらない旅に出よう」って言葉が凄く嬉しかった。
そんなアンコールはDIVE 4 Uで、またこうしてこの曲を聴けて胸がいっぱいになった。
今日もサビで「大丈夫!」って云ってた気がするから余計に。本当に大丈夫だった、これからも大丈夫だって思えて。

楽しかったーー!
衣装やPVが妙に格好良い方向(当社比)に変わったけど、ライブの雰囲気やメンバーのMCは今までとほぼ変わらなくて安心した。
個人的にはそこが何より重要だったんだけど、きっと同じ様に安心した負リィクスは多かったんじゃないかなって。
普通のヴィジュアル系っぽい煽りをする様になったなぁとは思うけど、衣装とかも含めて今までと違う層も取り込んでいく為の戦略かなぁって。
ブラとか亀甲縛りとかパンストとかのふざけたパフォーマンスは元々減ってきてたし(笑)
特にもとはる氏の馴染み具合は異常。まるで前からメンバーだったかの様な馴染みっぷり。
最初は神経質そうな頭の固そうなイメージだったけど物凄く変な人で安心した(笑)
期待の新星もとはる加入でスタートした第10期マイナス人生オーケストラの未来に連れて行って貰おうと思います。
来週は江坂!

20170228 DEZERT「千秋を救うツアー」@京都ミューズ 

2017年03月14日(火) 23時16分




2年前にCOMMUNEで観て気になり始めたらすかさず布教されたDEZERTのロングツアー@京都。
何だかんだライブを観たのはそれ以来だけど、あのメジャーの先輩バンドしか居無いイベントでもあの堂々っぷりだったからワンマンで観てみたいなぁと思ってた。
それにしてもツアータイトルにインパクトがありすぎて(笑)
ソールドはしてないものの平日で7割ぐらいは入ってた。
あんまり知識も無いし曲も半分ぐらいしか解らないから簡単に感想メモ。

場内BGMはずっと70年代ぐらい?のYesterday〜♪って洋楽1曲だけを延々リピートしてたんだけど、穏やかな子守唄みたいなポップスなのが意外だった。
暗転してSEがある訳でもなく普通にメンバーが登場。
COMMUNEの後にギターが脱退してex.Moranのviviが加入したんだっけ、今はMiyakoか。
ベースのSaZ氏が肉厚のキリストみたいになってた。叫様の面影を感じた。
肋骨少女のベース始まり格好良かった。ここのリズム隊も結構好みな音。
拾ってきたセットリストが順不同らしいから解らないんだけど、遺書の次の曲、MONSTERの次の曲、新曲って紹介された曲、アンコールでやってたバラードが凄く好き!
割と変な曲が多い気がするんだけど、激しい曲でもメロディが綺麗だったり歌ものやバラードが物凄く良いと思う。好き。
COMMUNEでGhostを聴いた時もあまりにも好みすぎて動揺したもの…Ghostが好きすぎて完売音源集2買ったもの…

COMMUNEの時も千秋氏は非常にフリーダムなボーカルだなぁと云うのが印象的だったんだけど、今日観て千秋氏は頭おかしいと思った。千秋 is crazy。
前の方の客を密集させて客の上を歩くのが定番のパフォーマンスっぽくて「俺を支えろ。俺を物理的に支えろ、落ちてしまうだろう」って云ってるのが何か妙にかわいかった…
何かの曲ではベースを持ち出してSaZ氏と並んで弾いてみたり、別の曲ではSORA氏が煽りに出てきて「俺ぶっちゃけ一般男性より重いと思うからちゃんと支えて!!」とか叫びながらダイブしてる間ずっと代わりにドラムを叩いてたり。
ってか千秋氏ドラム普通に上手くてびっくりした…非ドラマーが叩くドラム特有のキレの悪さが全く無かった…SORA氏に比べたらパワーは劣るけど何の違和感も無かった…
教育では気付いたら顔面から流血しててぎょっとしたけど不慮の怪我だったのか自傷パフォーマンスなのか判断できないキャラ。
あと何かの曲の前に云ってた「お前らさぁ、どうせ夢も希望も中途半端なんだろ?何となくモヤモヤしてんだろ?ならやることは一つだ、俺を支えろ!」って言葉が何かぐさっときた。
「僕はまだメンバーのことを仲間だとは思ってないけど、君たちのことは最近少しだけ好きになってきました」みたいなことも云ってた。

私は1番後ろの区切ってある柵の前で観てたんだけど、終息編でフロアが左右に分かれたからWODだと悟って横に抜けようとしたら千秋氏がステージから降りてずんずん後ろに歩いてきた。
嫌な予感がして慌てて離れようとしたら区切ってある柵に登って関係者エリアっぽいスペースに入り込む千秋氏。
そして自分に向かって客を突進させたもんだからヤワいプラスティックの柵は一瞬で大破(笑)
慌てて飛んできた男性スタッフが2人必死で柵を支えようとしたけど敵う筈もない(笑)
至近距離の顔面血塗れの千秋氏に怯えてる間に逃げ遅れて柵ごと雪崩に巻き込まれて笑うしかなかった(笑)
流石にステージに向かって手を振りながら演奏を止めさせて、ステージに戻るのかと思ったら今度は左右に分かれたフロアの真ん中に寝そべる千秋氏。
千秋「このままだと俺、皆の体重で死んじゃうよね…でも死んでも良い気持ちでライブやってるからこれで良いんだよね…」
そのまま自分に向かって突っ込ませるつもりなのかと何かもう不安と云うよりも期待の眼差しで千秋氏を見てる客一同(笑)
千秋「……でも明日は生きたいから死ぬのは今度にしよう」
で起き上がってステージに戻っていく千秋氏ほんとにフリーダムだ…
アンコールはツアーTシャツで出てきてMC一切無しでバラードを1曲だけやってすぐ捌けていったんだけどこの曲がまためっちゃくちゃ良かった…!!

千秋氏は正しく中二病なんだろうなぁと云うか、何となく思春期の少年みたいな危なっかしさを感じた。
だから勝手に何か小柄なイメージがあって、終息編で千秋氏を近くで見た時に思ったよりでかいと思ってしまった(笑)
千秋氏は何か珍しいパターンだなぁとも思う。バンドマンとか表現者って自分が救おうとする側に回ることが多いイメージなんだけど、このひとは「俺を救え!」って横柄に声高に要求してるみたいな。このツアータイトルに絡めてなのかも知れないけど。
なのにアンコールで着てたツアーTシャツは「救いに行くver.」なんだよな、「救われたいver.」じゃなくて。救われたいver.のTシャツ買いたかった…
あと千秋氏のパフォーマンスを見てて何となく蜉蝣と云うか大佑ってこんな感じだったのかなぁと思った。
私は蜉蝣は通ってないから完全にイメージだし曲の感じとかはギルガメが近い気がするけど。Яyoがアレンジ参加したらしいし。


楽しかったし格好良かったし、とにかくDEZERTはなかなか規格外なバンドだと凄く思った。これは売れるだろうなぁ。また観に行きたい…
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遠里
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・ばんぎゃる活動-びづある系が好き。
読者になる
ほぼ個人的な記録用。
通常ブログは遠天ノヰロヲゼ。にて。

※記憶力が非常に残念なので、MCは「大体こんなニュアンスだった」程度。
LIVE内容に関しても全体的に記憶違い・幻聴幻覚注意。
セットリストは追記欄に。
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧